2019年02月07日

昨日の出来事(2/6)

■ 関西生コン支部16人逮捕へ 滋賀県警が恐喝未遂容疑

『準大手ゼネコンが滋賀県東近江市で進めていた倉庫建設工事をめぐり、全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部(関生支部)の幹部らが、提携する協同組合の加盟企業と供給契約を結ぶようゼネコン側を脅したとされる事件で、滋賀県警が、恐喝未遂容疑で同支部の組合員ら16人の逮捕状を請求したことが4日、捜査関係者への取材でわかった。16人は現場で嫌がらせ行為を行っていた「実行部隊」とみられる』とありますが、なんで関連が噂されている立憲民主党の辻元議員には取材しないんだ?

一度に16人もの逮捕者が出る大規模組織犯罪であるにも関わらず、マスコミは大きな報道すらせず、これこそマスコミ最大の

忖度じゃん!


■ 立民・辻元清美氏、韓国籍弁護士から「外国人献金」 夕刊フジ質問に“受け取り認める”回答 政治資金規正法に抵触する行為

『立憲民主党の辻元清美国対委員長の政治団体が、2013年度から少なくとも2年間、韓国籍の男性弁護士から「外国人献金」を受けていたことが、夕刊フジの独自取材で分かった。政治資金規正法に抵触する行為であり、過去には複数の閣僚が辞任に追い込まれている』とのことですが、完全にアウトですね!(怒)

これだから立憲民主党は韓国問題はダンマリ続けているのでしょうし、辻元議員は即座に議員辞職すべきです。

■ ゴミ箱に捨てた魚をひろって調理する店員の動画がSNSで拡散 くら寿司が謝罪「類似の事故が多発」

『問題の行為は、くら寿司のアルバイト従業員の動画がSNSに動画投稿したことで判明。店内の調理場で魚を捌いた従業員は、その魚をゴミ箱に投げ捨てた。そして、笑顔でゴミ箱の中の魚を拾いあげ、再度まな板の上に置いていた。この動画には、「きちがいではないって。」との文字も記されていた』とあり、しかも記事には類似の事故がチェーン店で多発しているとも書かれていますが、多発している時点でアウト。

くら寿司は行ったことすらありませんが、これは損害賠償請求させるべきでしょう。
posted by babiru_22 at 07:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月06日

『鬼嵐』仙川 環

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

鬼嵐 [ 仙川 環 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2019/2/6時点)




 過疎の町に突如発生した殺人ウイルス。外資系製薬会社、外国人労働者、リストラ、そして…。感染源を追跡する女性医師が突き止めた戦慄の事実とは。医療ミステリー。『STORY BOX』連載を単行本化。

 『感染』で第1回小学館文庫小説賞を受賞し、単行本、文庫併せて23万部のベストセラーを生んだ、医療ミステリーの第一人者として名高い仙川環氏の最新作。女医の夏未は、東京の大学病院での研究者生活から挫折し、北関東の地元に戻って来た。過疎化が進み、外国人労働者の増加が目立つ地元では、町おこしの目玉にと、地元産の食肉を商品化しようとする動きが進んでいた。そんな中、謎の感染死が連続して起こる。独自に調査を始めた夏未を妨害する出来事が次々に起こって……。感染源は何か、そしてその裏側に何があるのか……。『STORY BOX』連載中からあまりにリアルと話題になった作品。作家デビュー16年目の脂ののった仙川氏が贈る読み応え満載の社会派医療ミステリです。

 物語は、北関東の過疎の町で突如発生した殺人ウイルスを、東京の大学病院を辞めて父が経営するクリニックを手伝う主人公が感染源を探るストーリー。パンデミックをテーマとした医療ミステリでしたが、様々な医療界の問題も絡めていましたが、そのパンデミックの感染恐怖や緊迫感があまり伝わってこなかったのが大きな欠点。設定が非常に良かっただけに、物足りなさを感じた点が残念です。

【満足度】 ★★★☆
ラベル:仙川 環 鬼嵐
posted by babiru_22 at 17:45| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(2/5)

■ 立民、レーダー照射に福山氏も沈黙…なぜ「韓国」を避け続けるのか? 識者「日本守る覚悟感じられない」

『パーティーには二階派を代表して河村建夫会長代行が出席。「政界では昨日の友は今日の敵であり、昨日の敵は今日の友ということもある」と述べた。「これまでの経験を政界に生かし、いずれトップに立っていただきたい」と「将来の総裁候補」としての期待感も示した』とのことですが、まずトップは

絶対無理

です。

一本筋が通っている政治家には見えませんし、所詮は無責任な元民主党ですが、言葉ではなく行動で示して下さい。

■ 日本前防衛相「韓国とは同じ土俵で戦うのではなく、丁寧に無視を」

『小野寺五典前防衛相が4日、日韓関係の悪化に関連し、「韓国とは同じ土俵で戦うのではなく、丁寧に無視する必要がある」という趣旨の主張をした』とありますが、丁寧にしなくていいですから、基本無視ですね。

これが中央日報で記事になっているということが凄いところで、日本の新聞社が書かないことを書いてくれるのも、ある意味凄いです。

■ 独メルケル首相 きょう3年ぶり訪日

『ドイツはこれまで、アジアにおいては、経済的な観点から中国との関係を重視する傾向にありましたが、近年、先端技術の流出などへの懸念が高まっていて、今回の訪問で日本と中国との間でバランスを取りたい思惑もあるとみられます』とのことですが、行き当たりバッタリで都合が良すぎますね。。。

今まで散々日本批判を繰り返してこれですからね。。。

正直メルケルは全く信用できません。
posted by babiru_22 at 16:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月05日

『凍てつく太陽』葉真中顕

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

凍てつく太陽 [ 葉真中顕 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2019/2/5時点)




 昭和20年、終戦間際の北海道・室蘭。陸軍の軍事機密をめぐり、軍需工場の関係者が次々と毒殺される。アイヌ出身の特高刑事・日崎八尋は、先輩刑事とともに捜査に加わるが…。『小説幻冬』連載を加筆・修正し単行本化。

 逼迫した戦況を一変させるという陸軍の軍事機密「カンナカムイ」をめぐり、軍需工場の関係者が次々と毒殺される。アイヌ出身の特高刑事・日崎八尋は捜査に加わるが、「拷問王」の異名を持つ先輩刑事の三影に濡れ衣を着せられ、網走刑務所に投獄されてしまう。八尋は特高刑事としての「己の使命」を全うするために、脱獄を決意するのだが……。民族とは何か、国家とは何か、人間とは何か。魂に突き刺さる、骨太のエンターテイメント!

 本書は、終戦前の北海道を舞台に、アイヌ民族の歴史や文化を絡め、殺人事件と事件の背後を描いた特高警察小説。約530ページと重厚な内容で、極寒生活・貧困・拷問・差別…と、歴史的背景や当時の社会情勢を物語に上手く絡めていて、重厚なテーマであるものの、ミステリとしても、サスペンスとしても、冒険活劇としても、エンタメとして読み応えたっぷりに仕上げていて、存分に満足感を味わえる作品でした。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 16:17| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(2/4)

■ 立民、レーダー照射に福山氏も沈黙…なぜ「韓国」を避け続けるのか? 識者「日本守る覚悟感じられない」

『立憲民主党は、どうして「韓国」を避け続けるのか? 福山哲郎幹事長(57)は1日の参院代表質問で、いわゆる「元徴用工」をめぐる異常判決や、韓国海軍駆逐艦による海上自衛隊哨戒機への危険なレーダー照射問題について、完全にスルーした。枝野幸男代表(54)も前日、衆院での代表質問で韓国に一切触れず、疑問視されていた。同党の姿勢が問われそうだ』とありますが、立憲民主党に限ったことではありませんが、なんで日本の野党は都合が悪くなると

ダンマリ

なんだ?(呆)

正々堂々と自分達で説明や質問をすべきなのに、それすらせずに、自分達の問題であっても責任転嫁ばかり。

これだから日本の野党の質が低すぎる!(怒)

■ 北朝鮮、レーダー照射問題で韓国に対日共闘を呼び掛け

『北朝鮮の韓国向け宣伝サイト「わが民族同士」は4日、韓国駆逐艦による海上自衛隊哨戒機へのレーダー照射をめぐって日韓が対立している問題を記事で取り上げ、「朝鮮半島の平和の雰囲気を壊してわが民族への再侵略野望を実現しようとする日本反動らの凶悪な計略が明るみに出た」と安倍晋三政権を非難した。日本を「民族の団結を阻む、がん的存在」だと指摘。「全同胞は日本反動らの対朝鮮敵視政策と再侵略野望を断固粉砕すべきだ」と韓国に向けて対日共闘を呼び掛けた』とのことですが、相変わらずの被害者ヅラですね。。。(呆)

これで瀬取り隠しがバレバレです。。。(呆)

■ 更迭の厚労省局長級、与党が招致を拒否「現職でない」

『衆院予算委員会理事会は4日、厚生労働省の「賃金構造基本統計」の不正調査問題をめぐり更迭された大西康之前政策統括官(局長級、1日付で大臣官房付に異動)について「現職ではない」との理由で政府参考人として予算委に招致しないことを決めた。野党側が招致を求めたが、与党側が拒否した』って、ここが与党のダメなところ!

現職であろうがなかろうが、厚労省の当時の担当者には説明責任がありますし、こういうことをするから隠してると思われるだけに、関係者の国会招致とかに真摯に対応するべきです。

■ なんと節分当日の午前中から大量に廃棄される恵方巻 こんな習慣やめればいい!

『節分のために作られた恵方巻が、当日のきのう午前中にはもう大量に廃棄されている』とのことで、この大量廃棄は数年前から続いていますが、ホントこんな習慣やめればいいのに!

元々関西圏だけの風習だったのだから、その地域だけでやっていれば良かったのに、無理やり商戦にしようとするから、このようなことになるのであって、売れないなら大量に作らず、予約制にでもしてやりたい人だけ勝手にするべきです。
posted by babiru_22 at 04:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月04日

『ローカルベンチャー 地域にはビジネスの可能性があふれている』牧 大介




 地域経済はもっと儲かる! 人口約1500人の岡山県・西粟倉村で、2社を立ち上げ、5億8千万円の売り上げを達成した著者が、自身の起業ストーリーと「地域でのベンチャービジネス」について語る。

 地域で自ら仕事をつくる「ローカルベンチャー」。発祥の地は、人口わずか約1500人の岡山県・西粟倉村だ。この村で2009年に『西粟倉・森の学校』を起業し、現在は「ローカルベンチャー」をサポートする事業などを行う『エーゼロ』も経営する著者。2社の売り上げは、合計5億8千万円(2017年)となっている。本書では、これまでの軌跡とその哲学、地域経済への思いなどを紹介。地域で起業した「ローカルベンチャー」たちや、地域で熱く活動する自治体職員の物語も収録している。移住者や自治体職員など、日本の地域に住むすべての人へ贈る“地域経済の指南書”として、地域にはビジネスの可能性があふれていることをおおいに実感できる一冊だ。

 本書は、著者自らが人口1500人足らずの山村・岡山県西粟倉村で、ローカルベンチャーを立ち上げ、木材の加工流通事業を皮切りに多彩な事業に取り組み、年間5億8千万円の売り上げに成長したことが書かれたもの。更にこの10年ほどの間に、同村では30社のローカルベンチャーが生まれ、年間売り上げの合計は15億円になり、結果、村の人口も2017年に増加に転じたのこと。地域にはビジネスの可能性があふれている……そう実感した著者が好循環が生まれていく過程を自ら生き生きと振り返っています。また、著者だけの努力ではなく、行政支援や、著者が行政を巻き込む姿が書かれていますが、こうした官民一体の取り組みこそが、地域を活性化させる好例にもなっています。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 16:29| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(2/3)

■ 「本丸」総務省でも不適切調査 物価調査にも疑念

『統計の不適切調査問題の裾野が政府の統計調査の「司令塔」といえる総務省にも広がってきた。厚生労働省が所管する賃金関連の統計だけでなく、全国の店頭価格や家賃を調べる総務省の小売物価統計でもずさんな調査が発覚した。賃金に加えて物価でも調査結果への疑念が広がれば、政府が進めてきた経済政策や景気判断に対する不信が深まりかねない』とありますが、省庁の組織自体に

メスを入れろ

と言いたい!(怒)

野党は政権のせいにして批判するでしょうが、これでは問題の本質の改善には繋がりませんし、官僚組織が腐りきっているということでもあるのだから、与野党で協力してでも、省庁の組織改革を推し進めるべき!

■ 韓国艦艇が繰り返す海自哨戒機への無線警告 「低空威嚇」非難の正当化狙いか

『韓国海軍駆逐艦による海上自衛隊P1哨戒機への火器管制レーダー照射問題の発生以降、韓国艦艇が海自哨戒機に対し、無線による警告を常態化させていることが分かった。海自哨戒機の警戒・監視活動が「低空威嚇飛行」に当たるとの主張を正当化する狙いがあるとみられる』って、おいおい無線で話ができるじゃん。。。(笑)

ロックオンした際は無線をスルーしておきながら、無線警告とか、嘘で嘘を塗り固めるお決まりパターンですね。。。(呆)

■ ギャンブル依存症家族会が全国に支部設置へ カジノ解禁に危機感「怖さを知って」

『カジノを含む統合型リゾート(IR)開業に向けた動きが加速する中、カジノ解禁を懸念するNPO法人「全国ギャンブル依存症家族の会」(東京都新宿区)が、全都道府県に支部設立を目指す準備を本格化させている』とのことですが、ギャンブル依存症になった人達の殆どが原因がパチンコのはず。

記事には『約10年前、当時18歳の息子がパチスロ通いでギャンブル依存症に。上野さんの婚約指輪まで売却してパチスロ代に充てていたことで気付いた。「もう二度とやらない」という息子を信じて借金の肩代わりをしたこともあった』ともありますが、それならばパチンコやパチスロの廃止のために会にすべきで、なんでパチンコやパチスロ廃止を叫ばないんだか。。。(呆)
posted by babiru_22 at 00:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(2/3)

■ 「本丸」総務省でも不適切調査 物価調査にも疑念

『統計の不適切調査問題の裾野が政府の統計調査の「司令塔」といえる総務省にも広がってきた。厚生労働省が所管する賃金関連の統計だけでなく、全国の店頭価格や家賃を調べる総務省の小売物価統計でもずさんな調査が発覚した。賃金に加えて物価でも調査結果への疑念が広がれば、政府が進めてきた経済政策や景気判断に対する不信が深まりかねない』とありますが、省庁の組織自体に

メスを入れろ

と言いたい!(怒)

野党は政権のせいにして批判するでしょうが、これでは問題の本質の改善には繋がりませんし、官僚組織が腐りきっているということでもあるのだから、与野党で協力してでも、省庁の組織改革を推し進めるべき!

■ 韓国艦艇が繰り返す海自哨戒機への無線警告 「低空威嚇」非難の正当化狙いか

『韓国海軍駆逐艦による海上自衛隊P1哨戒機への火器管制レーダー照射問題の発生以降、韓国艦艇が海自哨戒機に対し、無線による警告を常態化させていることが分かった。海自哨戒機の警戒・監視活動が「低空威嚇飛行」に当たるとの主張を正当化する狙いがあるとみられる』って、おいおい無線で話ができるじゃん。。。(笑)

ロックオンした際は無線をスルーしておきながら、無線警告とか、嘘で嘘を塗り固めるお決まりパターンですね。。。(呆)

■ ギャンブル依存症家族会が全国に支部設置へ カジノ解禁に危機感「怖さを知って」

『カジノを含む統合型リゾート(IR)開業に向けた動きが加速する中、カジノ解禁を懸念するNPO法人「全国ギャンブル依存症家族の会」(東京都新宿区)が、全都道府県に支部設立を目指す準備を本格化させている』とのことですが、ギャンブル依存症になった人達の殆どが原因がパチンコのはず。

記事には『約10年前、当時18歳の息子がパチスロ通いでギャンブル依存症に。上野さんの婚約指輪まで売却してパチスロ代に充てていたことで気付いた。「もう二度とやらない」という息子を信じて借金の肩代わりをしたこともあった』ともありますが、それならばパチンコやパチスロの廃止のために会にすべきで、なんでパチンコやパチスロ廃止を叫ばないんだか。。。(呆)
posted by babiru_22 at 00:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月03日

昨日の出来事(2/2)

■ 小4死亡、市に抗議殺到 「なぜ渡した」2日間で1千件

『事件に関して市と市教委にかかってきた電話は、1日は夕方までに830件、夜にも61件あった。市の幹部は「日常業務に支障が出ている。そのために専用の窓口を設置した」という。代表番号用の電話を増やし、管理職が応対した。2日は土曜日ということもあって午後6時半現在で191件だったが、2日間で1千件を超えた』とありますが、日常業務に支障が出るのは当然のことで、それだけのことをしたのだから

自業自得

でもありますが、下に丸投げしてないで責任者が終日対応するべきでは?

■ 仙台市、電気解約怠り1.5億円 撤去の照明灯など1800件

『仙台市は1日、道路照明灯を工事などで撤去した後に電力契約の廃止を怠り、料金を払い続けていたケースが1800件見つかったと発表した。支払った金額は少なくとも1億5千万円に上るが、返金を求めることはできないという。担当者は「市民の信頼を損ねることになり、深くおわびする」と陳謝した』とのことですが、1.5億の損失を出しながら、誰も責任取らずに陳謝するだけとか、公務員凄すぎる。。。(呆)

このツケは仙台市民に行くことにもなりますが、仙台市民はもっと怒りの声を出すべきです。

■ 安倍政権、韓国に“戦略的制裁”発動 真綿で首を…「『特例』は順次なくなる。見ていればいい」

『いわゆる「元徴用工」をめぐる異常判決や、韓国駆逐艦による火器管制用レーダー照射問題などの「反日暴走」を繰り返しながら、誠意ある対応をしない韓国への対抗措置として、日本政府は「戦略的制裁」に乗り出す。日韓防衛当局間の交流縮小に加え、経済官庁も「特例」を順次取り消していくという。まさに、「真綿で首を絞める」作戦といえそうだ』とありますが、まだまだ日本政府の対応は温いところが多いですし、もっと強気に指摘していくべき。

そして言葉だけではなく、制裁措置を実施し行動で示すべきです。
posted by babiru_22 at 00:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月02日

『良い値決め悪い値決め きちんと儲けるためのプライシング戦略』田中靖浩




 「良い値決め」に転換するためのプライシング戦略が学べるテキスト。値決めをめぐる日米の歴史を踏まえつつ、管理会計の中から「値決め」についての内容を抜き出し、実例や図を多用して説明する。

 本書は、初心者でも楽しくプライシングが学べる入門書です。コストを把握するための会計知識と、「良いものをより高く」売るためのマーケティング・ビジネス心理学(行動経済学)をミックスさせて、読者に役立つヒントを紹介しています。とはいえ、難しい用語はほとんど出てきません。「下取りセールでイトーヨーカ堂が成功した理由」「ヤマダ電機がたどりついた結論」「マクドナルド価格戦略の成功と失敗」など、身近なケースを使ってわかりやすく読み進められるよう工夫しています。終わりなき安値争いから「顧客満足『高』価格」の世界へ、本書がナビゲートします。

 本書は「売上重視主義から利益重視主義」「企業目線から顧客目線」「従来の経済学から行動経済学」「デジタルから再びアナログに」といった相転移を解説し、上述した新たな必要性を説いたもの。マーケティングとして内容が分かりやすくまとめられているため、特に自営業をされている方は「値決め」の参考になる一冊です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 19:21| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(2/1)

■ 文大統領娘婿の元勤務先に韓国政府が20億円支援? 大統領府は沈黙

『文在寅大統領の娘、タヘさんの夫が勤務していたモバイルゲーム企業「トリゲームズ」が、政府から200億ウォン(約20億円)の支援金を受け取っていたとの疑惑を韓国野党が提起したが、韓国大統領府(青瓦台)は31日になっても明確な立場を示さなかった』とのことですが、これが事実であれば

逮捕確定

ですね。。。(呆)

元大統領逮捕というのは、もはや韓国の恒例の伝統行事にもなっていますが、こんな国ですからね。。。(呆)

■ 厚労省、不適切な郵送調査を主導か 賃金構造統計で

『賃金構造基本統計の不適切調査問題で、厚生労働省がルール違反の郵送調査を主導していた疑いがあることが1日、わかった。調査業務を担う地方の労働局に対し、郵送に必要な封筒などを送付。事実上、郵送調査を指示していた。一方、調査費の予算は調査員が直接訪問する適切な調査手法を前提に計上しており、実態との整合性が問われそうだ』って、厚労省の組織自体の問題が多すぎます。

結局誰も責任を取らないことから、こういう組織体質を改善しようとすらしていないようにも見えますが、こうした点こそ野党は徹底追及すべきですが、省庁の問題なのに、政権批判に摩り替えるから、日本の野党はダメなんですよね。。。

■ 明石市長辞職へ…職員に暴言「責任負う」

『兵庫県明石市の泉房穂市長(55)が、道路工事に伴うビル立ち退き交渉を担当する職員に「火をつけてこい」と暴言を吐いた問題で、泉市長が1日午前、市議会議長宛てに2日付の辞職届を提出した。取材に対し、「一連の発言の責任はすべて私にあり、責任を負うべきだと判断した」と語った』とありますが、辞職に値する暴言発言です。

次の市長選に出馬するかどうかは分かりませんが、せめて説明責任は果たすべきですね。。。
posted by babiru_22 at 00:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月01日

『みらいの教育 学校現場をブラックからワクワクへ変える』内田良/苫野一徳




 「公教育は市民社会の根幹である」という共通理解のもと、ワクワクするような未来の教育を作るために、教育哲学者・苫野一徳と教育社会学者・内田良が、それぞれ考えてきたこと、やってきたことを語り合う。各人の論文も掲載。

 社会が急速に変化し、学校教育への要望が複雑化する中、増え続ける仕事をこなすため、過労死ラインを超えて自己犠牲的に働く教職員の異常な労働実態。「教師は子どもの人格の完成をめざす崇高で特殊な仕事である」、「教育には政治や経済の論理とは異なる独自の価値がある」……「教育の特殊性」論によって生じている学校現場の課題を克服し、子どもも先生もワクワクできる学びの場としての学校をつくるには? 新進気鋭の教育社会学者と教育哲学者が、学校教育の現状と「みらいの教育」について語り合い、それぞれの立場から書き下ろし論文を寄せた、ワクワク対話シリーズの第1弾!

 本書は、「教育の特殊性」について論考した一冊。その「教育の特殊性」が教師を縛り付けているという現実についてが書かれていますが、教育現場の実情が非常に分かりやすくまとめられていて、テーマを決めた対話の参考にもなる内容です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 19:08| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(1/31)

■ 実質賃金 大幅マイナス 専門家算出 厚労省認める

『毎月勤労統計をめぐる問題に関連して厚生労働省は三十日、二〇一八年の実質賃金が実際はマイナスになる可能性があることを認めた』とありますが、まだデフレが脱却できていないという数値結果ですね。

この状況下で消費税引き上げをするのは、更なる

経済悪化

に繋がりますし、賃金が増えてるから消費税上げるという前提が壊れたわけでもありますが、これでも消費税引き上げを進めるのか?

それにしても、よくこれで景気回復が続いているとか発表してきたものですね。。。

■ 八方塞がりの韓日関係、手を引く韓国外交

『韓日関係が八方塞がりに陥ってしまっている。慰安婦問題や強制徴用賠償判決などに関連した両国の葛藤はますます深刻化している。これに重なるようにして、日本海上自衛隊哨戒機に対するわれわれ海軍艦艇のレーダー派発射で誤解まで招いた。出口は見えていない。排水口が詰まって食器を洗った水があふれているのに、詰まりを解消する意志もアイデアもなさそうだ』とのことですが、八方塞がりも全て韓国の自業自得。

それにしても「両国の葛藤はますます深刻化している」とか、何でも日本のせいにしているのに、何を言っているのやら。。。(呆)

■ 野党6党派 予算審議に入れる状況ではない

『厚生労働省の統計不正問題をめぐって、立憲民主党など野党6党派の国会対策委員長が会談し、実質賃金の伸び率の実態などが明らかにされておらず、予算審議を行う状況ではないといった意見が相次ぎました』って、自分達が民主党政権の時にも厚労省の統計不正問題があったのに、自分達のことは棚上げして、予算審議に応じないとか、どこまで無責任なのか?(怒)

野党って、ブーメランと批判しかできないのか?(呆)
posted by babiru_22 at 00:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする