2018年10月30日

『風は西から』村山由佳

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

風は西から [ 村山由佳 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2018/10/30時点)

楽天で購入



 大手居酒屋チェーンの店長・健介が突然、自ら命を絶った。彼はなぜ、死ななければならなかったのか? 恋人の千秋と健介の両親は、大企業を相手に闘うことを決意し…。『上毛新聞』『神奈川新聞』等掲載に加筆し単行本化。

 大手居酒屋チェーン「山背」に就職し、繁盛店の店長となり、張り切って働いていた健介が、突然自ら命を絶ってしまった。大手食品メーカー「銀のさじ」に務める恋人の千秋は、自分を責めた……なぜ、彼の辛さを分かってあげられなかったのか。なぜ、彼からの「最後」の電話に心ない言葉を言ってしまったのか。悲しみにくれながらも、健介の自殺は「労災」ではないのか、その真相を突き止めることが健介のために、自分ができることではないか、と千秋は気づく。そして、やはり、息子の死の真相を知りたいと願う健介の両親と共に、大企業を相手に戦うことを誓う。小さな人間が秘めている「強さ」を描く、社会派エンターテインメント。

 本書は、希望に満ちて入社した会社が、実はとんでもないブラック企業で、追い詰められた挙句に自殺という選択をしてしまう27歳の健介と、自分の仕事も懸命にこなしながら、企業側の責任を厳しく問う健介の恋人・千秋を中心とした物語。その物語は、某大手居酒屋チェーンの過労死事件をなぞるかのような内容で、リアリティのある作品でもありました。ただしフィクションだからこそ、もう一段深く掘り下げてほしかったです。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 19:23| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(10/29)

■ 徴用工訴訟 あす韓国最高裁判決 賠償命令なら日韓関係打撃

『原告側弁護士は今月二十四日、記者団に賠償命令が出た場合はただちに資産差し押さえの請求手続きに入ると表明。和解も視野に入れつつ、国内資産がない場合は国外資産の差し押さえも検討する構えをみせている』とありますが、韓国国内の法律が世界に通用すると思っているところが

クレイジー

すぎて、言葉もありません。。。(呆)

どうやったら国外資産の差し押さえができるのでしょうね?(呆)

■ メルケル氏、与党党首辞任へ=首相は21年まで続投、州議選連敗−ドイツ

『複数の独メディアは29日、ドイツのメルケル首相が、州議選での連敗の責任を取り、与党・キリスト教民主同盟(CDU)の党首を退く意向を党幹部に伝えたと報じた。12月の党首選への立候補を断念する。ただ、首相職については2021年の任期満了まで続投し、その後議員を引退する考えだという』とのことですが、責任取って党首は辞任するけど、首相は任期満了まで続けるとか、さすがはメルケル。(笑)

あまりにも底が浅すぎますね。。。(呆)

■ 裁判長も「あきれた」…元神戸市議に有罪判決

『約690万円の政務活動費(政活費)をだまし取ったとして詐欺罪に問われた元神戸市議の橋本健被告(38)に対し、神戸地裁は29日、懲役1年6月、執行猶予4年(求刑・懲役1年6月)の判決を言い渡した。川上宏裁判長は「私欲のために制度を悪用しており、コンプライアンス意識の低さにはあきれざるを得ない。政活費を遊興費などに使い、多額の損害を与えた結果は重大」と指摘した』とありますが、さて今井絵理子参院議員はどうするんでしょうね?

議員辞職すべきです!
posted by babiru_22 at 06:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする