2018年10月18日

『文房具の解剖図鑑』ヨシムラマリ/トヨオカアキヒコ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

文房具の解剖図鑑 [ ヨシムラマリ ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2018/10/18時点)

楽天で購入



 なぜ、使いやすいのか? 鉛筆、消しゴム、ボールペン、ノート、スケッチブック、カッターナイフ…。普段使いの文房具の仕組み・形・生い立ちを、楽しくわかりやすい豊富なイラストとともに解説する。

 雑誌の文房具特集を開けば、アイデアステーショナリーや、デザイン性の高いプロダクト、高級ブランド品などの情報は数多目にしますが、普段使いの文房具の本質や構造、歴史を紹介した本はなかなか見当たりません。本書ではそれら身近にある文房具の「仕組み」「仕掛け」「物語」をユーモラスなイラストで徹底図解!!もちろん誰もが知っている定番品から、最新の技術や素材を使った優れモノまで、実際の製品が多数登場。文房具を使うすべての人が楽しめる1冊です!!

 本書は、文房具の仕組み、形、生い立ち、使い方を、楽しく分かりやすい豊富なイラストと共に図解で紹介したもの。文房具のエピソードなどは知っていることが多く、目新しさは特に感じず、解剖図鑑というタイトルから、かなり細かな内容を期待していただけに、内容的には物足りなかったです。

【満足度】 ★★★
posted by babiru_22 at 16:28| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(10/17)

■ 増税対策、現金配布案浮上 「田舎の魚屋、クレカない」

『来年10月に予定される消費増税に伴う負担軽減策として、商品券や現金を配る案が政権内で浮上してきた。政府は中小小売店で「キャッシュレス決済」をした買い物客にポイントを還元する対策を検討中だが、その効果を疑問視する声が相次いでおり、より手っ取り早い現金給付案が広がりつつある』って、政府って

底なしの馬鹿

しかいないのか?(呆)

増税して、現金や商品券をバラまくとか、これは愚策でしかなく、本末転倒!

これでは何のための増税なんだ!と言いたいですし、そもそも増税するより減税対策の方が景気や経済にプラスになるのに、反対のことしかしないとか、財務省の言いなりにしかできないのか?(怒)

■ 東京都 五輪・パラに向け都市ボランティアの募集活動を強化

『東京大会の都市ボランティアは、大会の期間中に競技会場と最寄り駅の間や主要な観光地などで交通や観光の案内を行いますが、募集開始から今月5日までの10日間の応募は2万人程度の募集に対し、個人とグループの合わせて3426件にとどまりました。その一方で、競技会場や選手村などで運営に直接関わる大会ボランティアは、同じ期間で8万人の募集に対して応募が3万人を超えたことから、東京都は都市ボランティアの募集活動の強化を始めました』とありますが、最終的にどれだけのボランティアが集まるのでしょうね?

無償ボランティアを集めるのはいいですが、大会組織はその意味をPRしきれていませんし、何だか大会組織が安易に考えすぎていて、計画性も杜撰だということばかりが目に付くだけに、募集活動を強化といっても、対応が甘すぎるように見えますね。。。

■ 認知症で入院中に転倒し後遺症、病院に賠償命令 熊本地裁

『熊本市で2013年、認知症で入院中に転倒し、全身まひの障害を負った熊本県菊陽町の男性(95)らが病院側に約3890万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、熊本地裁は17日、約2770万円の支払いを命じた』とのことですが、この熊本地裁の判決は理解できません。

これがまかり通るようでは、認知症患者を病院は受け入れなくなる場合もあります。

転倒しても拘束しても病院側だけが責任を問われるとか、どう考えてもおかしいですし、司法があまりにも世間から離れすぎだ!(怒)
posted by babiru_22 at 06:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする