2018年09月30日

昨日の出来事(9/29)

■ 「旭日旗」掲揚自粛、日本は断固拒否 海自「要請は非常識」

『防衛省・自衛隊は、韓国側が求める自衛艦旗「旭日旗」の掲揚自粛を断固拒否する構えだ。軍艦旗に当たる自衛艦旗の掲揚は、軍艦と民間船を区別するために課せられた国際ルールで、韓国側の要請は「非常識」(海上自衛隊幹部)と指摘せざるを得ないからだ』とのことですが、これは

当然の対応

です。

記事にも書かれているように、韓国側の要請は国際的上、非常識な要請であり、こうした韓国の非常識極まりない要請こそ、世界に対してアピールすべきです。

■ 演壇で喉あめ、出席停止=「子連れ市議」に−熊本市議会

『緒方氏は退席後、記者団に「飲食ではなく喉のケア。議会の品位を損ねたと思っていない」と話した。同氏をめぐっては昨年11月、当時生後7カ月の長男を抱いて本会議に出ようとして押し問答になる騒動があった』とありますが、よくこれで市議会議員を務めているとも思いますし、ハッキリ言って議員の資質すらありません。

喉のケアというのであれば、喉スプレーでも対処できますし、喉アメを口に入れていたとしても、質疑の際にはアメを口から出すべき。

炎上で自らをアピールしたいのか何なのかは分かりませんが、自分でできることすらせずに、他人に責任転嫁とか、こういう非常識議員こそリコールすべきだと思います。

■ 汚染水、浄化後も基準2万倍の放射性物質 福島第一原発

『基準値を超えた原因について、東電は、2013年度に起きたALPSの不具合で、処理しきれなかった高濃度の汚染水がそのまま保管されていることや、処理量を優先し、放射性物質を取り除く吸着材の交換が遅れたことなどを挙げている。今後、吸着材の交換時期を見直すなど対応を検討するという。ただ、今後も基準値超えの放射性物質が検出される可能性は否定できないと認めた』とのことですが、東電の対応には明らかに問題があります。

対応の検討などということではなく、即座に対処することを行うのみです。
posted by babiru_22 at 07:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする