2018年11月30日

『歪んだ波紋』塩田武士

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

歪んだ波紋 [ 塩田 武士 ]
価格:1674円(税込、送料無料) (2018/11/30時点)

楽天で購入



 新聞、テレビ、週刊誌、ネットメディア…情報のプリズムは、武器にもなり、人間を狂わす。そして、「革命」を企む、“わるいやつら”が、いる。「誤報」にまつわる5つの物語。『小説現代』掲載に書き下ろしを加え書籍化。

 「誤報」にまつわる5つの物語。新聞、テレビ、週刊誌、ネットメディア…昭和が終わり、平成も終わる。気づけば私たちは、リアルもフェイクも混じった膨大な情報に囲まれていた。その混沌につけ込み、真実を歪ませて「革命」を企む“わるいやつら”が、この国で蠢いている。松本清張は「戦争」を背負って昭和を描いた。塩田武士は「情報」を背負い、平成と未来を描く。全日本人必読。背筋も凍る世界が見えてくる。

 本書は、誤報をテーマに、現役の新聞記者、定年や結婚で新聞社を退職した元記者らを主人公にした5編の連作集。物語では、新聞社やテレビ局のフェイクニュース、ネット上にあふれる匿名の言論…など、誤報を入り口に、現在のメディアが抱える問題が浮かび上がらせ、メディアに関わる人間の倫理観の欠如についても追及しています。情報社会の怖さもうまく表現されており、小説ではあるものの、メディアに一石を投じる作品であるとも思います。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 18:12| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(11/29)

■ 韓国、元挺身隊訴訟で三菱重工業に賠償命令

『韓国最高裁は29日、太平洋戦争中に三菱重工業に動員された元朝鮮女子勤労挺身隊員の韓国人女性ら5人が同社を相手に損害賠償を求めた訴訟の上告審で、賠償支払いを命じる判決を言い渡し、同社の敗訴が確定した』って、ここまで馬鹿げたことやるなら、もはや

国交断絶

の切り札こそ日本政府は出す番です!

ちなみに賠償命令出しても、それをしなければならないのは韓国政府ですからね〜。

■ 韓日の政府と企業で徴用被害補償の財団を 与党主催討論会で新提案

『「この案は日本政府と企業の(賠償・補償金)拠出を前提としたものでなく、現実的に日本政府が拠出する可能性はない」としながらも、日本企業が拠出する可能性を念頭に、日本政府が反対できないようにする戦略が必要と説いた』とのことですが、タカるために、設立して解散して、更におかわりとか、もうバカ過ぎ!(怒)

こんな馬鹿げた提案に日本が乗るわけがないのに、バカ丸出しすぎて論外ですね。。。(呆)

■ 「LINEが勝手にインストールされた」Windows 10の“おせっかい機能”不評

『日本マイクロソフトによるとWindows 10には、国や地域のニーズに合わせたおすすめのアプリを、ユーザーへの通知や許諾なしで自動でインストールする機能が付いており、この秋の大型アップデートでは、LINEや「3D Viewer」などが対象になったという。このため、秋のアップデートを適用したWindows 10ユーザーのPCで、「身に覚えのないLINEアプリがいつの間にかインストールされている」という事態が起きたのだ』とのことで、これでは自動更新の度に一気にPCを重くしてますね。

Win10のデメリットを色々と知ってるだけに、自分のPCは未だにWin7ですが、10にはできないなァ。。。
posted by babiru_22 at 07:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月29日

『マインドコントロールマーケティング!』星野卓也




 TVショッピングや巷の爆発的ヒット商品にも使われている「思わず買ってしまう!」消費者心理を巧みに突く画期的ノウハウを全公開。面白いほど、あなたの描いたシナリオ通りにお客が動く!

 冬のソナタからiPodまで、爆発的ヒット商品にも使われている「思わず買ってしまう!」消費者心理を巧みにつく画期的ノウハウ。一般には知られることのない、そのテクニックを全公開。

 本書は、サブタイトルに「TVショッピングの仕掛け人が明かす9つの心理操作テクニック」とありますが、究極のマーケティング手法を紹介したもの。13年前の本ですから、実例に古さは感じるものの、マーケティングテクニックは古さを感じず、むしろ新鮮でした。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 18:10| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月28日

『マンモスを再生せよ ハーバード大学遺伝子研究チームの挑戦』ベン・メズリック




 ヒトゲノム計画を発案した天才ジョージ・チャーチ率いる世界一の遺伝子ラボ。そこへ、中国の若き頭脳、「氷河期パーク」を夢見るロシア人、遺伝子編集の野生児らが結集し…。マンモスを蘇らせる、一大プロジェクトの全貌!

 ヒトゲノム計画の発案や「次世代シーケンサー」の開発など、遺伝子革命を牽引し続けてきた天才、ジョージ・チャーチ教授。ハーバード大学にある彼の研究室には世界中から若き知性が集まり、日夜、生物学を一変させるような研究を進めている。そんなチャーチ教授のもとにかかってきた一本の電話と、「氷河期パーク」を夢見る孤高のロシア人研究者との出会いによって、マンモス復興プロジェクトが始動。そして4人の若者が集められた。サンプル採取、DNA分析、遺伝子操作……。ペイパル創業者ピーター・ティールも巻き込みながら、研究チームは最先端の科学を総動員し、「頭脳ゲーム」のような難題に次々と挑んでいく。すべては3000年前に絶滅した“命”をよみがえらせるために……。

 本書は、前代未聞の科学プロジェクトの全貌と、生命の常識を覆す衝撃のノンフィクション。ハーバード大学医学部の教授にして、遺伝学界の“巨人”であるジョージ・チャーチの研究室の精鋭チーム(当初はわずか5名、現在はさらに少ない3名)が、北極圏の永久凍土から発掘されたマンモスのDNA配列をもとに、アジアゾウをマンモスにするプロジェクトでもありますが、そのプロジェクトの戦略過程、ゲノム工学技術、膨大な数のテスト実験……と今現在このプロジェクトがどこまで進んでいるのかも興味がありますし、とにかく刺激的なノンフィクションでした。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 18:19| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(11/27)

■ 河野外相「きちんとした答えを持ってこない限り来日されても困る」

『日本の河野太郎外相は26日、韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部(省に相当)長官が先日、韓日の外交上の懸案をめぐって協議するため訪日する可能性もあると言及したことに関して、「きちんとした答えを持ってこないかぎり来日されても困る」と話したことが分かった』とのことですが、外相として当然の対応です。

ズバリ

金返せ!

と言ってもいいと思いますし、話し合いで解決したことなのに、その約束さえ守れないのだから、ハッキリと国交断絶も口にすべきです。

■ 関西生コン支部8人逮捕へ 威力業務妨害容疑 滋賀県警

『滋賀県大津市内の大手住宅メーカーの施工現場で、現場責任者らに因縁をつけて工事を妨害したとして、滋賀県警が27日にも威力業務妨害の疑いで、全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部(関生支部)の幹部ら8人を逮捕する方針を固めた』とありますが、すでに逮捕者が34名になるというのに、なぜマスコミは辻元議員や福山議員に取材をしないんだ?

ここまで逮捕者を出してる組織と政治的関連こそトップニュースとして大きく報道すべき!

■ 認知症の父親置き去り疑い、神戸 高速PAに、46歳娘逮捕

『兵庫県警有馬署は26日、認知症気味の父親(79)を神戸市の中国自動車道のパーキングエリア(PA)に置き去りにしたとして、保護責任者遺棄の疑いで大津市、無職田中■子容疑者(46)を逮捕した。同署によると「自分が面倒を見るより、警察に保護してもらって施設に入った方がいいと思った」と容疑を認めている』とのことですが、世も末ですね。。。(呆)

行政相談するなり、然るべき対応を自ら取るならともかく、他人の迷惑を考えず、自分の父親を姥捨て山のようにするとか、よくこんな鬼畜のようなことができるかと思いますが、どのように対処すべきかぐらい自分で調べろ!と言いたい。
posted by babiru_22 at 05:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月27日

『学びを結果に変えるアウトプット大全』樺沢紫苑

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

学びを結果に変えるアウトプット大全 [ 樺沢 紫苑 ]
価格:1566円(税込、送料無料) (2018/11/27時点)

楽天で購入



 仕事や勉強をアウトプット中心に切り替えるだけで、自己成長は飛躍的に加速し、計り知れない能力を発揮できる。日本一情報を発信する精神科医が、脳科学に裏付けられた伝え方・書き方・動き方を紹介する。

 「自分の意見をうまく伝えたい」「交渉や営業が得意になりたい」「いいアイデアが浮かぶようになりたい」「仕事や勉強の成果をもっと出したい」こんなふうに思っている方は多いのではないでしょうか。実は、たくさん本を読んだり、セミナーを受講したりして「インプット」しても、「アウトプット」の方法を間違えていると、自己成長することはできません。なぜならば、それが脳の仕組みだからです。本書では、「日本一アウトプットをしている精神科医」である著者が、数万時間を越える「アウトプット経験」をもとに確立した、圧倒的に結果が出る「アウトプット術」。そのすべてをお伝えしていきます。

 本書は、インプットとアウトプットの方法については勿論ですが、生活にも活かせるアウトプットについてが書かれていて、インプットとアウトプットの比率は3:7が理想的と書かれていましたが、殆どの人はインプットはしても、アウトプットができていないでしょうし、そのアウトプットがなぜ必要なのかが書かれています。個人的には、こうした書評を約25年続けていて、この他にもブログやSNSなどでの発信と、知らず知らずのうちにアウトプットが出来ていたことにも気付かされました。これまでアウトプットに重点を置くということは考えていませんでしたが、これからはアウトプットを更に重視していきたいものですし、学ぶだけではなく、それを実践することの大切さを改めて気付かせてくれるもので、自身の勉強にも非常に役立ちました。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 18:42| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(11/25)

■ 韓国の国会議員団 また竹島上陸

『慰安婦問題や太平洋戦争中の「徴用」をめぐる問題で日韓関係が冷え込む中、先月に続いて、韓国の超党派の国会議員団が、26日午前、島根県の竹島に上陸しました』とのことで、このような

敵対行為

ばかりを繰り返すのだから、もはや国交断絶以外にありえません!(怒)

抗議をしても聞く耳すら持たないのが韓国政府でもあるのだから、実力行使による制裁措置を断固取るべきです。

■ 辺野古県民投票、来年2月24日投開票で調整

『沖縄県が、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設の賛否を問う県民投票の投開票日を来年2月24日とする方向で調整していることが26日、分かった。複数の関係者が明らかにした。玉城(たまき)デニー知事が近く表明する見通し』って、これこそ税金の無駄遣い。

そもそも国と国の合意のことですから、県民投票の結果がどうであれ、政府は粛々と進める他ありませんし、そんなに普天間を固定したいのだろうか?とも思いますね。。。

■ 免許証に元号と西暦併記へ…希望者多く方針転換

『警察庁は、運転免許証の有効期限の表記について、元号と西暦の併記とする方針を固めた。システム改修を終えた都道府県から新しい免許証に切り替える』とありますが、これはいいんじゃないですかね。。。

無理に統一すべきでもありませんし、一番分かりやすくて良いことだと思います。
posted by babiru_22 at 07:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月26日

『万屋大悟のマシュマロな事件簿』太田忠司




 一人娘が所属するローカルアイドルグループに脅迫状が届いた。「鬼の万屋」の異名を誇った元SPで、警備会社社長の万屋大悟が、愛する娘に近づく有象無象と謎を蹴散らすべく立ち上がる!

 市後市のローカルアイドルグループ「marshmallow15」に脅迫状が送られた。警護を引き受けたのは、万屋大悟。市内で警備会社を営む社長であり、「marshmallow15」のメンバー・知織の父親でもある。親バカを発揮して職権を乱用しまくりつつ、様々なトラブルと事件を解決する大悟。年頃の娘とは、ちょっと微妙な距離感を保ちつつ、謎に立ちむかう。それぞれの事件を通して見えてくる少女達の強い想いと、父娘の絆。そして脅迫状の犯人と驚きの真相とは……!?

 物語は、アイドルの舞台裏に絡んだライトミステリ。著者のミステリは久々に読みましたが、読みやすさは勿論ですが、登場人物の設定もリアルで、主人公と表紙の俳優エンケンさんとがイメージできて、ドラマを見ているような感覚で読むことができましたが、実際にドラマ化してほしい作品です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 18:07| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月25日

昨日の出来事(11/24)

■ 日韓関係:慰安婦財団解散 自民が非難決議「強い憤り」

『自民党の外交部会などの合同会議は22日、韓国政府が慰安婦問題に関する日韓政府間合意に基づき設立した「和解・癒やし財団」の解散を発表したことについて「極めて不誠実で断じて容認できない」と非難する決議案を了承した。近く外務省に決議書を提出する。国会での非難決議採択を目指して、他党と協議する方針も決めた』とありますが、これまでにも幾度と抗議や話し合いをしてきても、全く聞く耳すら持っていないのが韓国側でもありますから、非難決議よりも相手に対して行動で示すべきで、そのためには

国交断絶

しかありえません!

そこまでやらなければ、いつまで経っても日韓関係の問題は解消することはありませんし、それを韓国に教えることが日本政府としての優しさです。

■ 大阪万博主催へ新組織発足…20年までに計画書

『2025年国際博覧会(万博)の大阪開催が23日(日本時間24日未明)、パリで開かれた博覧会国際事務局(BIE)総会で決まったことを受け、政府関係者は、万博を主催する新たな組織を近く発足させることを明らかにした』とのことですが、東京五輪のようにグダグダになりそうな気も。。。

しっかりとした計画を立ててほしいところですが、インバウンド対策などだけでも大丈夫ですかね?

■ 電動車椅子で飲酒ダメ? 「誤操作恐れ」 警察庁呼び掛け

『電動車椅子を利用中の飲酒を巡る警察の対応について、障害者団体が抗議を寄せている。警察庁が「操作を誤らせる恐れがある」などとして禁止を呼び掛けているためだ。団体は「不当な差別だ」として改善を要望。道交法上、車椅子は歩行者扱いだが、普及に伴って事故も増えており、識者の間でも見解が割れている』とありますが、そもそも自転車も飲酒して運転すれば飲酒運転になりますから、車椅子も同様の対応にすべきで、これは差別ではなく、平等で考えると当然の措置です。

「飲酒運転を止めよう!」というならともかく、これを差別と言うのはいかがなものかと思います。。。
posted by babiru_22 at 06:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月24日

『秘島図鑑』清水浩史

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

秘島図鑑/清水浩史【1000円以上送料無料】
価格:1728円(税込、送料無料) (2018/11/24時点)

楽天で購入



 遠く離れた小さな島々から、今の日本が見えてくる! 日本全国7000の島々から、日本人が行けない「秘島」33を厳選して紹介。行けない島を身近に感じるための「実践編」も収録。

 秘島とは日本の「超」孤島。無人島で交通手段もない厳選33の秘島から、今の日本が見えてくる! 島の忘れられた歴史から、国境問題・海洋資源の問題まで、本邦初の「行けない島」ガイド!

 本書は、行けない島、知られざる島だからこそ、村史などを地道に調べて、20年かけて作った「行けない島」のガイドブックで、遠く離れ、アクセスできない、住民がいない、知られざる歴史を秘めている…そんな要素のある日本国内の「秘島」を選び、航空写真と短い文章で紹介した一冊。写真と簡単な解説のみと、とてもシンプルな中身ではありますが、全てが行きたくとも行くことができない「秘島」ばかりで、悲しい歴史やアホウドリの乱獲、米軍の演習場になり自然破壊が進んでいたりと、それぞれ秘島ならではのエピソードもあり、ブックガイドとしても秀逸です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 17:01| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(11/23)

■ 「韓国、国家としての体をなしていない」…自民党がまた暴言

『自民党の「日本の名誉と 信頼を回復するための特命委員会」の委員長を務める中曽根弘文元外相はこの日の合同会議で、韓国について「国家としての体をなしていない」と度を越えた発言をした。これに先立ち自民党は先月末、韓国最高裁の強制徴用判決後に開かれた会議でもこうした発言をしている。当時の会議出席者らは韓国最高裁の判決内容をめぐり「韓国は国家としての体をなしていない」という発言をし、これを日本メディアが報道した』とありますが、これは暴言ではなく

事実です!

国家間の約束事を平気で破ること自体、国家としての体をなしていませんし、正論を暴言と受け取ること自体、国家としての体はなしていませんね。。。(呆)

■ 消費増税対策 ポイント還元は5% 9か月間で検討 首相

『安倍総理大臣は、来年10月に予定される消費税率の引き上げに伴う景気対策の一環として、クレジットカードなどのポイント還元について、還元率を5%とし、2020年の東京オリンピック・パラリンピックまでの9か月間、実施することを検討する考えを示しました』って、システム的に間に合わないのでは?

そもそも政府主導で国民をポイントで釣ろうと考えること自体がダメであり、これでは何のための消費税引き上げなのか本末転倒です。

ここまでするよりも、消費税引き上げをしないことの方が経済的にも財政的にもいいのですが、財務省にいいようにやられてますね。。。(呆)

■ シュライバー国防次官補、民兵漁船「中国海軍と区別しない」

『シュライバー氏は、「尖閣諸島は日本の施政権下にあり、日米安全保障条約(第5条に基づく米国の対日防衛義務)の適用対象であり、米国は同盟国として日本を支えていく」と言明した上で、「中国船の船体の色(が海軍の灰色か海警局の白色か)よりも、これらの船の任務や目的が何かに関して最大の懸念を抱いている」と指摘した』とのことで、シュライバー国防次官補、グッジョブ!

中国に対しての最大の抑止にも繋がる発言ですし、この対応は歓迎です。
posted by babiru_22 at 06:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月23日

『パラレルワールド』小林泰三

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パラレルワールド [ 小林泰三 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2018/11/23時点)

楽天で購入



 お父さんとお母さんと3人で仲良く暮らすヒロ君。でも、お母さんにはお父さんが見えなくて…。不可思議な世界と、家族・少年の成長の物語。『Webランティエ』連載等を加筆修正し単行本化。

 若い夫婦と5歳の一人息子が、地震と洪水が重なった大災害に襲われる。その時、一方の世界ではお父さんが亡くなりお母さんが生き残った。もう一方の世界ではお母さんが亡くなりお父さんが生き残った。息子のヒロ君はこの2つの世界を同時に生きていた。大災害で崩壊した家族を蘇らせるためにヒロ君は…。

 本書は、2つの世界に生きる少年の姿をミステリーを絡めて描く物語。設定自体は分かりやすかったものの、後半に進むに従って、展開も複雑になり、折角の設定が一部活かされていないところもあったため、いい作品とは思うものの物足りなさと多少の違和感を感じました。

【満足度】 ★★★
posted by babiru_22 at 16:23| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(11/22)

■ 韓国政府「慰安婦合意、破棄・再協議要求せず…日本の誠意ある努力に期待」

『「3年前の日韓合意は最終的かつ不可逆的な解決だ」とし「日本は国際社会の一員としてこの約束を誠実に履行して来た。韓国には国際社会の一員として責任ある対応を望みたいと思う」と述べた』って、言ってることとやってることが

滅茶苦茶

で、韓国政府のやってることは、日韓合意を破棄する行為だと気付こうとすらしないなら、やはり国交断絶するべきですね。

■ 米検察、三菱UFJを捜査か=北朝鮮に絡む資金洗浄の疑い−NY紙

『米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は21日、北朝鮮が絡むマネーロンダリング(資金洗浄)に関与した疑いで、米連邦検察当局が三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)を捜査していると報じた。ただ、北朝鮮がMUFGを通じて資金洗浄を行った証拠を当局が握っているかどうかは明らかでないとしている』とのことですが、検察当局は昨年末、MUFGに召喚状を送付していたのだから、無視し続けたということでしょうから、かなり悪質でもありますね。

金融機関としてマネーロンダリングの利用されたということでしょうが、見方によってはMUFGが北を支援していたと見られても仕方のないことをやったということでしょうから、かなりやばい案件になるのでは?

■ 「娘落第…寄付金3000万円返して」父が岩手医大を提訴 大学側は争う姿勢

『訴えによると、次女は5年生だった2014年度末の進級試験で落第。大学から「成績が悪かったのではなく、寄付金の振り込みが遅れたからだ」と指摘を受けて15年3月末、大学に1000万円を送金した。しかし進級は認められず15年11月、それまでに寄付した全額を返還することで医学部長らと合意したという。父親の代理人弁護士によると、次女が10年4月に入学する際、大学は6年間に計3000万円以上を寄付するよう求める文書を送付。父親は11年11月までに2000万円を寄付していた』とありますが、これ原告の言ってることが事実であれば、岩手医大はやらかしたことが完全に詐欺でしょうよ。

というか、マスコミは岩手医大を取材して事実確認するべき!
posted by babiru_22 at 07:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月22日

『骨を弔う』宇佐美まこと

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

骨を弔う [ 宇佐美 まこと ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2018/11/22時点)

楽天で購入



 骨格標本が発掘された、という新聞記事を見つけた豊は、小学生時代、仲間と山中に骨格標本を埋めたことを思い出す。ある確かな手触りから「あれは本当に標本だったのか」との思いを抱き、かつての仲間に会いに行くが…。

 骨格標本が発掘されたことを報じる地元紙の小さな記事を見つけた家具職人・豊は、数十年前の小学生時代、仲間数人で山中に骨格標本を埋めたことを思い出す。しかし、それは記事の発掘場所とは明らかに異なっていた。同時に、ある確かな手触りから「あれは本当に標本だったのか」との思いを抱いた豊は、今は都内で広告代理店に勤務する哲平に会いに行く。最初は訝しがっていた哲平も、ふと、記憶の底に淀んでいたあることを口にする。リーダー的存在だった骨格標本埋葬の発案者・真実子の消息はわからないまま、謎は思いも寄らぬ方向に傾斜していく。

 物語は、田舎の幼馴染の男女5人が、冒険気分で山中に埋めた骨格標本は本当の骨だったのではないか…と、過去の記憶を振り返り、今の自分に向き合いながら知る真実と回収される伏線を描いたミステリ。ラストのドンデン返しは思わず笑ってしまいましたが、読み応えある作品です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 18:04| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(11/21)

■ 韓国野党議員「欧州首脳、米官僚に『文大統領はおかしな人』」

『韓国野党「自由韓国党」の金武星(キム・ムソン)議員が「欧州のある首脳が米国高位官僚に『文在寅(ムン・ジェイン)大統領はおかしな人だ』と吐露した」と主張した。20日、国会議員会館で北核外交をテーマに開かれた討論会「討論未来代案探し」でのことだ。金議員はこのように述べて「北朝鮮だけを見る片目の対北政策で一貫する文大統領に、目を覚ませと言いたい。大韓民国大統領が国際社会の嘲弄の的になった」と指摘した』とのことですが、その大統領を選んだのが韓国国民ですからね。。。

『文大統領はおかしな人』と思われても仕方のないことばかりを繰り返していますから、いわば

恥の上塗り

でもありますが、恥という概念がないようですからね。。。(呆)

■ 逮捕前、日産とルノーの経営統合を計画…英紙

『英紙フィナンシャル・タイムズ(電子版)は20日、日産自動車と仏自動車大手ルノーの会長を務めるカルロス・ゴーン容疑者が逮捕前に両社の経営統合を計画していたと報じた。日産の取締役会は反対し、阻止する手段を模索していたという』とありますが、このゴーン氏逮捕の裏側は様々な思惑が働いてますね。

日本のマスコミ報道を鵜呑みにしては、真相は謎のままでしょうが、いわば日産内でのクーデターでもあり、内部はかなりのドロドロしているでしょうね。

■ 障害者:車いすでワイン試飲「拒否不当」 百貨店を提訴

『訴状によると、男性は8月、手動車いすで西武池袋本店(東京都豊島区)地下1階の酒売り場を訪れた。ワインを1杯1000円程度で試飲できるコーナーで、計2000円を支払って2杯目を飲んでいると、店員の一人に「車イスおよび電動車イスでご来店のお客さまの試飲は、ご容赦ください」と書かれた紙を渡され、試飲をやめるよう求められた。男性は深酔いしておらず、理不尽だと感じて抗議したが対応は変わらなかった』とありますが、最初の時点で断っておくべきで、この点は西武池袋本店の対応にも問題がありますが、提訴するようなことではありません。

試飲を断られて170万円の損害賠償を求めることはいかがなものかと思います。。。
posted by babiru_22 at 07:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月21日

『平凡な革命家の食卓』樋口有介

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

平凡な革命家の食卓 [ 樋口有介 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2018/11/21時点)

楽天で購入



 国分寺で初老の男性が死んだ。現場に不審な点はない。本庁への栄転をもくろむ卯月枝衣子警部補は、強引に単独捜査に乗り出す。彼女の出来心が“事件性なし”の孕む闇を暴く!? 『小説NON』掲載に書き下ろしを加え書籍化。

 東京・国分寺市の閑静な住宅街で、初老の男が死んだ。かつては存在感の薄い中学教師で、先の選挙で急遽担がれただけの市会議員。キャッチフレーズは「国分寺から革命を! 」。現場に不審な点はなく、しいて言えば座布団がきれいに並びすぎていたくらい。医師の診断も急性心不全だった。所轄での退屈な日々に飽きていた卯月枝衣子警部補は、あわよくば本庁捜査一課へ栄転の足がかりにと、昼行灯の刑事課長を言いくるめ、強引に単独捜査に乗り出すが……。

 物語は、市会議員の病死を、他殺と疑い調べる女性刑事の捜査を描いたミステリ。登場人物もそれぞれに個性的で、謎解きは無理もあり、犯人の動機にもスッキリしないですが、エンタメ的なミステリとしては面白かったです。

【満足度】 ★★★☆
posted by babiru_22 at 22:55| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(11/20)

■ ソウル市長「市庁内の日本製品、韓国製品で代替できるか検討」

『ソウル市の朴元淳(パク・ウォンスン)市長は19日、「市庁で使用している日本製品を韓国製品で代替することが可能かどうか綿密に検討する」との考えを明らかにした』とのことですが、わざわざ会見で言うべきことではなく、そんなに日本が嫌いなら使わなければいいだけ。

それこそ韓国製品に代替するのは、ダチョウ倶楽部じゃないですが

どうぞどうぞ

としか思いませんし、それこそ韓国政府に対して、断交することをぜひ勧めて下さい。。。

■ 議場でタブレット使えず=立憲・逢坂氏

『衆院議院運営委員会の与野党筆頭理事は20日、国会内で会談し、本会議場の演壇でタブレット端末を使用することの是非について協議した。立憲民主党の逢坂誠二氏が法務委員長解任決議案の趣旨弁明の原稿をタブレットで持ち込むことを要望していた。与党側が「前例がないので、しかるべき場で協議しないと結論が出せない」と難色を示したため、野党側は要望を取り下げた』とありますが、これはペーパーレス化を勧めるためにも、タブレット使用を認めるべき。

タブレットで遊ぶわけではないのだから、こうしたことは国会だけでなく、地方議会でも積極的にIT化を進めるべきです。

■ 公用車運転、労組「ダメ」…タクシー代1億円に

『県道や橋などの管理を担当する長崎県の29部署が、労働組合との取り決めに基づき、一般職員による公用車の運転を認めていないことが分かった。こうした部署では運転手付きの公用車を使っているが、台数が限られていることからタクシーによる長距離移動が頻発し、1回の運賃が4万円を超すケースも出ている。(中略)県が16年度に使ったタクシー代は、振興局分だけで総額約1億1480万円に上る。県新行政推進室の担当者は「組合との取り決めは仕方なかったが、誰でも運転できる環境を整えるのは当然のこと。経費節減にもつながる」と改善する意向を示している』とありますが、これは長崎県民に労組に対して猛抗議してほしい!

これは労組だけでなく、議会が一般職員の公用車の運転を認めなかったからでしょうが、いくらなんでも内容が酷すぎますし、県政にもメスを入れるべきです!
posted by babiru_22 at 07:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月20日

『人間の偏見 動物の言い分 動物の「イメージ」を科学する』高槻成紀




 キツネは“ずるい”、タヌキは“マヌケ”…。そのイメージにはワケがあった! 動物の「ステレオタイプ」はどこから生まれたのか。生態学者がその起源と変遷、そして「ヒトと動物の関係」をひもとく。

 本書は、8つの章に分かれ「たくさんある動物にまつわる言葉」「動物のイメージはどこからきたのか?」「ペットとしての動物」「家畜としての動物」「代表的な野生動物」「利用される野生動物」「動物観の変遷」「私たちは動物とどう向き合うか」…を、生態学者である著者が、人と動物の関係、動物へのイメージの起源と変遷をまとめたものですが、イメージの理由は読むと納得です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 17:57| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(11/19)

■ 鳩山元首相「韓半島の分断は日本のせい…無限に責任を負うべき」

『鳩山由紀夫元首相が16日、「日本が韓半島(朝鮮半島)を植民化し、その後に第2次世界大戦に突入した結果、韓半島が分断されたというのが歴史的な事実」として謝罪した。鳩山元首相はこの日、京畿道高陽市(キョンギド・コヤンシ)で開かれた「アジア・太平洋平和繁栄のための国際大会」で「日本が植民化と戦犯国の歴史的事実を認め、無限に責任を負うべきだ」と強調した』とありますが、ツッコミどころがあまりにも多すぎて、怒りを通り越して、このバカどうにかならないですかね。。。(呆)

こんなのが元総理とか、洒落にもならないですし、こんな

基地外

を野放しにするな!(怒)

■ ゴーン日産会長に逮捕状、金融商品取引法違反で

『日産自動車(本社・横浜市)のカルロス・ゴーン会長(64)の報酬を有価証券報告書に過少に記載した疑いがあるとして、東京地検特捜部が19日、金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の疑いでゴーン会長の逮捕状を取った』とのことで、第一報を知った時はとにかく驚きました。

おそらく逮捕に至る経緯には表に出せないようなこともあるように思いますが、経営トップの逮捕というには、相当額の脱税ということなのか。。。

■ ネット通販の相談急増、5年半で9千件超

『消費者庁は19日までに、インターネット通販で購入した製品による事故や健康被害の相談が増加し続け、全国の消費生活センターなどに過去5年半で計9248件に上ったと明らかにした。被害に遭っても「問い合わせ先が分からない」ケースが多いとして、注意を呼び掛けている。海外から購入した商品に関する相談も多いという』とのことですが、問い合わせ先を見つけるのも一苦労ですし、見つけてもメールをすればテンプレメールで、電話など繋げようとすらしない。

ネット通販は自己責任も問われる買い物でもありますが、注意が必要ですし、怪しい業者も多いだけに、自分でしっかりと調べて買い物すべきです。
posted by babiru_22 at 07:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月19日

『なぜ倒産 23社の破綻に学ぶ失敗の法則』日経トップリーダー編




 攻めの投資でつまずく、危機対応が後手に回る、売れてもキャッシュが残らない…。中堅・中小企業23社の事例を取り上げ、破綻の理由をあらゆる角度から分析する。『日経トップリーダー』連載を基に書籍化。

 苦渋の証言から読み解く破綻企業の敗因。大ベストセラー誕生から始まった経営者の迷走。大手に真っ向勝負を挑んだ新工場、過剰投資に終わる。取材殺到するも内実は…。資金ショートに沈んだベンチャー。人を育てずFC展開、爆走の末に散った人気チェーン。ビジネスモデルも社員も刻々と老化、力尽きた老舗宝飾店。…こうするよりほかなかったのか?

 本書は、様々な企業が破綻に至った経緯と、その要因を分析した一冊。経営者向けの月刊誌『日経トップリーダー』が、帝国データバンク、および東京商工リサーチの協力を得て、近年、経営破綻した23社を徹底取材し、現場社員や取引先そして経営者本人の苦渋の証言、及び、決算や登記簿などの資料から、破綻に至った経営を多角的に読み解いています。大きく3章に分けられていて、「急成長には落とし穴がある」「ビジネスモデルが陳腐化したときの分かれ道」「リスク管理の甘さはいつでも命取りになる」とありますが、内部事情が細かくまとめられていて、企業のリスク事例としても価値ある一冊です。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 18:49| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする