2018年11月19日

『なぜ倒産 23社の破綻に学ぶ失敗の法則』日経トップリーダー編




 攻めの投資でつまずく、危機対応が後手に回る、売れてもキャッシュが残らない…。中堅・中小企業23社の事例を取り上げ、破綻の理由をあらゆる角度から分析する。『日経トップリーダー』連載を基に書籍化。

 苦渋の証言から読み解く破綻企業の敗因。大ベストセラー誕生から始まった経営者の迷走。大手に真っ向勝負を挑んだ新工場、過剰投資に終わる。取材殺到するも内実は…。資金ショートに沈んだベンチャー。人を育てずFC展開、爆走の末に散った人気チェーン。ビジネスモデルも社員も刻々と老化、力尽きた老舗宝飾店。…こうするよりほかなかったのか?

 本書は、様々な企業が破綻に至った経緯と、その要因を分析した一冊。経営者向けの月刊誌『日経トップリーダー』が、帝国データバンク、および東京商工リサーチの協力を得て、近年、経営破綻した23社を徹底取材し、現場社員や取引先そして経営者本人の苦渋の証言、及び、決算や登記簿などの資料から、破綻に至った経営を多角的に読み解いています。大きく3章に分けられていて、「急成長には落とし穴がある」「ビジネスモデルが陳腐化したときの分かれ道」「リスク管理の甘さはいつでも命取りになる」とありますが、内部事情が細かくまとめられていて、企業のリスク事例としても価値ある一冊です。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 18:49| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(11/18)

■ 文大統領「真実直視を」=「未来志向に逆行」と河野氏

『「持続可能で堅固な韓日関係のためにも、われわれは真実を直視しなければならない」と強調した』って、それなら日韓基本条約こそ

直視しろ!

条約を破るという事実をどう考えているんだか。。。(呆)

■ 「外国人材法案審議の環境整備を」国民 玉木代表

『玉木氏は「まず、必要な資料・データを出してもらうことが大前提だ。審議を深めたいので、そのための環境整備を強く求めたい」と述べ、政府・与党は法案の審議に向けて必要な資料を示すなど、環境整備に努めるべきだという考えを示しました』とありますが、バカ丸出しですね。。。(呆)

自分達で資料やデータを調べるという当たり前のことをしないで、ここまで他人任せとか、これでは政党の意味がありませんから、とっとと解散して下さい。

■ 病院で「なりすまし防止」外国人に身分証要求へ

『政府は外国人が日本の医療機関で受診する際、在留カードなど顔写真付き身分証の提示を求める方針を固めた。来年4月開始を目指す外国人労働者の受け入れ拡大で、健康保険証を悪用した「なりすまし受診」が懸念されるためだ。外国人差別につながらないよう、日本人にも運転免許証などの提示を求める方向だ』とのことですが、外国人の身分証提示は当然でしょう。

ただ、犯罪防止のためにやることだから外国人差別には当たりませんし、そもそも外国人と国民は同列に扱うべきではありません。
posted by babiru_22 at 00:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする