2018年11月28日

『マンモスを再生せよ ハーバード大学遺伝子研究チームの挑戦』ベン・メズリック




 ヒトゲノム計画を発案した天才ジョージ・チャーチ率いる世界一の遺伝子ラボ。そこへ、中国の若き頭脳、「氷河期パーク」を夢見るロシア人、遺伝子編集の野生児らが結集し…。マンモスを蘇らせる、一大プロジェクトの全貌!

 ヒトゲノム計画の発案や「次世代シーケンサー」の開発など、遺伝子革命を牽引し続けてきた天才、ジョージ・チャーチ教授。ハーバード大学にある彼の研究室には世界中から若き知性が集まり、日夜、生物学を一変させるような研究を進めている。そんなチャーチ教授のもとにかかってきた一本の電話と、「氷河期パーク」を夢見る孤高のロシア人研究者との出会いによって、マンモス復興プロジェクトが始動。そして4人の若者が集められた。サンプル採取、DNA分析、遺伝子操作……。ペイパル創業者ピーター・ティールも巻き込みながら、研究チームは最先端の科学を総動員し、「頭脳ゲーム」のような難題に次々と挑んでいく。すべては3000年前に絶滅した“命”をよみがえらせるために……。

 本書は、前代未聞の科学プロジェクトの全貌と、生命の常識を覆す衝撃のノンフィクション。ハーバード大学医学部の教授にして、遺伝学界の“巨人”であるジョージ・チャーチの研究室の精鋭チーム(当初はわずか5名、現在はさらに少ない3名)が、北極圏の永久凍土から発掘されたマンモスのDNA配列をもとに、アジアゾウをマンモスにするプロジェクトでもありますが、そのプロジェクトの戦略過程、ゲノム工学技術、膨大な数のテスト実験……と今現在このプロジェクトがどこまで進んでいるのかも興味がありますし、とにかく刺激的なノンフィクションでした。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 18:19| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(11/27)

■ 河野外相「きちんとした答えを持ってこない限り来日されても困る」

『日本の河野太郎外相は26日、韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部(省に相当)長官が先日、韓日の外交上の懸案をめぐって協議するため訪日する可能性もあると言及したことに関して、「きちんとした答えを持ってこないかぎり来日されても困る」と話したことが分かった』とのことですが、外相として当然の対応です。

ズバリ

金返せ!

と言ってもいいと思いますし、話し合いで解決したことなのに、その約束さえ守れないのだから、ハッキリと国交断絶も口にすべきです。

■ 関西生コン支部8人逮捕へ 威力業務妨害容疑 滋賀県警

『滋賀県大津市内の大手住宅メーカーの施工現場で、現場責任者らに因縁をつけて工事を妨害したとして、滋賀県警が27日にも威力業務妨害の疑いで、全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部(関生支部)の幹部ら8人を逮捕する方針を固めた』とありますが、すでに逮捕者が34名になるというのに、なぜマスコミは辻元議員や福山議員に取材をしないんだ?

ここまで逮捕者を出してる組織と政治的関連こそトップニュースとして大きく報道すべき!

■ 認知症の父親置き去り疑い、神戸 高速PAに、46歳娘逮捕

『兵庫県警有馬署は26日、認知症気味の父親(79)を神戸市の中国自動車道のパーキングエリア(PA)に置き去りにしたとして、保護責任者遺棄の疑いで大津市、無職田中■子容疑者(46)を逮捕した。同署によると「自分が面倒を見るより、警察に保護してもらって施設に入った方がいいと思った」と容疑を認めている』とのことですが、世も末ですね。。。(呆)

行政相談するなり、然るべき対応を自ら取るならともかく、他人の迷惑を考えず、自分の父親を姥捨て山のようにするとか、よくこんな鬼畜のようなことができるかと思いますが、どのように対処すべきかぐらい自分で調べろ!と言いたい。
posted by babiru_22 at 05:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする