2018年09月14日

『祈りのカルテ』知念実希人

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

祈りのカルテ [ 知念 実希人 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2018/9/14時点)




 内科、外科、小児科、救急科…。初期臨床研修で様々な科を回っている新米医師の諏訪野良太は、患者たちが抱える問題に耳を傾け、解決の糸口を懸命に探し…。連作医療ミステリ。『小説野性時代』掲載に加筆し単行本化。

 諏訪野良太は、純正会医科大学附属病院の研修医。初期臨床研修中で、内科、外科、小児科、産婦人科など、様々な科を回っている。ある夜、睡眠薬を大量にのんだ女性が救急搬送されてきた。その腕には、別れた夫の名前が火傷で刻まれていた。離婚して以来、睡眠薬の過剰摂取を繰り返しているという。しかし良太は、女性の態度に違和感を覚える。彼女はなぜ、毎月5日に退院できるよう入院するのか…。(「彼女が瞳を閉じる理由」)初期の胃がんの内視鏡手術を拒否する老人、循環器内科に入院中の我が侭な女優…。驚くほど個性に満ちた患者たちとその心の謎を、新米医師、良太はどう解き明かすのか。ふと気づけば泣いていた。連作医療ミステリ。

 本書は、主人公の研修医・諏訪野良太が、医療現場で巻きおこる5つの事件に遭遇する連作ミステリ。物語は、頑な態度をとる入院患者たちに、真摯に寄り添い、研修医と患者とのやり取りから謎を解いていきます。本格ミステリというわけではありませんが、主人公の成長、そして患者の様々な悩みがリアルに描かれていて面白かったです。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 16:02| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(9/13)

■ 医療的ケア児への付き添い要求は「障害者差別」 自治体に330万円の慰謝料求め提訴

『たんの吸引など日常的に医療行為の援助が必要な子供(医療的ケア児)を巡り、教育委員会や学校が集団登下校や遠足への保護者の付き添いが必要だとしたのは、障害を理由とした差別を禁じた障害者差別解消法に違反するなどとして、愛知県内の公立小に通う男児とその両親が12日までに、地元自治体に計330万円の慰謝料を求める訴訟を名古屋地裁に起こした』とありますが、これはとんでもない

逆差別!

医療行為の援助が必要であれば、集団登下校や遠足への保護者の付き添いが必要なのは当然のことで、これを「障害者差別」というのは明らかな間違いであり、それならば特別支援学級に入れるべき。

言葉は悪いですが、ゴネ得にしか見えませんし、自分でできないなら他人に金銭の要求などすべきでない!(怒)

■ “ブラック”批判にIOC副会長は…?

『募集条件が「ブラックだ」などと一部で批判されていることについて、IOC(=国際オリンピック委員会)のコーツ副会長は、「やりたくなければ申し込まなければ良い」などと話した』とのことですが、これは当然です。

ボランティアは強制で行うものではありませんし、企業にノルマ設定することも止めるべきです。

■ 厚労省、自民の省分割論に反発=「解体するなら財務省」

『自民党行政改革推進本部がまとめた「中央省庁再々編」に関する提言でやり玉に挙がった厚生労働省では、同本部への不信が高まっている。提言は省分割も含む業務見直しを求めているが、「仕事を見直せというなら、なぜ財務省に関する記述がこんなにも少ないのか」(省幹部)と、疑問の声も出ている。提言は厚労省について「重要性が急速に増し、業務の量が極めて多くなっている」と指摘。子育て政策の切り離しや、省自体の分割も念頭に「今後検討を行う必要がある」とした』とありますが、まず厚労省は反省が全然足りません!

勿論、財務省も解体すべきですが、厚労省も同じで、どこかのバカ政党のような責任転嫁をするんじゃねーよ!と言いたい。(怒)
posted by babiru_22 at 06:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする