2018年09月12日

『わたしの本棚』中江有里

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

わたしの本棚 [ 中江有里 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2018/9/12時点)




 カズオ・イシグロ、北村薫、スティーヴン・キング…。女優、コメンテーター、作家として活躍する著者が、大切な転機あるいは危機を救ってくれた24冊について綴る、読書エッセイ。『文蔵』掲載を改題し、加筆・修正。

 自分を成長させてくれた、たいせつな24冊。カズオ・イシグロ、北村薫、スティーヴン・キング…わたしの本棚はまさに“人生の写真アルバム”。女優、コメンテーター、作家として活躍する著者の読書エッセイ。

 本書は、単なる書評集ではなく、幼くして両親が離婚し、自らの意思で母のそばにいることを選んだ著者が、転校した先の小学校で『家なき子』を手に取り、生きていくためには何が必要か、何もできない今の自分という存在、絵空事ではなく現実を突きつけてくる本との出合いについてを、『家なき子』を皮切りに『倚りかからず』『わたしを離さないで』など、人生の折々に出合い、大きな示唆を与えてくれた24冊の本のことが当時の思いとともに綴られたエッセイ。両親の離婚、芸能界デビュー、4つの高校生活、通信制の大学入学、脚本家デビュー、突発性難聴、祖母や叔父の死去、母親の再婚……と、様々な人生の転機に出会った本の紹介は、単なる書評とは違って重みのある内容でもありました。「本は逃げるための手段で道具だ」という言葉もとても印象に残りました。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 17:05| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(9/11)

■ 太陽光買い取り 半額へ 再生エネ、家計負担を抑制

『経済産業省は事業者や家庭から買い取る太陽光発電の価格を大きく下げる。1キロワット時あたりの買い取り価格を事業用は2022年度、家庭用は25年度にも半額にする目標を掲げる。太陽光発電はコストの一部を消費者が負担している。膨らむ負担を抑えるため、コストの抑制を促す』とありますが、この事業者や家庭から買い取る太陽光発電の価格を大きく下げることには

大賛成!

そもそも太陽光発電を利用していない人にも負担をさせる、この仕組み自体、おかしなやり方であって、これはいわば民主党政権の負の部分だと思っていますから、消費者の負担を減らす意味でも支持します。

■ 北方領土問題の速やかな解決の可能性は低い、プーチン大統領

『ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は10日、極東のクリール諸島(Kuril Islands、北方領土を含む千島列島)における日本との領有権問題が速やかに解決する可能性は低いとの見解を示した。より楽観的な見通しを示していた日本側に冷水を浴びせるような形となった』とのことですが、想定内の発言内容ですね。

ロシア国内向けとしても、この見解は当然のことでもあるでしょうが、日本は「それならば経済協力はできない!」ぐらいのことはハッキリと意思表示すべきとも思います。

■ 豊洲市場でひび割れ発生 10月の開場には影響なし

『東京都は11日、築地市場(中央区)から移転し、10月11日に開場する豊洲市場(江東区)の敷地内で、幅約10メートル、段差約5センチのひび割れが発生したと発表した。周辺で地盤沈下が起きたことが原因だが、補修により開場時期への影響はないとしている』とありますが、安全宣言って何だったんだか。。。

これで万が一、地震でもあればアウトだろうし、豊洲問題は更に長引きそうですね。。。
posted by babiru_22 at 05:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする