2018年12月05日

『わけあって絶滅しました。 世界一おもしろい絶滅したいきもの図鑑』丸山貴史




 不器用だったり、不運だったり…。ドードー、シソチョウ、ティラノサウルスなど、いろいろな生き物が絶滅した理由を、大きさ・生息地等の基本データやイラストとともに紹介。切り取り式の「絶滅全史」付き。

 さまざまな理由で地球から消えていった生物の「絶滅原因」を紹介する今までになかったコンセプトの動物図鑑が登場! 地球誕生以来、生物の99.9%は絶滅してきました。いま地球にいる生物は、奇跡的な確率で「たまたま」存在していると言っても過言ではありません。「アゴが重すぎて絶滅したプラティベロドン」「まっすぐすぎて絶滅したカメロケラス」「笑いすぎて絶滅したワライフクロウ」など、興味深い絶滅のエピソードとともに、「森に引きこもって助かったコビトカバ」など、絶滅しそうでしなかった生物も紹介しています。各ページには生物の基礎情報も丁寧に解説しており、学術的な内容も充実。巻末には別冊の「絶滅全史」の付録つき。

 本書は、様々なな理由で地球から消えていった生き物の「絶滅原因」を紹介する図鑑で、パンダに負けて絶滅したギガントピテクス、やみくもに上陸して絶滅したイクチオステガ…など、絶滅に至った過程や原因を生き物自らが語ります。収録されている生き物は全70種で、各ページには生物の基礎情報も書かれており、学術的な内容も充実しています。後半には絶滅の危機を乗り越えて現存する生き物も収録されており、絶滅理由が妙に面白く、子どもにも分かりやすい一冊です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 18:22| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(12/4)

■ 民進党を離れた候補に32億円超が流出 総務省は…

『政治資金収支報告書によりますと、去年の衆議院選挙の直前、民進党が旧希望の党や立憲民主党などに行く候補者個人に寄付をしていたことが分かりました。1人あたり最大で1500万円が支給されるなど、約350人に合わせて32億円以上が民進党から流出しました。この資金の元手の大半は政党交付金です。総務省は「その政党だけに使わなければならないという規定はないが、適切に使うよう自覚を持つべきだ」と指摘しています』って、旧民進党の連中は全員

税金泥棒

じゃないか!(怒)

国会サボって税金泥棒までしたとは、モリカケ問題より闇が深すぎだ!(怒)

■ 水道「民営化」の海外失敗例、調べたのは3例のみ

『政府が成立を目指す、水道事業を「民営化」しやすくする水道法改正案に関連し、海外で民営化の失敗例が相次いでいる問題で、公営に戻した海外の事例を、厚生労働省が3例しか調べていないことがわかった』とありますが、厚労省の役人ってバカしかなれないのかな?(呆)

どうせ都合のいいデータしか取らないのでしょうが、厚労省や財務省の役人って頭悪すぎるわ。。。(呆)

■ 「徴用」原告側が新日鉄住金に「回答なければ資産差し押さえ」

『「徴用」をめぐる裁判で、新日鉄住金に賠償を命じる判決が韓国で確定したことをめぐり、原告側の弁護士が再び新日鉄住金の本社を訪れて賠償に関する協議に応じるよう求めました。そして、「今月24日までに回答がなければ韓国内にある新日鉄住金の資産を差し押さえるしかない」という考えを示しました』とのことですが、返答には「国際法違反ですが、何か?」とでも返信すべきでしょうね。

そもそも徴用ではありませんし、具体的に何を差し押さえるんだか。。。(呆)
posted by babiru_22 at 07:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする