2018年12月25日

『帝都探偵大戦』芦辺 拓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

帝都探偵大戦 (創元クライム・クラブ) [ 芦辺拓 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2018/12/25時点)




 帝都東京。犯罪者たちとあの名探偵たちが繰り広げる死闘を、江戸、第二次世界大戦前、そして戦後と3つの時代を通して描く。「名探偵名鑑」付き。『ミステリーズ!』掲載に書き下ろしを加えて単行本化。

 半七、銭形平次、顎十郎らが追う謎が鮮やかに収斂する「黎明篇」。ナチスが探す“輝くトラペゾヘドロン”を巡る巨大な陰謀に巻き込まれた法水麟太郎・帆村荘六らの活躍を描く「戦前篇」。空襲の傷が癒えぬ東京で神津恭介が遭遇した“あべこべ死体”、秋水魚太郎が調べる謎の溺死を遂げた男の死体、それぞれの遺体に残されたピースが繋がるとき、驚愕の真相が明かされる「戦後篇」……3つの時代を駆け抜けた名探偵たちの夢の競演で贈る傑作パスティーシュ。

 本書は、銭形平次から明智小五郎の助手・小林少年まで、数々の難事件を解決してきた50人の探偵が勢揃いし、帝都・東京の危機を救うために立ち向かう姿を、3つの時代に分けて描いた名探偵パスティーシュ。戦前戦後の名探偵が数多く登場し、探偵の登場が多すぎて、ミステリ自体は物足りない部分はあったものの、数々の探偵小説をリスペクトしている著者の姿勢は強く感じられましたし、パスティーシュとして楽しめました。

【満足度】 ★★★☆
posted by babiru_22 at 19:03| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(12/24)

■ 韓国の専門家「もし韓国軍が日本からレーダーを照射されたらより深刻な対応」

『国策研究所関係者は「立場を変えて考えみると、もし韓国軍が日本に対してこのようなことをされたとしたら、より深刻な対応を取っていたことだろう」と語った』って、そう思っているなら、まずは

謝罪しろよ!

言い訳にもなっていない言い訳ばかり続けて、一言「ごめんなさい」と言えばいいものの、それを頑なに言わないとか、まともな相手ではありませんから、断交して結構です!

■ 韓国 レーダー照射問題で日本に遺憾表明=「引き続き意思疎通」

『外交部の当局者は会談後、記者団に対し、韓国の艦艇が海上自衛隊の哨戒機にレーダーを照射したとされる問題を巡り、「日本側が事実関係を明確に確認せず、メディアに公開したことについて遺憾を表明した」と明らかにした。韓国側の遺憾表明に対し、日本側は特に反論はしなかったという』とか、何ですかこの逆ギレ遺憾は。(怒)

まともに話し合いすらできない基地外国家ですから、無視する他ありませんし、もう国交断絶を一刻も早く行うべきです。

■ 奨学金返済「貧困」の若者たち…月10万円返済も、滞納1カ月でサラ金同然の取り立て

『「借りたお金は返すのが当たり前」「それが嫌なら、借りる時点でもっと慎重になるべき」という声もある。そうは言っても、大学に進学できるかどうかで手一杯の高校生に「卒業後に返済するお金のことまで考えろ」というのは酷ではないだろうか。将来、自分がどんな仕事に就いて、どれだけの額の給料をもらえるのかもわからない人が多いのだから』とありますが、それだけのリスクが貸付型奨学金にあることを理解しないで借りているのだから、親子の自己責任です。

借りた物は返すのが当たり前で、卒業後に返済が始まるのも当たり前のことで、返済しなければ取り立てだって当たり前のこと。

むしろその点すら理解していない親子こそ問題視すべきです!
posted by babiru_22 at 06:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする