2018年10月31日

『原爆 広島を復興させた人びと』石井光太

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

原爆 --広島を復興させた人びとーー [ 石井 光太 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2018/10/31時点)

楽天で購入



 広島平和記念資料館初代館長・長岡省吾、広島市長・浜井信三、建築家・丹下健三…。原爆投下後の広島を蘇らせた人びとに光を当てたノンフィクション。『すばる』『小説すばる』掲載を加筆・修正し、大幅に書き下ろしを加える。

 1945年8月6日午前8時15分、B29から投下された一発の原子爆弾が、広島を死の町に変えた。残留放射能に満ちた市内に通い、原爆症になりながら、その悲劇を記録して後世に残そうとする人物がいた。のちに広島平和記念資料館の初代館長となる長岡省吾である。被爆直後の広島には、彼をはじめとして“原爆市長”浜井信三、世界的建築家・丹下健三など、様々な人たちが集まり、「75年は草木も生えぬ」と囁かれた廃墟の町を、命を懸けて平和都市へと蘇らせた。世界平和を願い、広島に奇跡の復興をもたらした歴史に迫る、感動の群像ノンフィクション。

 本書は、戦後の広島の復興に尽力した4人の物語。「75年間は草木も生えない」と言われた広島を、原爆投下直後から駆けずり回り、国際平和文化都市“ヒロシマ”へ導いた人びとを取り上げる本書には、戦後70年を越えた今日まで、語られることのなかった、骨太な実話・秘話が詰め込まれています。勿論、広島の復興は、本書で書かれる4人だけではありませんが、本書で取り上げられる4人に焦点を当てて、丹念なる取材が伺える内容で、知られざる復興物語がここに書かれており、貴重な史料ともいえるノンフィクションです。

【満足度】 ★★★★☆
ラベル:原爆 石井光太
posted by babiru_22 at 19:25| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(10/30)

■ 「徴用工」訴訟 新日鉄住金に損害賠償命じる判決 韓国最高裁

『太平洋戦争中に「徴用工として日本で強制的に働かされた」と主張する韓国人4人が新日鉄住金に損害賠償を求めた裁判で、韓国の最高裁判所は30日、「個人請求権は消滅していない」として、賠償を命じる判決を言い渡しました。日本企業に賠償を命じる判決が確定したのは初めてで、日本政府が徴用をめぐる問題は「完全かつ最終的に解決済みだ」としているだけに、今後の日韓関係に影響を及ぼすことも予想されます』とのことですが、もはや

断交すべし!

日韓基本条約を完全に破棄する判決であり、いわば韓国の自滅判決。

これは完全なる条約違反でもあるのだから、日本政府は断交を宣言するべきだ!

■ 国交相が辺野古埋め立て撤回効力停止を表明

『米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡り、石井啓一国土交通相は30日、沖縄県による辺野古沿岸部の埋め立て承認撤回処分の効力を一時停止すると表明した』とありますが、ここまでしなければならないことこそ、多くの国民は他人事としてではなく真剣に考えるべきだと思います。

この政府の対応は致し方ないものであり、問題の本質こそ見つめてほしい。。。

■ 7割の米企業が中国撤退などを検討=米商工会議所

『米中貿易戦争の長期化が原因で、中国南部に進出している米企業のうち、約7割の企業が、中国での投資を遅らせ、生産ラインの一部または全部を中国から他国に移転すると検討している』とのことですが、中国はアメリカ企業でも撤退時に嫌がらせをするのだろうか?

ただ、7割の企業が撤退するだけでも、影響は大きいでしょうね。。。
posted by babiru_22 at 07:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月30日

『風は西から』村山由佳

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

風は西から [ 村山由佳 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2018/10/30時点)

楽天で購入



 大手居酒屋チェーンの店長・健介が突然、自ら命を絶った。彼はなぜ、死ななければならなかったのか? 恋人の千秋と健介の両親は、大企業を相手に闘うことを決意し…。『上毛新聞』『神奈川新聞』等掲載に加筆し単行本化。

 大手居酒屋チェーン「山背」に就職し、繁盛店の店長となり、張り切って働いていた健介が、突然自ら命を絶ってしまった。大手食品メーカー「銀のさじ」に務める恋人の千秋は、自分を責めた……なぜ、彼の辛さを分かってあげられなかったのか。なぜ、彼からの「最後」の電話に心ない言葉を言ってしまったのか。悲しみにくれながらも、健介の自殺は「労災」ではないのか、その真相を突き止めることが健介のために、自分ができることではないか、と千秋は気づく。そして、やはり、息子の死の真相を知りたいと願う健介の両親と共に、大企業を相手に戦うことを誓う。小さな人間が秘めている「強さ」を描く、社会派エンターテインメント。

 本書は、希望に満ちて入社した会社が、実はとんでもないブラック企業で、追い詰められた挙句に自殺という選択をしてしまう27歳の健介と、自分の仕事も懸命にこなしながら、企業側の責任を厳しく問う健介の恋人・千秋を中心とした物語。その物語は、某大手居酒屋チェーンの過労死事件をなぞるかのような内容で、リアリティのある作品でもありました。ただしフィクションだからこそ、もう一段深く掘り下げてほしかったです。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 19:23| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(10/29)

■ 徴用工訴訟 あす韓国最高裁判決 賠償命令なら日韓関係打撃

『原告側弁護士は今月二十四日、記者団に賠償命令が出た場合はただちに資産差し押さえの請求手続きに入ると表明。和解も視野に入れつつ、国内資産がない場合は国外資産の差し押さえも検討する構えをみせている』とありますが、韓国国内の法律が世界に通用すると思っているところが

クレイジー

すぎて、言葉もありません。。。(呆)

どうやったら国外資産の差し押さえができるのでしょうね?(呆)

■ メルケル氏、与党党首辞任へ=首相は21年まで続投、州議選連敗−ドイツ

『複数の独メディアは29日、ドイツのメルケル首相が、州議選での連敗の責任を取り、与党・キリスト教民主同盟(CDU)の党首を退く意向を党幹部に伝えたと報じた。12月の党首選への立候補を断念する。ただ、首相職については2021年の任期満了まで続投し、その後議員を引退する考えだという』とのことですが、責任取って党首は辞任するけど、首相は任期満了まで続けるとか、さすがはメルケル。(笑)

あまりにも底が浅すぎますね。。。(呆)

■ 裁判長も「あきれた」…元神戸市議に有罪判決

『約690万円の政務活動費(政活費)をだまし取ったとして詐欺罪に問われた元神戸市議の橋本健被告(38)に対し、神戸地裁は29日、懲役1年6月、執行猶予4年(求刑・懲役1年6月)の判決を言い渡した。川上宏裁判長は「私欲のために制度を悪用しており、コンプライアンス意識の低さにはあきれざるを得ない。政活費を遊興費などに使い、多額の損害を与えた結果は重大」と指摘した』とありますが、さて今井絵理子参院議員はどうするんでしょうね?

議員辞職すべきです!
posted by babiru_22 at 06:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月29日

『完全犯罪の死角 刑事花房京子』香納諒一

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

完全犯罪の死角 刑事花房京子 [ 香納諒一 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2018/10/29時点)

楽天で購入



 留理は亡き父から引き継いだ会社を守るため、志を異にする兄とその愛人でもある秘書を痴情のもつれを装って殺した。だが翌朝、家政婦から、家に入った強盗に兄が殺されたようだという連絡が…。『小説宝石』連載を単行本化。

 沢渡留理は亡き父親から引き継いだ会社“沢渡家具”を守ろうと必死だった。そのためには、志を異にする兄・要次と、その愛人でもある秘書の福田麻衣子を排除するしかない。留理は綿密に計画を練り、痴情のもつれを装ってふたりを殺した。偽装工作は完璧だったはずなのに、翌朝、家政婦から、家に強盗が入り、その強盗に兄が殺されたようだという連絡を受ける。いったい何が……。想定外の出来事に混乱しつつ現場に戻った留理は、子供のように捜査に没頭している長身の女刑事と出会った。その女は、花房京子と名乗った……。

 物語は、完全犯罪を成し遂げたと思っている女と、その犯罪の綻びを探して見破ろうとする女刑事の捜査を描いた作品。香納諒一の作品でしたから、ハードボイルドタッチの緻密なミステリと思って読み始めましたが、登場人物の存在感が薄く、肝心のミステリ部分も正直弱く、これでは完全犯罪ではなく不完全犯罪にもなっていただけに、読みやすかったものの物足りなさを強く感じた点が残念です。

【満足度】 ★★☆
posted by babiru_22 at 19:28| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(10/28)

■ 「日本車に20%関税を」トランプ氏が警告

『アメリカのトランプ大統領は27日、貿易問題で日本が市場を開放しない場合は日本車に20%の関税をかけると警告した。トランプ大統領は中西部・インディアナ州の農業団体で演説し、日本との貿易について「我々はヤギ1匹だが、日本は何百万台の自動車を輸出している」と不満を示した。その上で大統領は日本が市場を開放しない場合は日本からの輸入車に20%の関税をかけると警告した』とのことですが、日本は開放済みですから、一体何を開放するのやら。。。

むしろ関税かけると困るのはアメリカだと思いますが、トランプ流の

恫喝商法

という感じでしょうかね。。。(呆)

■ 渋谷 ハロウィーンでトラブル…逮捕者も

『今月31日のハロウィーン本番を前に、東京・渋谷の繁華街には27日夜から28日未明にかけて仮装した若者らが集まり、軽トラックが横倒しにされるなどのトラブルが相次いだ。痴漢などの疑いで逮捕者も5人出ている』って、ここまで犯罪が続いているなら、公共の場でのハロウィンは中止にすべきでは?

こんなことでは31日は更に酷いことになるかもしれませんし、やるなら特定の場所だけにすべきです。

■ 米女性キャスター差別発言で番組打ち切り 浜田雅功も批判された「ブラックフェイス」で

『米NBCテレビの人気女性キャスター、メーガン・ケリーさん(47)が司会を務める番組で、欧米で人種差別と認識されている、顔を黒く塗って黒人のまねをする「ブラックフェイス」を容認したと捉えられる発言を行い、視聴者らから激しい批判を受け、番組の打ち切りが決まった』とありますが、これで番組打ち切りとは、世知辛い世の中ですね。。。

これなら日焼けすらできないだろうし、多様性こそ認めるべきです。
posted by babiru_22 at 07:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月28日

昨日の出来事(10/27)

■ 自宅用太陽光電力の蓄電池普及か

『家庭用の太陽光発電の電力の買い取りが来年秋から順次、終了するのを前に、余った電力をためて自宅で消費したいというニーズが高まるとみて、企業の間で蓄電池のビジネスを強化する動きが相次いでいます。国の制度に基づく家庭用の太陽光発電の電力の買い取りは、来年11月以降、順次、終了することになっていて、余った電力は今よりも安く、場合によっては0円で電力会社が引き取ることになっています』とありますが、自宅用太陽光電力を取り付けているところは、蓄電池を買わなければ損でしょうね。。。

当初の話とは様変わりしましたから、詐欺という人もいるでしょうが、今度は

蓄電池ビジネス

の電話勧誘が増えそうなのが嫌ですね〜。。。

■ 五輪会場ピンチ、綱渡りの調整…不正・業者破綻

『2020年東京五輪・パラリンピック競技会場の整備で想定外のトラブルが今月に入って相次ぎ、東京都が対応に追われている。水泳会場に使われた免震・制振装置は国の基準を満たしていない恐れがあることが発覚。テニス会場では改修を請け負った施工会社が経営破綻した。大会への準備期間などを踏まえると工期の大幅な遅れは許されず、綱渡りの調整を強いられる』って、どうする気なんだろう?

これでは洒落にもならないでしょうが、誰も責任取らないんでしょうね〜。。。(呆)

■ 河野太郎外相、中国側に尖閣周辺ブイの撤去要求

『河野太郎外相は26日、北京で中国の王毅国務委員兼外相と会談し、尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺海域で中国が設置したブイの撤去を求めた。王氏は直接回答しなかったが、東シナ海問題などを念頭に意見の対立を適切に処理していくよう強調。両者は東シナ海を「平和、協力、友好の海」にしていく決意を確認した』とのことですが、撤去の要求だけでは中国は何もしないでしょうね。

むしろ撤去しない場合は制裁措置も持さないことこそそ強調すべきです。
posted by babiru_22 at 05:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月27日

『火刑列島』森 晶麿

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

火刑列島 [ 森晶麿 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2018/10/27時点)

楽天で購入



 幻の美女・メグミがスマホに現れると、火災が、そして死が!? 美人現象学者、消防士、予“現”者の3人組が、事件を追って日本列島をはしる! 摩訶不思議の〈炎上〉エンタメ小説。『ジャーロ』掲載に加筆し単行本化。

 現象学者の凪田緒ノ帆は、半年前に自宅の火災で恋人を失った。まる焦げで発見されたその死体が持っていたスマホのロック画面には、下着姿の謎の女性の画像が残されていた。突然、緒ノ帆の前に現れた美青年・露木は“予現者”を自称し、「僕が予現したあなたの恋人以外の直近三件の火災事故では、いずれも被害者の男性のスマホにこの女性の画像がありました」といい、事件と女性の関係を一緒に調べようと誘う。さらに、謎の女性の画像を手がかりに、メグミという名前と、彼女を探す消防士・海老野ホムラが見つかる。3人は、露木の“予現”する火災とメグミの手がかりを追う旅をはじめた…。

 本書は、火に魅せられ惑わされる3人の列島縦断物語。様々な謎を火に関連づけていく展開はそれなりに面白かったですが、ミステリとしては物足りなさを感じる一冊でした。

【満足度】 ★★★
posted by babiru_22 at 20:15| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(10/26)

■ 【問題視】安田純平のシリア拘束に自作自演疑惑浮上 / テロリスト集団「安田純平の拘束なんて関わってないしテレビで初めて知った」

『ここにきて新たな疑惑が浮上し、物議を醸している。安田純平氏を拘束していたヌスラ戦線は現在「タハリールアルシャーム機構」(HTS)と名称を変えて活動しているのだが、安田純平氏の解放に関してHTSが「安田純平の拘束に関わってないし、解放されたニュースはテレビを見て初めて知った」という内容のコメントを発表。拘束したと報じられているテロリスト集団が安田純平氏の拘束に関与していないというのである』って、おいおい、まさかの

自作自演?

真相は全く分かりませんが、これこそ特定野党は「疑惑が深まった!」とやるべきでは?

■ 「新潮」報道を否定=片山地方創生相

『銀行から融資を断られたパチンコ業者が、融資を受けられるよう片山氏に口利きを依頼。片山氏は財務省幹部に電話をかけたが、業者は融資を受けることができなかったとしている』とのことで、事実確認は必要でしょうが、業者が融資を受けられなかったということは、口利きとはいえないようにも思いますが、どうだったんでしょうね?

金銭受給でもあれば別でしょうが、週刊新潮も事実の確証を出すべきでしょう。

■ 財務省、障害者求人で不適切表現、「障害者雇用の意識低い、ずさん」麻生氏

『中央省庁の障害者雇用水増し問題の発覚後、財務省や国税庁が障害者向けに行った非常勤職員の求人の応募資格には「自力で通勤できる」「介護者なしで業務を遂行できる」などといった不適切な表現があった。麻生氏によると「以前から(募集は)同じやり方を引き継いできた」という』とありますが、「自力で通勤できる」「介護者なしで業務を遂行できる」というのは不適切表現だろうか?

麻生財務相の「障害者雇用に関する意識が低い、対応がずさんと言わざるを得ないと思う」という発言は立場上致し方ない発言ではあるでしょうが、意味が分かりやすい表現方法とは思いますが、こう考える方が不適切なんですかね?
posted by babiru_22 at 06:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月26日

『カットバック』今野 敏

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カットバック 警視庁FC2 [ 今 野   敏 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2018/10/26時点)

楽天で購入



 警視庁FC(フィルム・コミッション)室が警護する人気刑事映画のロケ中に出た、本物の死体。捜査を始める警察と撮影を続行したい俳優やロケ隊がせめぎ合う中、犯人を捕まえることができるのか。『毎日新聞』連載を単行本化。

 大人気の警察映画「危険なバディー」のロケがスタート。FC室のメンバーは、交通整理や俳優の警護などに当たるが、ロケ現場から死体役の役者が撮影用衣装を着たまま死体で発見される。早速、捜査本部が設置。幹部は、被害者が衣装を身に着け、凶器のナイフが小道具に似ている点に注目。また、主演女優の桐原美里が殺人現場に一人で立っていた姿が目撃され、男女の怨恨の線で犯人を考えていた捜査幹部は色めきたつ。楠木はヒロイン役の桐原美里を調べるよう指示されるが……。

 本書は、『警視庁FC』に続くシリーズ第2弾。「あぶない刑事」をモチーフとしたような軽いタッチの警察小説ですが、本格的な警察小説を期待していただけに、読みやすい内容ではあったものの、個人的には物足りない作品でした。

【満足度】 ★★☆
posted by babiru_22 at 19:12| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(10/25)

■ 「地獄だった」安田純平さん 25日夜にも帰国へ

『あたかも日本政府が何か動いて解放されたかのように思う人がおそらくいるんじゃないかと。それだけは避けたかった』って、何を言っているんだ?

解放のされ方に文句付けるとか、荷物を取られた怒りとか、どれだけ日本政府を始めとして外務省などの関係各所に迷惑をかけたのか自覚すらしないとか、こんな輩はジャーナリストを名乗る

資格はない

謝罪するどころか、早速日本政府への批判とか、どれだけ多くの人に迷惑をかけたのかも理解しようともしない底なしの馬鹿。(怒)

自己責任で行くと言って、自分から危険地帯に行き、それで地獄だったとかよく言えたものだと……こんなこと言える神経がどうにも理解不能。

■ 政府、商品券に番号カード活用案 増税対策で自治体ポイント

『政府が来年の消費税率10%への引き上げに備えた景気対策で検討するプレミアム付き商品券を巡り、マイナンバー制度の個人番号カードを活用する案が浮上していることが24日、分かった。システムに対応済みの自治体が希望した場合、紙の券でなく、番号カードを持つ人がためられる「自治体ポイント」の形で発行できるような仕組みだ』とありますが、利用者のメリットを説明しないと活用する人は殆どいないでしょう。

そもそも「自治体ポイント」自体が曖昧すぎますし、何よりもプレミアム付き商品券を出すこと自体反対です。

■ 臨時国会:森友・加計の解明求める声 市民の不信拭えるか

『24日に召集された臨時国会では、学校法人「森友学園」「加計学園」を巡る問題に対し、野党側が追及を続ける見通しだ』とのことですが、証拠のないものをグダグダと続ける意味がサッパリ分かりません。

野党も追及するなら証拠を突きつければいいだけなのに、それができないなら国会で審議や議論すべきことは他にいくらでもあるでしょうが!(怒)

やってることが時間と税金の無駄でしかありません!(怒)
posted by babiru_22 at 07:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月25日

『家の中のすごい生きもの図鑑』久留飛克明

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

家の中のすごい生きもの図鑑 [ 久留飛克明 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2018/10/25時点)

楽天で購入



 外壁や軒下にいるニホンヤモリ、ベランダにいるハシブトガラス、庭にいるクマバチ…。最も身近にいながら、意外と知らない家の中にすむ奇妙な生きものたち全64種が、自らの暮らしぶりを語る。彼らとの付き合い方もわかる本。

 本書は、家の中にいる生きもの、つまり私たちにとって最も身近な生きものたちの生き様を紹介した生きもの図鑑。奴らがなぜそこにいるのか、どこから入ってくるのか、家の中で何をしているのか、好きなものや苦手なものは何かなど、得体の知れない奴らの正体が解き明かされます。思わず笑ってしまうようなユーモラスなイラストと、なぜか関西弁で語る家の生きものたちの姿も楽しい一冊です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 18:57| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(10/24)

■ 首相、国難対処に全力 「負の歴史」に触れず

『安倍晋三首相は23日、明治改元から150年を記念した式典で、日本の現状を「国難とも言える時代」と指摘するとともに「この難局に真正面から立ち向かう」と決意を表明した。自民党総裁任期が切れる2021年までを見据え、少子高齢化や北朝鮮問題など困難な課題に対処する方針だ』とありますが、国難なのに

増税ありき

とか、更に問題が増えることを行うのはいかがなものかと。。。

確かに課題は山積ですし、政府も問題対応の舵取りは大変ではあるでしょうが、政策課題の見直しも行ってほしいですね。

■ きょうから臨時国会 野党は「政治とカネ」追及へ

『野党側は、初入閣した閣僚の「政治とカネ」の問題などを厳しく追及する構えで、序盤から与野党の激しい攻防が予想される』とのことですが、それならば関西生コンと立憲民主党の近藤副代表の収支不記載問題をしなければダメですね。

臨時国会からブーメラン投げるとか、それよりまともな政策出しなさいよ!

■ 銚子市:再生団体に転落の可能性 市が財政収支見通し

『千葉県銚子市は23日、財政収支見通しを発表し、このままだと3年後の2021年度に財政健全化団体、22年度に財政再生団体に転落する可能性があることを明らかにした』とありますが、これは他人事ではありません。

全国の自治体でも、財政再生団体に転落する可能性があるところは多いですし、住んでいる住民こそ自治体の予算について、しっかりとチェックして、自治体行政や議会もチェックしてほしいとも思いますが、関心を持つ人が少ないことが問題てもありますね。。。
posted by babiru_22 at 08:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月24日

『新しい時代のお金の教科書』山口揚平




 ビットコインは凋落し、時間がお金に?! そして将来お金はなくなる?! M&A、投資家、貨幣論に携わる「お金のプロ」が、お金の歴史から仕組み、未来まで、本質をすっきり解説する。

 お金の始まりは物々交換ではなかった?! 仮想通貨、時間通貨…お金とはそもそも何なのか? どんな仕組みなのか? 目まぐるしく変化する今こそ知っておきたいお金の話。

 本書は、お金として取引されているモノの本質は何かについてを、お金の歴史を紐解き、これからどのように変質・変遷していくのかを予想しながら、概念としての貨幣を追及したもの。お金の始まりは物々交換ではなく、ヤップ島のフェイという石を持ち運んで、使用するのでは無く、記録を刻む事で信用を担保していたことが始まりとのことで、これは現代のブロックチェーンと仕組みは同じで、お金は信用を積み上げていくことが大切であると書かれていますが、これは非常に納得しました。分かりやすく、比較的アッサリと書かれていますが、お金の価値と歴史と仕組みは、特に若い世代が読むと共感できるところが多いように思います。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 17:17| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月23日

『「お金」で読み解く日本史』島崎 晋

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「お金」で読み解く日本史 (SB新書) [ 島崎 晋 ]
価格:864円(税込、送料無料) (2018/10/23時点)

楽天で購入



 権力と財力の誇示に巨大古墳を建造した豪族たち、天正大判や金の茶室を作った秀吉、オイルショックによるパニック…。争いや政治だけではなく「お金」という視点で歴史を振り返り、お金の役割や存在意義をあらためて考える。

 人やモノではなく「お金の動き」で見ると日本史の根幹がわかり、歴史は100倍面白くなる! 原始の物々交換から、貨幣の誕生・流通、現代の仮想通貨、貨幣消滅・銀行消滅の近未来まで、私たち日本人と「お金」の深いかかわりを読み解くビジネスにも役立つ新たな視点の日本史の必読書。

 本書は、お金という観点から、古代から時代ごとに見ていき、近代以降、特に戦後から現代まで、そして貨幣消滅を迎える近未来に関する項目にわたり、教科書が詳しく描かない時事的な理解やビジネス目的も兼ねて、お金を巡る新たな視点で日本史が書かれたもの。個人的には室町時代や江戸時代をもう少し掘り下げてもらいたかったですが、三井・住友・三菱・安田…の明治の巨大組織「四代財閥」はどのように生まれたかについては興味深かったです。

【満足度】 ★★★☆
posted by babiru_22 at 20:17| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(10/22)

■ 韓国の与野党国会議員らが竹島に上陸

『韓国与野党の国会議員らが22日、竹島(島根県隠岐の島町)に上陸した』とのことですが、相手のことすら考えないで、自分達にとって都合のいい行動しか取らないのだから、日本政府は抗議などという生ぬるい対応ではなく、

制裁措置

こそ断固取るべきだ!(怒)

韓国国内での支持率集めのパフォーマンスでしょうが、日本政府は対抗策を行動で示せと言いたい!

■ 1トンのゴミが置き去り…「江の島花火大会」のマナー違反に批判殺到 主催者「ゴミは持ち帰りが原則」

『「ふじさわ江の島花火大会」は、昨年が雨で中止となったため2年ぶりに開催。しかし、今年も大会の途中から大雨に見舞われ、多くの来場者は緊急避難し、そのまま帰路についた。この結果、ゴミは持ち帰るか海岸や道路に設置されたゴミステーションに置くようアナウンスされていたものの、会場には大量のゴミが残された。藤沢市観光協会によると、置き去りにされたゴミの量は一昨年の3倍となる1トン。内訳は可燃ゴミ6割、不燃ゴミ4割で、特にレジャーシートが多かった。ゴミステーションに置かれたゴミも一昨年の2倍の150キロだったという』とのことですが、ゴミの不当放棄は犯罪です。

しかもゴミについてのアナウンスをしていて、この状況では、気の毒ではありますが、中止にせざるをえないと思います。

■ 四つんばいリレーで監督「やめてくれ」走者は骨折

『全国実業団対抗女子駅伝予選会(福岡県)で、岩谷産業の第2区・飯田怜(19)が残り約200メートルで走ることができなくなり、四つんばいでたすきを渡したことについて、同チームの広瀬永和監督は、レースから一夜明けた22日、大会主催者側に「(レースを)やめてくれ」と伝えていたことを明かした。(中略)しかし広瀬監督の意図が主催者側を通じて、飯田のもとにいくまでにタイムラグが生じた。結局、飯田は両膝をすりむきながら、3区にたすきを渡す形となった』とありますが、テレビニュースでこの映像を見ましたが、大会主催者がなぜ選手を止めなかったのか不思議でなりません。

大会主催者側の組織運営の責任でもあるでしょうが、選手はすでに骨折もしているのだし、責任追及というわけではありませんが、責任の所在は明らかにすべきでしょう。
posted by babiru_22 at 07:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月22日

『一日の苦労は、その日だけで十分です』三浦綾子

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

一日の苦労は、その日だけで十分です [ 三浦 綾子 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2018/10/22時点)

楽天で購入



 人間の罪、弱さ、ゆるしを描き続けた作家が遺した、愛にあふれる言葉の数々。知人や北海道のことから、恋愛と結婚、がん告知からの生き方、信仰についてまでを綴る。単行本未収録のエッセイを中心にまとめたもの。

 人間の罪、弱さ、ゆるしを描きつづけた作家・三浦綾子が遺した愛にあふれる言葉の数々。「冬のあとに春の来ない人生もある」「人生には往々にして意地悪がひそんでいる」と書きながらも、「なるようになる。なるようにしかならない」「一日にできる仕事は、量が決まっている。明日のことは心配しない」と道を照らす。自らの病気も苦難も「すべてが神様の贈り物」であるとあるがままに受け入れ、その恵みに感謝の念をも抱く。でも、だからといって「病気に協力することはない」と、前向きに自分の人生を生きることを考える……。深い信仰に根ざしたその生き方から浮かび上がるのは、“愛”と“感謝”と“学び”の心。大上段に振りかざすのではなく、自身のいたらなさや苦い体験にも触れながら、弱い立場の人々や道に迷う若者たちに温かいまなざしを向け続ける。その思い、時を経ても色あせない言葉は、私たちが一日一日を大切に積み重ね、より良い人生を歩むための指針となるに違いない。没後20年を前に届けられた、やさしさに満ちた最後のエッセイ集。

 本書は、一般紙や有名雑誌だけでなく地域PR誌や医療、宗教、茶道系機関誌など、さまざまな媒体に寄稿した文章を集め、著者の没後20年を前に発行されたエッセイ集。作家・三浦綾子の作品は、ほぼ全て読んでいますが、僕自身の価値観や人生観について、一番影響を受けた作家です。クリスチャンとして聖書に基づいた生活をし、数多くの愛を与え続けた三浦綾子氏ですが、未収録の作品を読むことができ、ファンの一人として再び感銘を受けました。夫婦愛、他者への愛は見習うべきものが多く、改めて三浦文学を読み直そうと思います。

【満足度】 ★★★★★(文句なし!)
posted by babiru_22 at 19:00| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(10/21)

■ 国民健康保険滞納の外国人で対策

『千葉県船橋市は、国民健康保険に加入している外国人の保険料の滞納率が60%を超えていることから、中国語やベトナム語など6つの言語で支払いを促すパンフレットを作成するなど、対策に乗り出しました』とありますが、滞納率が60%を超えるというのは

大問題

です!(怒)

外国人と日本人は区別すべきで、諸外国は自国民と外国籍を分けているのだから、日本も同様の対応をすべきで、国民健康保険なのだから、自国民でなければしっかり区分けせよ!

■ 地方交通で統一「QRコード」決済=キャッシュレス普及で検討−経産省

『経済産業省は、新たなキャッシュレス普及策として、地方の鉄道やバスなどの料金支払いを統一規格の「QRコード」決済で行えるようにする検討を始めた』とのことですが、経産省が関わるとなると、どうしても利権絡みで関わるのか?と思ってしまいます。

むしろ電子マネーの統一化を図る方が利便性もいいですが、そもそも省庁が違う扱いにもなるだけに、統一化は難しいんだろうなァ。。。

■ 立憲民主・近藤昭一副代表、会費制集会の収支不記載 政治資金規正法違反か

『立憲民主党の近藤昭一副代表=衆院愛知3区=が代表の政治団体が、平成26年に開いたパーティー収入を同年分の政治資金収支報告書に記載していないことが20日、分かった。政治資金規正法違反(不記載など)に当たる可能性がある』って、立憲民主党ってこんな人達ばかり。。。(呆)

自分達の問題はいつもスルーで、与党には批判しかしないとか、よくこれで野党第一党とか言えるもんだ。。。(呆)
posted by babiru_22 at 07:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月21日

『「売る」から、「売れる」へ。 水野学のブランディングデザイン講義』水野 学




 クリエイティブディレクター水野学が、デザインの視点やものの考え方を、事例を通して伝える。慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスにて行われた講義「ブランディングデザイン」のうち、主要な4回の講義内容をもとに書籍化。

 いまの時代に、どうすれば「長く売れつづける」のか……。あらゆるビジネスパーソンが抱えるこの課題をデザイン視点から解決する、慶應義塾大学の名物講義「ブランディングデザイン」がついに書籍化。「中川政七商店」「茅乃舎」「東京ミッドタウン」「相鉄」などでコンサルタントとしても活躍するクリエイティブディレクターの水野学が、ビジネスや経営における「デザインの正しい使い方」をわかりやすく解説した1冊です。

 本書は、著名なクリエイティブディレクターでもある著者が、慶應義塾大学での講義内容を書籍化したもので、講義の形式でまとめられているだけに、実際に講義に参加しているようで、ブランディングデザインについて、とても分かりやすく説明と解説をしてくれています。「センスは蓄積された知識を最適化すること」というのは、妙に納得しましたし、クリエイティブなセンスがいかに大切かという内容はワクワクしながら読むことができました。講義内容も至ってシンプルで、「すべての見え方のアウトプットのコントロールをすること」なども自己流で色々と試していたことでもあっただけに、素晴らしい学びとなった一冊です。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 18:25| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(10/20)

■ 日中通貨交換協定:再開へ 5年ぶり、上限10倍3兆円

『日中両政府は安倍晋三首相の中国訪問に合わせ、両国企業の決済システム安定のため、円と人民元を融通し合う通貨交換(スワップ)協定を約5年ぶりに再開する方針を固めた。26日の首脳会談で合意し、日銀と中国人民銀行が協定を締結する。融通額の上限を日本とアジア各国との協定では最大規模の約3兆円へ拡大する。一方、日本政府が求めていた東シナ海のガス田開発を巡る協議は、再開の合意に至らない見通しだ』とありますが、この中国へのスワップ協定には

大反対!

このスワップ協定は、中国国内の日本企業を救済する意味もあるのでしょうが、日本国内の企業の救済など政府はしないのだから、スワップ協定に上限で3兆円も出すべきではありません。

スワップ協定はバラマキではありませんが、これで増税するというのは国民として納得できん!(怒)

■ 野田前首相、軽減税率を批判 「天下の愚策」、消費税巡り

『衆院会派「無所属の会」の野田佳彦前首相は20日の読売テレビ番組で、安倍政権が来年10月の消費税率10%への引き上げに伴い導入するとしている軽減税率を批判した。「天下の愚策だ。恩恵を受けるほとんどは低所得者ではない。逆進性対策の目的から逸脱している」と述べた』とのことですが、確かに軽減税率は愚策。

しかし、そもそも消費税引き上げの言いだしっぺであり、消費増税の法案を通した張本人が野田なのだから、批判する資格は全くなし!

■ 余命告知なく死亡 賠償求め病院を提訴

『乳がんで死亡した大分市内の女性=当時(57)=の遺族が、余命1カ月との診断結果を医師から告知されなかったため「残された時間を充実して過ごせなかった」などと主張し、通院していたアルメイダ病院(同市)を運営する市医師会と主治医に慰謝料など3190万円を求めて大分地裁に提訴したことが19日、関係者への取材で分かった。遺族は「家族の大事な時間を奪われた」と訴えている』とのことですが、余命1カ月との診断結果を本人にも家族にも告知しなかったという病院側のミスはあったのかもしれませんが、このことに対して慰謝料を請求するというのは、言葉は失礼ですが、タカリ屋に見えてしまいます。

まして記事を読むと、転移して抗がん剤を使っていたことを家族が分かっていたようですから、それならば家族が医師または看護師に対して尋ねるべき。

それすらせずに、亡くなってから慰謝料提訴というのは、絶対に違うと思います。
posted by babiru_22 at 06:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする