2018年09月19日

『「ウルトラセブン」の帰還』白石雅彦

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「ウルトラセブン」の帰還 [ 白石雅彦 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2018/9/19時点)




 「ウルトラセブン」を子供達は大喝采で迎え、若きスタッフも自信満々。しかしひとりの人物が、作品の先行きに危惧を抱き…。豊富な一次資料を駆使し、同時代の視点で、制作過程を徹底検討する。

 放送開始50年!かくてヒーローは去った。新事実多数の決定的ドキュメンタリー。圧倒的分析力で「そのとき何があったのか」を再構築する迫真のドキュメント。新発見の資料を総合することから見えてくる“歴史的事実”…。著者にしか書けない驚異の一冊。「ウルトラマン」から半年を経た1967年10月1日、待望の「ウルトラセブン」がテレビに姿を現した。子供達は大喝采で迎え、金城哲夫をはじめとする若きスタッフも自信満々であった。しかし、ある人物が作品の先行きに危惧を抱いていた…。前作2冊でファンの度肝を抜いた著者が、ついにシリーズ最高の人気作に挑む第3弾。豊富な一次資料を駆使し、あくまで同時代の視点で、制作過程を再構築する。かくて「ウルトラセブン」は朝焼けの空へ飛び去った……!

 本書は、『ウルトラQの誕生』『ウルトラマンの飛翔』に続く、ウルトラマン3部作の完結編で、著者が、一次資料や証言を駆使して、円谷プロダクションが1967年から68年にかけて送り出したウルトラ・シリーズ第3弾『ウルトラセブン』の制作過程から番組終焉までを検証したもの。ウルトラセブンへの愛情と洞察に満ちていて、引用される文章から、当時の円谷プロの雰囲気が伝わってきます。特に、今は亡き監督や俳優陣の語る「裏話」は興味深いものばかりで、ウルトラセブンファンとして十分に満足できる一冊です。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 17:17| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(9/18)

■ 「事実違う」「作り話でない」=農水相発言めぐり応酬−自民総裁選

『首相は、斎藤氏から「義理もあるし、石破氏を支持する」と伝えられ、「全力でやってくれ」と応じたと説明。斎藤氏に向けて、「もしそういう人がいるなら名前を言ってもらいたい」と述べ、圧力をかけた人物名を公表するよう促した。石破氏は、セクハラの被害女性に名乗り出るよう求めた財務省の対応に「似ている」と指摘。「(名前を)言ったら党内はめちゃくちゃだ」と反発した』とありますが、事実であるなら名前を言うべきで、それができないなら単なる

いいがかり

安倍総理は名前を言ってくれと言ってるだけで、セクハラ被害者と違い、加害者の名前の公表なのだからかばう必要もありませんし、嘘を言ってないなら公表すべき!

■ 外来患者自殺で開業医有責、現場で高まる懸念 入院措置を怠ったとして約1250万円の支払い命じる

『統合失調症の患者が自殺したのは主治医が適切な対応を行わなかったためだとして、遺族らが精神科開業医を相手取って起こした訴訟で、東京高裁が医師側の責任を認める判決を下した。医師側無責とした地裁判決を覆す内容で、開業医は上告。現場からは、医師に過大な義務を課すものだと批判する声も出ている』とのことですが、この判決内容は納得いきません。

地裁とは違い、高裁でこの判決内容では、医師の負担があまりにも大きすぎますし、自殺を他人のせいに認める判決内容には疑問を感じます。

■ 関西生コン支部幹部ら16人逮捕 運送業者の出荷妨害、組合加入強要疑い 大阪府警

『16人の逮捕容疑は昨年12月12〜14日、大阪市港区の大手セメント販売会社が出荷業務を行うサービスステーションで、同社から業務委託されていた運送会社の車の前に立ちふさがるなどして、業務を妨げたとしている』とありますが、これだけ大量の逮捕者というのに、テレビニュースでは大きくは報じていませんね。。。

これだけの一斉逮捕であるのだから、関わりある国会議員にこそマスコミは取材すべきなのに、これこそマスコミの忖度ですね。。。(呆)
posted by babiru_22 at 06:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする