2018年12月12日

『幸腹な百貨店 催事場で蕎麦屋呑み』秋川滝美

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

幸腹な百貨店 催事場で蕎麦屋呑み [ 秋川 滝美 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2018/12/12時点)




 頼みの綱である催事場の売上げも落ち込み、依然閉店危機にある堀内百貨店。そんな折、事業部長の伝治は、企画部門に興味を示しているという酒売り場の里美に催事企画を提出させたところ、「蕎麦の食べ比べ」を提案し…。

 頼みの綱である催事場の売上げも落ち込み、依然閉店危機にある堀内百貨店。そんな折、事業部長の伝治は、酒売り場の後藤里美が接客の不安から、退社を検討していると耳にする。里美は企画部門に興味を示しているため、催事企画を提出させたところ「蕎麦の食べ比べ」を提案。伝治、「マドンナ」の瑠衣らは、その実現のため奔走するが……。

 本書は、低迷な百貨店を立て直そうと奔走する事業部長と社員たちのお仕事&グルメシリーズ第3弾。その百貨店での催事企画に「蕎麦の食べ比べ」を提案し、蕎麦屋で板わさを頼み日本酒で軽く飲んでから、ざる蕎麦で仕上げて勘定して帰るというのは、池波正太郎の「男の作法」の世界でもあり、こういう催事があれば行ってみたいと思いますし、蕎麦と日本酒との作法講座があると面白そうですよね。粋な作品です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 18:05| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(12/11)

■ ポイント還元、大手系列チェーン店は2%

『政府は11日、消費税増税対策の柱とするキャッシュレス決済時のポイント制度で、コンビニなど大手系列のチェーン店での還元率を2%に抑える方向で調整に入った。チェーン以外の中小店は予定通り5%とし、2種類の還元率が併存する』って、これ政府による

独禁法違反

では?

どう見ても競争者排除の調整であり、軽減税率を余計に複雑にすべきではありませんし、こんなことならポイント還元自体止めるべきです!

■ 徹夜国会の「コスト」公表へ 維新が11日に開示要求

『日本維新の会は10日、改正出入国管理法の審議に伴う7〜8日の「徹夜国会」の際の国会職員の残業状況や超過勤務手当総額について、11日に衆参両院に対して開示を求める方針を決めた。深夜や未明の国会攻防のコストを明示し、与野党に自重を促す狙いがある』とありますが、これは全て公開してもらいたい。

記事にもあるように、国会運営には多額の税金が使われており、しかも徹夜国会となった原因は立憲民主党と国民民主党の下らない争いのためでもあったため、コストの公開を希望します。

■ 「次の質問をどうぞ」河野外相 会見で質問を繰り返し無視

『北方領土問題でロシア側が日本をけん制する発言をしていることについて、河野外務大臣は、11日の記者会見で見解を問われましたが、記者の質問を繰り返し無視する一幕がありました』とのことですが、この記者会見では、記者が同じ質問を繰り返していましたから、河野外相よりも質問する記者の方に問題があります。

また。その質問も領土交渉については明かすことができない部分もあるのだから、質問する記者の質こそ問うべきですし、同じ質問ばかりでは無視する他ありません。
posted by babiru_22 at 03:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする