2018年11月04日

『床屋の真髄 男を高め、男を癒す銀座の老舗の技とサービス』米倉 満




 政財界人や文化人に愛され続けた銀座の老舗理容室「米倉」の店主が語る技とサービス。長い歴史を持つ床屋の中で培われてきた技術や文化、自身の考えや実践してきたこと、さらに、日本の床屋の素晴らしさを伝える。

 読むとすぐに床屋で髪を切ってみたくなる本銀座の老舗理容室「米倉」の店主が語る、究極のグルーミング×コミニュケーション×サービス=究極の床屋。男なら、なぜ床屋に行くべきなのか、を熱く語る。

 本書は、銀座の高級老舗理容室「米倉」の店主が、理容の究極の価値についてをまとめた一冊。まえがきには「私が理容師として、勤め始めました頃は、男性は床屋で髪を刈り、髭を剃るのが当たり前でございました。男性がみだしなみを整えるのに、床屋はなくてはならない存在であったのでございます。それが、今はどうでしょう。床屋には1度も行ったことがない、剃刀で髭を剃ってもらったことがない、という男性の何と多いことか! 「容姿を整える」ことを目的とする「理容」と「容姿を美しくする」ことを目的とする「美容」は考え方も提供するサービスも異なります。(中略)が、床屋のよさを知らないまま、人生を送られるのは、誠にもってもったいない気がいたします。」とありますが、床屋の良さの真髄と、美容にはない絶対的価値が書かれ、一理容師という立場で読みましたが、高い教養と確かな技術、そしてサービス業としてのおもてなしの精神は大いに見習わなければなりません。美容室しか知らない、低料金の床屋しか知らないという人もいるでしょうが、ぜひ本書を読んで、より深く「床屋」というものを知っていただければ幸いです。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 20:08| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(11/3)

■ NHKが取材音声をアレフに誤送信 住民インタビューのファイル

『NHK札幌放送局によると、アレフの施設周辺で住民インタビューを行ったディレクターが、1日、インタビューの文字起こしを外部に依頼する際、音声ファイルをダウンロードできるアドレスを、誤ってアレフ側にもメールで送信したという。(中略)住民2人には謝罪したが、4人とは連絡が取れておらず、アレフ側とも接触できていないという』って、NHKが

事件発生

させてるじゃないか!(怒)

しかも、住民とアレフの両方に連絡が取れないとか、これはシャレにもならないぞ!

■ 国家公務員給与増額へ=定年延長は検討継続−政府

『政府は2日、国家公務員の給与引き上げを5年連続で求めた8月の人事院勧告を完全実施する方針を決めた』とありますが、仕事内容に見合った給与であればいいですが、むしろ財政を悪化させている要因が国家公務員の給与増額でもあるのだから、財政再建するのであれば、見直しを含めて検討すべき。

むしろ政府のやっていることが、働き方改革に矛盾することをやっているようにも見えますが、国家公務員だけを優遇することには反対です。

■ 北越急行 乗客十数人置きざり 運転士、声掛けて反応なかったので発車

『北越急行ほくほく線魚沼丘陵駅(南魚沼市野田)で31日、普通列車が乗客十数人をホームに残したまま発車し、高校生が学校に遅刻するなどしていたことが1日、分かった。北越急行によると、列車は31日午前7時41分発の直江津行き。客が乗り込んだ後、まだホームにいた高校生らに30代の運転士が「乗るのか」と声を掛けたところ反応がなく、そのまま発車したという。北越急行は31日、十日町高校などに電話で説明し、謝罪した。「お客さまにご迷惑をお掛けした。再発防止に努めたい」としている』とのことですが、これは北越急行は謝罪する必要はないのでは?

わざわざ声をかけて反応がなければ、時間通りに発車するのが当然だろうし、声をかけて反応しない方が問題ですし、むしろ毅然とした対応をするべきです。
posted by babiru_22 at 01:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする