2018年10月17日

『ポストカプセル』折原 一

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ポストカプセル [ 折原一 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2018/10/17時点)

楽天で購入



 ラブレターが、遺書が、脅迫状が、礼状が、文学賞の受賞通知が、15年遅れで届いたら? 心温まるはずの善意の企画の裏に、驚愕の真相が…。騙りの名手によるミステリー。『小説宝石』掲載に書下ろしを加えて単行本化。

 市川大輔は取引先の受付嬢である片岡有美に結婚を申し込むべく、意を決して手紙を書いた。指定した時間に待ち合わせの場所に行ったのだが、有美は現れず、たまたまそこに居合わせた同僚の武藤奈々子と食事に行き、なるようになってしまった。一方、手紙を受け取った有美は、指定の時間に待ち合わせ場所に行ったのだが、市川は現れなかった。それもそのはず、有美が手紙を受け取ったのは、15年後のことだったのだ……。

 本書は、連作となっているミステリ集で、結婚を申し込み返事を聞くために会う日時、場所を伝える手紙、人を殺して自殺するという遺書、脅迫状や文学賞受賞通知など、それぞれの受取人、送り主の戸惑い、喜怒哀楽と歳月の重みが織りなす人間模様が描かれる叙述ミステリ集。一見、それぞれの短編集と思いきや、線で繋げるのは著者らしい叙述ミステリでもあり、ラストまでの展開も折原ワールドといえる独特の展開で、二転三転するトリックも楽しめました。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 16:48| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(10/16)

■ 在日米軍基地、韓国人の立ち入りを厳格化 事前審査を義務づけ

『在日米軍は規制の理由を明らかにしていないが、在韓米軍基地を訪れる日本人には事前審査は義務づけられていない。このため、今回の規制は今年4月の南北首脳会談以降、北朝鮮との融和に傾斜する韓国の国内に紛れ込んだ北朝鮮の情報機関工作員が米軍基地に侵入するのを警戒した措置である可能性がある』とのことですが、

工作員

の可能性は否定できませんから、この対応は当然とも思います。

■ パラ選手のポスターに「配慮欠く」と批判 都が撤去

『東京都が、再来年の東京パラリンピックを盛り上げるためのイベントに合わせて東京駅などに掲示したポスターの一部に対し、障害者への配慮が欠けているなどという意見が相次いだことから、都は16日までにポスターを撤去しました。(中略)このうち、パラバドミントンの杉野明子選手のポスターには「障がいは言い訳にすぎない。負けたら、自分が弱いだけ」と記されていましたが、インターネットや電話を通じて「障害者への配慮が欠けている」などという意見が相次いだということです』とのことですが、選手本人が言っている言葉なのだから、これを「障害者への配慮が欠けている」と見る方が偏見では?

むしろ配慮に欠けているのはクレームしている人達だと思いますが、世知辛い世の中ですね。。。

■ サウジ不明記者は「尋問中に手違いで死亡」 CNN報道

『サウジアラビア政府を批判してきた同国籍の著名ジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏が、トルコ・イスタンブールのサウジ総領事館に入館後に行方不明になっている問題で、米CNNは15日、サウジ政府が尋問中に手違いで死亡させたとする報告書を準備していると伝えた』とのことですが、手違いって何なんだ?

そしてアメリカはこの説明で納得するのだろうか?
posted by babiru_22 at 06:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする