2019年01月08日

『会計の世界史 イタリア、イギリス、アメリカ−500年の物語』田中靖浩




 帳簿と会社の誕生から、計算や報告の仕組みの変化、管理会計やファイナンスといった新分野の登場まで、会計の世界史を物語として綴る。簿記、会計、ファイナンスの全体がわかる一冊。

 「会計ギライ」の方を悩ませる、数字および複雑な会計用語は一切出てきません。「世界史ギライ」の方をげんなりさせる、よく知らないカタカナの人や、細かい年号もほとんど出てきません。登場するのは偉人・有名人ばかり。冒険、成功、対立、陰謀、愛情、喜びと悲しみ、芸術、発明、起業と買収…波乱万丈、たくさんの「知られざる物語」が展開します。物語を読み進めると、簿記、財務会計、管理会計、ファイナンスについて、その仕組みが驚くほどよくわかります。

 本書は、会計と簿記の誕生からその背景も含めて、会計と世界史の繋がりを分かりやすくまとめたもの。数多くのイラスト・写真・図表から、エンタメ感覚で会計の世界史が読めますが、会計本としては実に面白く、堅苦しい内容ではなく、会計の歴史に美術やミュージックまで交えて解説しており、ビートルズの楽曲の著作権の買戻しをしようとしていたマッカトニーとオノヨウコが、負担額の問題でグズグズしているうちに、M・ジャクソンにさらわれてしまう経緯を、取得原価主義と時価主義(将来キャッシュ・フロー重視)に例えて説明しているのは、特に秀逸です。数多くの雑学も交えており、会計本というよりも雑学エンタメ要素が強く、楽しめながら会計が学べる一冊です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 17:29| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(1/7)

■ 韓国各紙「安倍首相が戦線拡大」 元徴用工訴訟、対抗措置発言で

『7日付の韓国各紙は、安倍晋三首相が韓国の元徴用工訴訟を巡って対抗措置を検討するよう関係省庁に指示したと発言したことを受け「安倍(首相)、徴用工判決で戦線拡大」(朝鮮日報)などと大きく報じた』って、自分達が散々

マッチポンプ

やっておいて、何を言っているのやら。。。(呆)

自分達が身勝手に仕掛けておいて、今度は必死で騒ぐとか、相手にすべきではありません。。。

■ テレビ朝日 レーダー照射問題で韓国艦隊を「瀬取り」とついに言ってしまう

『P-1(哨戒機)と韓国軍の位置関係を見て、羽鳥慎一氏が「これって日本の排他的経済水域ですよね」と質問すると元海上自衛隊海将の伊藤俊幸氏が「そちらじゃないです。それよりも瀬取りです。経済制裁の対象」と瀬取りと発言。どうやら伊藤俊幸氏はこの現場で韓国と北朝鮮が人命救助ではなく、瀬取り行為をしていたと睨んでいるようだ。瀬取りとは船から船に荷物(人)を乗せ替える密輸行為。それを排他的経済水域で行っていたところ日本のP-1に見つかり、日本が無線で応答したところ、レーダー照射したという流れだ』とありますが、よくテレビ朝日で「瀬取り」発言が出ましたね。

見事に確信ついた発言をされましたが、ここでテレビ朝日は「瀬取り」解説すれば、汚名返上なんですけどね。。。

■ 「出国税」きょうからスタート 1人1,000円代金上乗せ

『日本を出国する人から1人1,000円を徴収する国際観光旅客税、いわゆる「出国税」が7日から始まる。出国税は、国籍を問わず、飛行機や船舶で日本を出国する人から、1人1,000円を徴収するもので、7日以降、旅券を購入すると、代金に上乗せされる』とのことで、テレビニュースでは「知らなかった!」という人が多かったですが、昨年から事前に発表されていたんですけどね。

海外へ行く人は当たり前に情報として知っているものだとばかり思っていましたが、気にしない人が多いんですかね。。。
posted by babiru_22 at 07:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする