2018年11月23日

『パラレルワールド』小林泰三

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パラレルワールド [ 小林泰三 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2018/11/23時点)

楽天で購入



 お父さんとお母さんと3人で仲良く暮らすヒロ君。でも、お母さんにはお父さんが見えなくて…。不可思議な世界と、家族・少年の成長の物語。『Webランティエ』連載等を加筆修正し単行本化。

 若い夫婦と5歳の一人息子が、地震と洪水が重なった大災害に襲われる。その時、一方の世界ではお父さんが亡くなりお母さんが生き残った。もう一方の世界ではお母さんが亡くなりお父さんが生き残った。息子のヒロ君はこの2つの世界を同時に生きていた。大災害で崩壊した家族を蘇らせるためにヒロ君は…。

 本書は、2つの世界に生きる少年の姿をミステリーを絡めて描く物語。設定自体は分かりやすかったものの、後半に進むに従って、展開も複雑になり、折角の設定が一部活かされていないところもあったため、いい作品とは思うものの物足りなさと多少の違和感を感じました。

【満足度】 ★★★
posted by babiru_22 at 16:23| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(11/22)

■ 韓国政府「慰安婦合意、破棄・再協議要求せず…日本の誠意ある努力に期待」

『「3年前の日韓合意は最終的かつ不可逆的な解決だ」とし「日本は国際社会の一員としてこの約束を誠実に履行して来た。韓国には国際社会の一員として責任ある対応を望みたいと思う」と述べた』って、言ってることとやってることが

滅茶苦茶

で、韓国政府のやってることは、日韓合意を破棄する行為だと気付こうとすらしないなら、やはり国交断絶するべきですね。

■ 米検察、三菱UFJを捜査か=北朝鮮に絡む資金洗浄の疑い−NY紙

『米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は21日、北朝鮮が絡むマネーロンダリング(資金洗浄)に関与した疑いで、米連邦検察当局が三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)を捜査していると報じた。ただ、北朝鮮がMUFGを通じて資金洗浄を行った証拠を当局が握っているかどうかは明らかでないとしている』とのことですが、検察当局は昨年末、MUFGに召喚状を送付していたのだから、無視し続けたということでしょうから、かなり悪質でもありますね。

金融機関としてマネーロンダリングの利用されたということでしょうが、見方によってはMUFGが北を支援していたと見られても仕方のないことをやったということでしょうから、かなりやばい案件になるのでは?

■ 「娘落第…寄付金3000万円返して」父が岩手医大を提訴 大学側は争う姿勢

『訴えによると、次女は5年生だった2014年度末の進級試験で落第。大学から「成績が悪かったのではなく、寄付金の振り込みが遅れたからだ」と指摘を受けて15年3月末、大学に1000万円を送金した。しかし進級は認められず15年11月、それまでに寄付した全額を返還することで医学部長らと合意したという。父親の代理人弁護士によると、次女が10年4月に入学する際、大学は6年間に計3000万円以上を寄付するよう求める文書を送付。父親は11年11月までに2000万円を寄付していた』とありますが、これ原告の言ってることが事実であれば、岩手医大はやらかしたことが完全に詐欺でしょうよ。

というか、マスコミは岩手医大を取材して事実確認するべき!
posted by babiru_22 at 07:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする