2018年11月19日

昨日の出来事(11/18)

■ 文大統領「真実直視を」=「未来志向に逆行」と河野氏

『「持続可能で堅固な韓日関係のためにも、われわれは真実を直視しなければならない」と強調した』って、それなら日韓基本条約こそ

直視しろ!

条約を破るという事実をどう考えているんだか。。。(呆)

■ 「外国人材法案審議の環境整備を」国民 玉木代表

『玉木氏は「まず、必要な資料・データを出してもらうことが大前提だ。審議を深めたいので、そのための環境整備を強く求めたい」と述べ、政府・与党は法案の審議に向けて必要な資料を示すなど、環境整備に努めるべきだという考えを示しました』とありますが、バカ丸出しですね。。。(呆)

自分達で資料やデータを調べるという当たり前のことをしないで、ここまで他人任せとか、これでは政党の意味がありませんから、とっとと解散して下さい。

■ 病院で「なりすまし防止」外国人に身分証要求へ

『政府は外国人が日本の医療機関で受診する際、在留カードなど顔写真付き身分証の提示を求める方針を固めた。来年4月開始を目指す外国人労働者の受け入れ拡大で、健康保険証を悪用した「なりすまし受診」が懸念されるためだ。外国人差別につながらないよう、日本人にも運転免許証などの提示を求める方向だ』とのことですが、外国人の身分証提示は当然でしょう。

ただ、犯罪防止のためにやることだから外国人差別には当たりませんし、そもそも外国人と国民は同列に扱うべきではありません。
posted by babiru_22 at 00:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月18日

昨日の出来事(11/17)

■ 慰安婦財団の解散、日本に伝達 韓国政府「近く正式決定」

『慰安婦問題を巡る2015年末の日韓合意に基づき設立された「和解・癒やし財団」について、韓国政府が解散する方針を近く正式決定すると日本政府に伝えたことが分かった。複数の日韓関係筋が16日明らかにした。日本側は「合意の一方的な破棄だ」(外務省幹部)と強く反発。韓国最高裁が日本企業に賠償を命じた韓国人元徴用工訴訟判決で生じた日韓関係の亀裂が拡大するのは必至だ。関係筋によると、陳善美女性家族相が発表する方向で調整している。解散の手続きには半年以上かかる見通しという。財団は、日本政府が拠出した10億円を財源として元慰安婦や遺族に現金を支給する事業を担った』とのことで、この財団の解散も予想はしていましたが、いずれにしても国家間同士の約束すら守れないのが韓国でもあるのだから、やはり

国交断絶

をして、韓国に気付かせてあげる優しさこそ日本政府には望みます。

これをしない限りは、どうやっても理解できないでしょう。。。

■ 中国「サムスン電子・SKハイニックスの独禁法違反、証拠を多数確保」

『韓国のサムスン電子とSKハイニックス、米国のマイクロン・テクノロジの半導体メモリ3社に対して独占禁止法違反関連調査をしてきた中国当局が16日、「(独禁法違反に関する)多数の証拠資料を確保し、重要な進展があった」と明らかにした』とありますが、この問題に関しては、中国グッジョブ!

韓国が各国から孤立していますが、それも自業自得ですからね。。。

■ ディズニー実写映画『ダンボ』、ポスター旭日旗論争…ネットユーザーの間で炎上

『ディズニーは14日、公式ユーチューブとSNSを通じて『ダンボ』のポスターを公開した。ポスターには実写映画化された登場人物と共に主人公のダンボの姿が描かれている。人物の背景に赤色と白色が交差する模様が表現されている。これはサーカステントの模様をポスターに表現したもの。しかし、旭日旗を連想させたりもする。これを受け、韓国のネットユーザーの間で炎上している』って、アホすぎる。。。(呆)

言いがかりも甚だしいですが、これで炎上して何で朝日新聞社の社旗は無視するんだか。。。(呆)
posted by babiru_22 at 00:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月17日

『ニッポンの本屋』本の雑誌編集部編

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ニッポンの本屋 [ 本の雑誌編集部 ]
価格:2484円(税込、送料無料) (2018/11/17時点)

楽天で購入



 人生には本屋が必要だ! ベストセラーもロングセラーもイチオシもこんなに違う、魅力たっぷりの本屋34店の店内を豊富な写真とともに紹介する。『本の雑誌』連載を再構成し、書き下ろしを加えて単行本化。

 絶景本棚の次は絶景本屋! ベストセラーもロングセラーもイチオシもこんなに違う、魅力たっぷり34店の店内をじっくりクルーズ。ふらり立ち寄り、今日の一冊を手にするしあわせ。あなたの探している本屋が必ず見つかります。

 本書は、魅力ある本棚で住人に愛され続けてきた町の本屋さんを紹介するマニアックなビジュアルガイドブック。それぞれに工夫を凝らした品揃えや、フェアやイベントについても紹介されていて、価値ある書店がここにあります。近くにあればぜひとも行きたい本屋ばかりで、地方の本屋もこのようにドンドン取り上げてほしいですね。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 19:40| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(11/16)

■ 人手不足が加速、倒産最悪ペース 事業継続への影響深刻に

『人手不足が加速し、企業の事業継続に深刻な影響が出ている。東京商工リサーチの調査によると、2018年1〜10月に人手不足関連倒産は前年同期比20.4%増の324件に上り、13年の調査開始以降、最悪だった15年(1〜12月で340件)を上回るペース。日本生命保険の調べでは、地方部で人材の逼迫感が目立っている。働き手の縮小に阻まれる産業界の実情を裏付けた形だ』とありますが、倒産には様々なケースがあるだけに、マスコミや政府は「人手不足」を要因に挙げますが、その人手不足の理由を掘り下げない限りは問題解決には繋がりません。

この問題には少子高齢化や賃金問題なども含まれますが、これらも以前から対応していれば良かったものの、問題先送りばかりしてきた

ツケの結果

でもあり、単に外国人労働者を受け入れるとか、目先のことではなく、将来も含めた対応策こそ考えろと言いたい。

■ 「2島を引き渡しても…」 領有権主張の可能性示唆

『ロシアのプーチン大統領は北方領土問題について、歯舞と色丹の2島を日本に引き渡したとしても、必ずしも日本の領土とはならないという認識を示しました。シンガポールで15日午後に会見したプーチン大統領は、「日ソ共同宣言には日本に島を引き渡すとは書かれているが、どの国の主権になるかは書かれていない」などと述べました。日ソ共同宣言を基礎として交渉を進めた結果、歯舞と色丹の2島を引き渡すことになったとしても、ロシアの領有権を引き続き主張する可能性を示唆した形です』とのことですが、プーチンらしい発言ですね。

返還する気がサラサラないということでしょうが、経済援助の確約をしっかり取らない日本側にも問題がありますね。。。

■ 大雪時のチェーン装着を義務化へ 国交省方針

『国土交通省と警察庁は警報発令レベルの大雪が降った際、立ち往生が懸念される区間で、スタッドレスタイヤ車を含め全ての車両にタイヤチェーンの装着を今冬から義務付ける方針を明らかにした。(中略)規制区域でチェーンを付けずに通行すると、道路法に基づいて6カ月以下の懲役か30万円以下の罰金が科される』とありますが、義務化にするならまずは規制区間も一緒に明らかにすべき!

それよりも、そもそもスタッドレスタイヤで走れなくなるくらいの大雪であれば、通行止めにすべきです。
posted by babiru_22 at 05:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月16日

『旅する江戸前鮨 「すし匠」中澤圭二の挑戦』一志治夫




 昭和〜平成の半世紀、「すし匠」の中澤親方をはじめとする鮨職人たちはどんな思いを抱えながら鮨と対峙してきたのか。ハワイへの進出、「革新と伝統」を希求する酒の造り手たちにも触れながら鮨事情を包括する。

 鮨職人たちが選ぶ最も尊敬する鮨職人のアンケート一位に選ばれ、多くの食通たちを心酔させてきた四ツ谷『すし匠』の中澤圭二氏。国内の評価を不動のものとしていたにもかかわらず、中澤氏は2016年、53歳でハワイのリッツ・カールトンに進出する。築地からネタを空輸するのではなく、地元ハワイやアメリカ大陸沿岸の魚をつかって、一流の鮨を握るという前途多難な試みに挑んだのだ。それを可能にしたのは、素材の魅力を極限まで引き出す、200年の歴史をもつ江戸前鮨の技法だった……。中澤氏に出会って以来、その人柄と仕事に惚れ込んだノンフィクション作家の一志治夫氏が15年以上にわたる取材の蓄積から描き出す、熱き男の物語である。江戸時代に握り鮨を考案した華屋與兵衛の時代から、戦前戦後の鮨文化、ここ数十年の海外での展開まで、ダイナミックな変遷を浮き彫りにしつつ、江戸前鮨という食文化の奇跡を浮き彫りにした、鮨ファン垂涎の一冊。

 本書は、多くの食通たちを心酔させてきた四ツ谷「すし匠」の中澤圭二が、53歳でハワイに進出し、地元の魚をつかって一流の鮨を握った記録でもあるノンフィクション。握り鮨を考案した華屋與兵衛の時代から、戦前戦後の鮨文化を経て、近年の展開までを前半で紹介し、「すし匠」と自身との出会い、中澤の人となりや略歴を幼少期のエピソードを交えて紹介し、「ハワイでの挑戦」が書かれますが、一人のプロの職人のノンフィクションとして、奥深さも感じる内容です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 17:06| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(11/15)

■ 米側、辺野古移設揺るがずと表明 玉城沖縄県知事、反対の意向伝達

『米首都ワシントンを訪問中の沖縄県の玉城デニー知事は14日午前(日本時間15日未明)、国務省で同省のナッパー副次官補代行と国防総省のボスティ日本部長代行と会談した。玉城氏が、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設に反対する意向を伝えたのに対し、米側は方針は揺るがないと表明した』とのことですが、アメリカ側は

当然の対応

ですし、この方針は国家間で決まっていることだけに、玉城知事はいくらやっても観光旅行にしかなりませんね。(呆)

■ 「大和堆」で日韓の漁船が衝突 韓国乗員13人救助

『海上保安庁によると、15日午前9時40分ごろ、韓国が不法占拠する竹島(島根県隠岐の島町)の北東約330キロの海上で、日本の漁船と韓国の漁船が衝突した。現場は好漁場「大和堆(やまとたい)」周辺で、日本の排他的経済水域(EEZ)内の可能性があり、海保は航空機や艦船を出して現場の確認を急いでいる』とありますが、完全に日本の排他的経済水域です。

韓国側の違法操業でもありますから、適切に国際法に照らし合わせた対応こそ望みます。

■ 「韓国が賠償肩代わりを」徴用工問題、韓国元外相が提言

肩代わりも何も、日韓基本条約で解決済みでもあるのだから、支払うのは韓国政府で、自分達が勝手な使い込みをしたのに、何を言っているんだか。。。(呆)

請求はどうぞ韓国政府で正しく行って下さい。。。
posted by babiru_22 at 07:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月15日

『地方都市を考える 「消費社会」の先端から』貞包英之

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

地方都市を考える 「消費社会」の先端から [ 貞包英之 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2018/11/15時点)

楽天で購入



 日本の人口の4割が暮らす地方都市。ショッピングモール、空き家、ロードサイド、「まちづくり」…。東北のある中都市を舞台に、この国の未来を先取りする地方都市の来し方行く末を考える。

 「地方消滅」「地方創世」の狂騒のなかで地方都市はどうなる? 日本の人口の4割が暮らす地方都市。ショッピングモール、空き家、ロードサイド、「まちづくり」……東北のある中都市を舞台に、この国の未来を先取りする地方都市の来し方行く末を考える。地方都市では何を幸福として、何を目指して生活が営まれているのか……。

 本書は、社会学・消費社会論を専攻する著者が、地方都市での暮らしの内実について、著者が住む山形市をモデルに、地方都市の現状を多角的に分析したもの。あくまでも現状分析をまとめたもので、これからの地方都市のあり方などについての提言がなかったことが少々残念ですし、地方都市の様々な問題についてをもっと深く掘り下げてほしかったです。

【満足度】 ★★★☆
posted by babiru_22 at 19:33| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(11/14)

■ 日本、韓国をWTOへ提訴 造船会社への金融支援で

『日本政府は、韓国が造船会社に対し違法な金融支援を行ったとして世界貿易機関(WTO)に提訴した』とのことで、記事内容を読むと、当然の提訴だと思いますが、韓国のことだから、

被害者ヅラ

するんでしょうね〜。。。

徴用判決の報復とかも言い出しそうですが、日本政府はルール違反に対しては粛々と対処していく他ありません。

■ 「妊婦加算、丁寧な診療行うため」厚労省、理解求め

『妊婦が医療機関を受診すると追加料金が必要になる仕組みが、4月から始まった。この「妊婦加算」に批判があることを受け、厚生労働省は「丁寧な診療」を行うためにかかる費用だとして理解を求めている。都道府県などに通知を出し、妊婦や家族らへの情報提供を進めるよう要請した』とありますが、だったら最初に説明しろ!ですね。

批判が出たから、妊婦や家族らへの情報提供を進めるよう要請って、完全に後出しジャンケンですし、いかにもお役所的なクソ対応でしかありませんが、理解を求める説明をなぜ最初にしないんだか。。。(呆)

■ 商品券、番号カード活用を 増税対策、自民部会が提言

『自民党の内閣第2部会が、来年の消費税増税に備えた景気対策で実施する「プレミアム付き商品券」に関し、マイナンバー制度の個人番号カードを活用するよう求める提言案をまとめたことが14日、分かった。紙の商品券は発行しない。人口の11%台にとどまる番号カードの保有率を拡大するとともに、印刷コストの削減につなげる』とのことですが、これでマイナンバーカードの普及に繋がると考えているなら、おめでたすぎます。。。

しかも、これって税の公平性の観点から問題でしょうよ。。。
posted by babiru_22 at 07:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月14日

『タープの張り方 火の熾し方』高桑信一




 ザック、渓流足袋、タープ、鋸、テンカラ竿、毛ばり…。季節を問わず、ハードな山行をしてきた登山歴40年超えの著者が、渓歩きの道具と野遊び作法を紹介する。

 タープ張り、火を熾す。渓で過ごす夜、そして焚き火をこよなく愛する高桑信一。彼の渓にまつわる愛用のモノや源流釣りのこと、昔の渓から今の渓をエッセイで綴った一冊。

 本書は、渓に入る達人でもある著者のこだわりが詰まった内容で、野遊び道具の画像や使用感、実践的効率的な野営方法についてなど、アウトドア好きな人には楽しめるエッセイです。

【満足度】 ★★★☆
posted by babiru_22 at 17:16| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(11/13)

■ 野党、憲法審に応じられず 幹事懇談、下村発言を批判

『衆院憲法審査会の野党幹事らが13日、国会内で懇談し、野党が憲法改正議論に消極的だと批判した自民党の下村博文憲法改正推進本部長の発言には問題があるとして、撤回や謝罪などがない場合は憲法審の開催に応じられないとの方針を確認した』って、理由を付けての

サボリ

じゃないか!(怒)

野党としての仕事をせずに、議論すらしようとしない野党は職務放棄でもあるのだから、歳費は不必要だし、あまりにもレベルが低すぎるわ!(怒)

■ 徴用工判決:日韓議連が対応苦慮 自民の非難決議立ち消え

『自民党は判決を非難する内容の国会決議の採択を目指した。しかし、「公正な解決を見いだすべきだ」(共産党の志位和夫委員長)との異論が出たため、「全会一致」を基本とする決議採択は見送りとなった』とありますが、何ですかこのヘタレ対応は!(怒)

それこそ真の友好関係を築こうとするのであれば、国交断絶以外ありません!

■ 障害者雇用水増し、法務省も処分せず

『中央省庁の障害者雇用水増し問題で、法務省も13日、取材に対して、職員の処分はしない考えを示した』とのことですが、誰も何の責任も取らないのだから、凄いですね。(呆)

これでは法令違反が当たり前となるだろうし、どんな特権階級なんだか。。。(呆)
posted by babiru_22 at 00:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月13日

『宝島』真藤順丈

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

宝島 [ 真藤 順丈 ]
価格:1998円(税込、送料無料) (2018/11/13時点)

楽天で購入



 英雄を失った島に、新たな魂が立ち上がる。固い絆で結ばれた幼馴染み、グスク、レイ、ヤマコ。彼らは警官になり、教師になり、テロリストになり、同じ夢に向かった…。青春と革命の一大叙事詩。『小説現代』掲載を単行本化。

 本書は、第2次大戦後のアメリカ施政下の沖縄を舞台に、グスク、レイ、ヤマコという3人の幼馴染みの物語。沖縄の戦後を実話も交え、怒りや哀しみを物語として表現されていて、本土復帰までの群像劇が描かれます。知られざる戦後の沖縄の歴史が熱気を帯びて書かれており、印象に残る作品です。

【満足度】 ★★★★
ラベル:真藤順丈 宝島
posted by babiru_22 at 17:52| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(11/12)

■ 外国人材法案は総合対策まとめてから審議を 立民 枝野氏

『外国人材の受け入れを拡大するための法案について、立憲民主党の枝野代表は、北海道鹿追町で、記者団に対し、制度設計が不十分で、総合的な対策をまとめてから審議を行うべきだとして、政府・与党が目指す今の国会での成立は認められないという考えを強調しました』とありますが、制度設計が不十分で、総合的な対策をまとめてから審議を行うべきと言うなら、まずは

対案を出せ

と言いたい!

自分達で代替となる法案を作ろうともせず、批判だけしかしないのだから、これだから議論も進まないということぐらい理解しろ!とも言いたい。(怒)

■ 米ユダヤ系団体:ナチス帽着用でBTS非難

『「原爆被害者をあざけるTシャツの着用は、過去をあざけるこのグループの最新の事例にすぎない」と指摘。「BTSは日本の人々とナチスの被害者に謝罪すべきだ」と強調した』とのことですが、この指摘はごもっとも。

どのような言い分けをするかは分かりませんが、やっていいことと悪いことも分からない無知ぶりには呆れる他ありません。

それと、普段やれ人権ガーとか差別ガーとか言っている某市民団体はなぜこの件についてはダンマリなんですかね〜。(呆)

■ 「徴用」めぐる裁判の原告側 新日鉄住金を訪問も面会できず

『韓国の最高裁判所が太平洋戦争中の「徴用」をめぐる裁判で、新日鉄住金に損害賠償の支払いを命じたことを受けて12日、原告の弁護士が、判決に従うよう申し入れを行うために新日鉄住金の本社を訪問しました。しかし、会社側と面会することはできず、今後、資産を差し押さえるための手続きに踏み切る構えを示しました』って、どうやって資産を差し押さえるんだ?

韓国の裁判所が債権差し押さえ命令を出すと、日本の財産が差し押さえできるわけでもないのに、次から次へと恥を晒すのだから、もう話にすらなりませんし、日本政府もこんな馬鹿げたことまでやられているのだから、いい加減に国交断絶をするべきだ!
posted by babiru_22 at 08:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月12日

『人生100年、自分の足で歩く 寝たきりにならない方法教えます』かじやますみこ




 寝たきりを防ぐために、ロコモ対策ほど、重要かつ効果的なものはない。ロコモの核心、そして身体に無理のない「立つ」「歩く」「坐る」「寝る」といった日常の動作など、専門家だけが知るロコモ予防の“新常識”を紹介する。

 万人が願う「ピンピンコロリ」の極意、教えてください! 自分で簡単にできるロコモ対策はありますか? どんな歩き方をすれば100歳まで自分の足で歩けますか? 必要な筋肉はどうやって鍛えればいいですか? 「疲れない歩き方」のコツ、教えてください! 身体に負担の少ない「坐り方」、教えてください! 睡眠時の姿勢がロコモに関係があるって本当ですか? 毎日5分。「歩く」を支える筋肉だけ鍛えればOK! 健康寿命を延ばせるロコモ対策決定版。

 本書は、交通事故で大腿骨頸部骨折という重傷を負い、1年以上のリハビリを体験した著者が、自らの経験、そこから導き出された知見をもとに、ロコモの名付け親を始め、各分野を代表する専門家の方々に、ロコモのメカニズムとその対策に関する最新の知見、そのポイントとなる「立つ」「歩く」「坐る」「寝る」の正しい日常動作とその身につけ方などを徹底的に伺い紹介したもの。筋肉、骨、関節、軟骨など運動器の衰えによる「立つ」「歩く」など移動動作への支障、すなわちロコモが、認知症、脳血管疾患などを抑えて、要介護の原因の第1位となっていますが、ロコモティブシンドローム(運動器症候群、略称ロコモ)対策の必要性を強く感じましたし、分かりやすく図でも書かれていますので、寝たきりを防ぐための、ロコモ対策は多くの人がチェックして、トレーニングに繋がると、自らの健康促進にも役立つ一冊です。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 16:59| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(11/11)

■ 消費増税に財界が賛成のワケ 社会保障目的税化は邪道も…保険料は労使折半で企業負担

『財務省は、社会保障財源の確保について、歳入庁創設による保険料という正道ではなく、消費税の社会保障目的税化という邪道を進めた。実は、経済団体が消費増税に賛成している理由についても、鍵はここにある。保険料は労使が折半するので企業負担もあるが、消費税は企業負担がないと経済界は考えて、消費増税に前向きなのだろう。その上に、財務省が消費増税と法人税減税のバーターを持ち出すので、さらに経済界は消費増税に前のめりになっている』とありますが、経団連などが消費増税に賛成する最大の理由は

輸出戻し税

でしょう。

「輸出戻し税」で検索すると、詳しく分かると思いますが、この他にも法人税を減税するために、消費増税を持ち出してもいますが、どう考えても国民に不利益をもたらすのが消費増税でありますが、この点を野党も追及すべきですが、それすらできない野党の質の低さが何とも残念です。。。

■ かぜに「抗菌薬」は効きません 半数が誤認

『かぜで医療機関を受診した際、本来は効果がない抗生物質などの抗菌薬を処方してほしいと考える人は30%余りいるという調査結果がまとまりました。抗菌薬の不適切な使用は薬が効かない「耐性菌」を増やすことにつながり、専門家は「正しい知識を普及していく必要がある」と話しています』とありますが、風邪の症状を個々でどのように捉えているかにもよるでしょうね。

「抗菌薬」の意味を理解している人がそれだけ少ないということとも思いますが、いくら説明しても理解しようとしない人も多いですから、正しい知識の普及というのも難しいでしょうね。。。

■ ポイント還元 手数料下げない会社のカード 対象外の方向

『消費増税の際に導入が検討されているキャッシュレス決済のポイント還元制度で政府はクレジットカード各社に対し、中小の小売店から徴収する手数料の引き下げを求めていますが、要請に応じることができない会社のカードはポイント還元の対象から外す方向で調整しています』って、本末転倒なことばかりやろうとしてますね。(呆)

一体何のための消費増税なんだ?と思いますし、下らない対応はすべきではありません。
posted by babiru_22 at 08:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月11日

昨日の出来事(11/10)

■ 密輸の金、商社経由し海外へ 国の損害、年640億円か

『17年に日本から輸出された金は215トンなのに対し、正規の輸入は5トン。日本国内での金の産出量や消費量から判断すると、財務省は輸出量のうち160トン程度が密輸された金とみている。消費税の脱税額は年640億円に上る計算だ。金の密輸は消費税率が5%から8%に引き上げられた14年以降に急増。17年6月までの1年間の金密輸事件は前年比1・6倍の467件、脱税額も1・4倍の約8億7千万円と、いずれも過去最高だった』とのことですが、事実であるなら、この商社こそ

公表すべき

で、更に制裁金を支払わせるべき!(怒)

■ 「レジ袋有料化は法律で全国一律に義務づけを」経団連

『プラスチックごみの削減に向け環境省が打ち出したレジ袋の有料化について、経団連は法律によって全国一律に義務づけるよう求める意見書を取りまとめました』とのことですが、レジ袋の有料化は各社が決めるべきことで、それを法律で一律に決めることには大反対!

しかも、それを言い出しているのが経団連とか、自分達の損得しか考えないなクソ経済団体は必要ありません!

■ 第2の「徴用工」危機!? 日本企業112社に韓国学生が殺到 専門家「10年、20年先に『慰謝料よこせ』と言われかねない」

『韓国の『反日』が変わらない限り、日本でお金を稼いで、帰ったら日本の悪口を言い、10年、20年先には『日本企業にだまされた。慰謝料を寄越せ』という話になりかねない」 韓国最高裁の異常判決については、日本の経済界からも、懸念の声が出ている』とありますが、採用する日本企業は自社責任が問われますね。

そのリスクも危機管理として取るのが当然でもありますが、そういう国であるということぐらいは考えなければダメでしょう。
posted by babiru_22 at 07:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月10日

『絶対に売上を伸ばす人の販売』内藤加奈子




 販売の仕事が楽しくなる! 2800店舗の改善実績を持つ著者が教える、お客様から「ひいき」にされるNo.1スタッフになる方法。「声かけ」「接客」「陳列」「集客」「サービス」など77のノウハウを紹介します。

 「声掛けするとお客様が逃げてしまう」、「お客様にリピーターになってもらいたい」、「効果的な商品説明ができていない」、「客単価を上げたい」、「商品を買ってもらえる陳列を知りたい」。こんな悩みを抱えている接客業・販売業に携わっている人に向けたビジネス書です。販売員が押さえておきたいノウハウを、わかりやすい文章とイラスト・図版で77項目にまとめました。1項目見開き展開なので、普段本を読まない方でもとっつきやすく、すぐに読めます。本書を読めば、お客様と上手にコミュニケーションをとり、商品に興味をもってもらう仕掛けを作り、お客様に喜んで買っていただける方法を学べます。ネットで物が買える時代に、店舗で買ってもらうメリットを最大限に感じてもらい、売上を確実に伸ばしましょう。

 本書は、帯に『お客様から「ひいき」にされるNo.1スタッフになる方法!』とあり、売上を伸ばすというよりも、お客様とのコミュニティについての接客について参考になりました。様々な業種でも参考になるところは多いと思いますし、販売戦略としての参考にもなりますし、顧客心理についても分かりやすく書かれており、ビジネス本としていい学びになります。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 18:36| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(11/9)

■ ついに日本が報復?フッ化水素の輸出ストップ、韓国の半導体業界に緊張走る

『韓国・電子新聞は「日本政府が韓国に輸出される半導体製造用フッ化水素の一部を承認しないという事態が発生した」とし、「韓国の半導体業界に緊張が走っている」と伝えた。 記事によると、フッ化水素は最近、原料の供給が減り需給が厳しくなる「供給難」に直面していた。(中略)日本企業が供給を中止すれば、韓国の半導体工場は稼働できなくなる可能性もあるという』とありますが、韓国の半導体工場が稼動できなくとも、それは

自業自得

それこそ日本が大嫌いなようですから、そんなに嫌いなら最初から輸入しなければいいのに。。。

■ 経産省、北海道に冬の節電要請決定 数値目標はなし

『北海道は電力の需要規模が小さい上、本州からの電力融通にも制約がある。冬の寒さが厳しく、需給が逼迫すれば道民の生命や安全が脅かされかねないことや、実際に9月に全域停電を経験したことを踏まえ、今冬は数値目標のない節電を呼びかける』とのことですが、北海道は冬場の電気使用がどうしても増えるだけに、節電にはできるだけ協力します。

ただ、様々な意見もあるでしょうが、北海道の冬場の現状も考えた上で、電力についての議論を進めるべきではないかと思います。。。

■ 軽減税率「店内飲食禁止なら対象」など 国の新指針を公表

『「軽減税率」では、自宅に持ち帰る飲食料品は8%の消費税率が適用される一方、外食や酒は10%の税率となりますが、小売業者から判断に迷うとの声も出ているため、国税庁が個別のケースごとに対象かどうかを示す指針を随時、公表しています』とあり、その公表の中身を読めば読むだけ、アホらしくなります。。。(呆)

現場が更に混乱することは間違いないでしょうし、トラブルも複数起きるでしょうが、財務省の役人連中の頭の悪さしか感じません。(呆)
posted by babiru_22 at 08:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月09日

『女子刑務所ライフ!』中野瑠美

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

女子刑務所ライフ! [ 中野瑠美 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2018/11/9時点)

楽天で購入



 100人でシャワーを奪い合い、刑務官の派閥争いに巻き込まれ、運動会では大乱闘。シャブ地獄から生還した元女囚が、懲りない女たちの修羅場を綴る。ネットメディア『サイゾーウーマン』連載を書籍化。

 覚醒剤で逮捕4回、通算服役12年。あの強盗殺人犯も、某カルト教祖の妻も、放火魔も、みんな同じ塀の中! いじめ、介護、出産、同性愛…獄中のリアルを全部ぶっちゃけます。100人でシャワーを奪い合い、刑務官の派閥争いに巻き込まれ、運動会では大乱闘…! シャブ地獄から生還した元女囚が綴る、“懲りない女たち”の修羅場。

 本書は、著者の実体験が書かれるエッセイですが、逮捕されてからの手続きについてや、刑務所の中での生活は興味深い内容ではあったものの、正直反省の無さが感じられて×。いくらなんでも4回も逮捕されていて「受刑者は反省していない」はないだろうし、こういう実態を知ると、刑務所はもっと厳しくしてほしいと思います。

【満足度】 ★★
posted by babiru_22 at 20:05| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(11/8)

■ 韓日の市民団体 追加の徴用被害訴訟のため弁護団構成へ

『日本による植民地時代に強制徴用された韓国人被害者のために韓国と日本の市民団体が共同で弁護団を構成する』とありますが、更に「被害者を募集」とか

タカりネタ

しか考えないのか?(呆)

申し訳ありませんが、こんな市民団体は詐欺師集団にしか見えません!(怒)

■ 徴用工判決で国際的地位下落が心配な韓国

『国家機関の基本責務である条約の解釈原則にさえ従わずに、どうして“グローバル韓国”を実現できるだろうか。徴用被害者に対しては、請求権協定を締結し実行してきた韓国政府がどんな形式であれ補償するのが当然だ』とありますが、韓国国内でもまともな人はいますね。

指摘の通り、補償するのであれば韓国政府がすべきことですが、韓国国内ではこうした正論すら通らないところですから、むしろこの教授の身を心配します。。。

■ 対日貿易「とても不公平」=米大統領、不満を表明

『トランプ米大統領は7日、ホワイトハウスでの記者会見で、「日本は貿易で米国を極めて不公平に扱ってきた」と述べ、自動車分野などの対日貿易赤字に改めて不満を表明した』とのことですが、アメ車はいわばガラパゴス仕様ですからね。。。

売れないのが分かっているから輸入しないだけで、他の国の勉強もしましょうね。。。
posted by babiru_22 at 06:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月08日

『知られざる北斎』神山典士

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

知られざる北斎 [ 神山典士 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2018/11/8時点)

楽天で購入



 モネ、ゴッホはなぜ北斎に熱狂したのか? 北斎が晩年に通い、肉筆画を極めたという長野県小布施には、何があったのか? パリの天才画商・林忠正と、小布施の豪商・高井鴻山にスポットを当て、北斎とジャポニスムの謎を解く。

 葛飾北斎(1760〜1849)。西洋ではダ・ヴィンチと並び称される19世紀最大の画家であり、モネ・ゴッホなど芸術家へ与えた影響も大きい。しかし日本では「子どもの鼻ふき紙」だった北斎(浮世絵)が、なぜ西洋でここまで価値が上がったのか。そこには資本主義の光と闇があった。そして北斎が晩年のアトリエとした長野県小布施には何があったのか? 林忠正と井鴻山、二人の男から「いまなぜ北斎なのか」を解く革新的ノンフィクション!

 本書は、歴史上の日本の芸術家のなかでは断トツの人気と知名度を誇っている葛飾北斎について、19世紀末ヨーロッパで巻き起こったジャポニズムのうねりの中で、なぜ北斎にスポットが当たったのか? 誰か北斎をプロデュースした人がいたのか? また明治初期からの昭和40年ごろまで、国内でも北斎の評価はそれほど高くなかったですが、国内でもいつからどのような形で北斎に光があたったのか?……など通して、いまなぜ北斎なのかをまとめたノンフィクション。北斎の足跡を丹念に辿った内容で、まさに「知られざる北斎」について、様々な謎を解いています。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 17:24| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする