2018年12月21日

『絶対解答可能な理不尽すぎる謎』未須本有生

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

絶対解答可能な理不尽すぎる謎 [ 未須本 有生 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2018/12/21時点)




 「状況証拠が犯人を作る?」「わずかな記憶を頼りに、消えた熱帯魚を特定せよ」…。ワイン、バラ、熱帯魚など、それぞれの専門知識を武器に、7人の素人探偵が日常の謎を解く。『オール讀物』掲載に書下ろしを加えて単行本化。

 現代における「謎」は複雑すぎて、天才探偵が、たった一人で解決できる時代ではない!理系作家が新たに提案するのは、「特殊な専門性」を持つ7人の素人探偵たちが、「理不尽すぎる謎」を解き明かす「新感覚ミステリー」! ミステリー作家・高沢のりおの周囲には、「謎」に満ちた事件が起きる。高沢は、自宅で何者かに殴られ、血を流して仰向けに倒れていた。相談があるといって呼び出されていたデザイナーや、ワイン評論家、編集者らが、「美人の罠に陥った」小説家殴打事件の謎を解く。知れば必ず人に話したくなる「うんちく」が満載のミステリー短篇を6話収録。「大相撲殺人事件」の著者であり、ミステリー評論家 小森健太朗氏も「登場する作家・高沢のりお って、俺だよね!? この名探偵ものへの大胆な挑戦状を受けて立つ!」と大絶賛!

 本書は、偶然知り合った様々な職業の人たち7人が、それぞれの知識を出しあって謎を解く短編ミステリ。仕事のウンチクも面白く紹介されていて、ミステリとしてはやや物足りなさを感じたものの、物語としては楽しめました。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 19:53| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(12/20)

■ “元徴用工”ブーメランに文在寅大統領は?約1100人が韓国政府を提訴へ

『元徴用工の人々の矛先が文在寅大統領に向くわけですから、文在寅大統領としては意外、想定外のこと。(請求権協定が定めた)まさに正論をそのまま行くような韓国政府に対する訴えになる』とあるように、そもそもが韓国国内での問題ですから、韓国政府を提訴するのは当然のことですが、韓国政府はこの

ブーメラン

に、どう対応するんでしょうね〜。

日本は関係ないので、勝手にやって下さい。。。

■ 「ながら運転」に懲役刑、警察庁 スマホ、携帯使用罰則強化

『スマートフォンや携帯電話を使用しながら車を走行させる「ながら運転」について、警察庁は20日、罰則を強化する方針を固め、道交法改正試案を公表した。現行はながら運転だけだと罰金刑しかないが、懲役刑を設けて厳罰化する』とのことですが、この厳罰化には賛成です。

更に歩きスマホも同様の罰則強化を求めたいです。。。

■ 政府がIWC脱退方針を来週にも表明へ

『政府は商業捕鯨の再開に向け、国際捕鯨委員会(IWC)から脱退する方針を固めた』とありますが、組織として体を成さなくなっただけに、この脱退は理解できます。

ついでに国連も脱退してほしいくらいです。。。
posted by babiru_22 at 08:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする