2018年10月12日

『特権キャリア警察官 日本を支配する600人の野望』時任兼作




 日本社会に巨大な情報力と実行部隊を抱える「警察庁」が今変容し、劣化しつつある。有能、かつ万能とされる警察キャリアの「出世の階段」、人事をめぐる暗闘、都道府県警察の罪と罰、伝説と栄光のキャリア官僚などを紹介する。

 全国47都道府県、30万人の警察官を指揮する「頂点の600人」=警察キャリア官僚。「踊る大捜査線」シリーズで言えば柳葉敏郎演じる室井慎次だ。東大、京大など超一流大学を卒業し、難関の「国家公務員総合職」試験を突破し、選び抜かれた十数名だけが採用されるエリート中のエリート。都道府県警の捜査二課長など要職を歴任し、県警トップなどを経て、一握りの者が警視総監、警察庁長官のポストにたどり着く。そのエリートたちの仕事ぶり、年収、待遇、天下り先、出世の階段など赤裸々な実態を初めて明かす。さらに、ここ数年続発する警察キャリアの女性問題、株取引、大量に流布された怪文書など、目を覆うような不祥事。「実働部隊」となる全国30万人の現場警察官から吸い上げる膨大な情報をもとに、首相官邸など政府中枢でますます大きな権力を握り、「日本を支配する」とまで言われる警察官僚はいま、どこへ向かっているのか。

 本書は、警察組織において特権的な存在である「警察庁キャリア」の実像を詳述したノンフィクション。人事に関することが中心で、組織の図式は分かりやすいものの、もう少し警察官僚の実情を掘り下げてほしかったです。

【満足度】 ★★★
posted by babiru_22 at 17:54| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(10/11)

■ 年金制度見直し 高齢者の就労長期化や自助努力促進も 厚労省

『5年に一度行われている公的年金制度の見直しで厚生労働省は、高齢者の働く期間の長期化や多様な働き方を反映する制度にする一方、高齢者の自助努力の促進も図るとした、見直しの方向性を初めて示しました』とありますが、厚労省の考える見直しでは、若者は更に年金を払わなくなるのでは?

年金制度そのものが、

ほぼ崩壊

しているのだから、見直しというよりも、一度ガラガラポンして新たな制度を作るべきだと思います。

■ 外国人労働者、永住も可能に…熟練技能を条件

『骨子では、特定の分野について「相当程度の知識または経験を要する技能」を持つと認めた外国人労働者に、新たな資格「特定技能1号」を与えるとした。3年間の技能実習を終えるか、日本語と技能の試験の両方に合格すれば資格を得られる。在留期間は最長5年で、家族の帯同は認めない。技能実習生(在留期間最長5年)がこの資格を取得した場合、日本で最長10年間働けるようになる』とのことで、家族の帯同を認めないという点は良いとは思います。

ただ、永住許可を取り消せても、そのまま日本に滞在し続けるケースが後を絶たないだけに、基準を徹底して行ってほしいです。

■ 携帯料金値下げ 毎月5,000円程度に

『携帯料金の家計負担をめぐり、政府は、現在月8,000円程度の大手携帯会社の料金を月5,000円程度にまで引き下げるよう、促す方向であることが、テレビ東京の独自の取材で分かりました』とありますが、政府が介入できるんですかね?

そしてプランの変更で料金は安くすることも可能ではありますから、携帯各社に分かりやすいプラン提供を出すよう行政指導はしてもいいでしょうが、政府にはあまり期待できないんですけどね。。。
posted by babiru_22 at 05:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする