2019年02月09日

『アリエリー教授の「行動経済学」入門 お金篇』ダン・アリエリー&ジェフ・クライスラー




 セール、セット売りに目がない。当たりが出るまでクジを引き続ける。有料登録をずるずる続けてしまう…。お金の失敗エピソードを紹介しながら、行動経済学で「つい買ってしまう」心理を解き明かす。

 セール、セット売りに目がない。当たりが出るまでクジを引き続ける。有料登録をずるずる続けてしまう。小さな金額の小さな決断のつもりが、人生の大問題にも影響する。日々の決断にひそむ不合理には、収入やライフスタイルを問わず、あらゆる場面で見られるパターンがある。おもしろ実験とケーススタディで知られる行動経済学者のダン・アリエリーが、金融ネタを得意とするコメディアンと組んでパワーアップ! お金の失敗エピソードを紹介しながら、一生使える考え方を伝授する。これ1冊で、行動経済学の基本から応用までわかる入門書。

 本書は、行動経済学をエンターテインメントにしたダン・アリエリー教授と、弁護士出身のコメディアンのジェフ・クライスラーとが、お金をテーマに、お金に関してどんな間違いを犯しやすいか、なぜそうしてしまうのかを、楽しく行動経済学として分かりやすくまとめた一冊。支払いのタイミングで感覚が全く違う事、心の会計、言葉や表現の仕方で購入意欲が変わる事など、「つい買ってしまう」心理が面白く紹介されています。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 17:00| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(2/8)

■ 朝鮮学校を授業料無償化の対象に 子どもの権利委員会が勧告

『朝鮮学校が高校授業料の実質無償化の対象外になっていることについて、国連で採択された条約に基づく「子どもの権利委員会」は、「ほかの外国人学校と同じように扱われるべきだ」として日本政府に見直しを勧告しました』とのことですが、完全な

内政干渉

であり、こんな勧告は無視!

そこまで言うのであれば、その子どもの権利委員会が授業料払えと言いたい!

■ 「辻元、辞めろコール」殺到に立民“完全スルー”! 「寄付した側のミス」投稿を拡散

『立憲民主党の辻元清美国対委員長が「外国人献金」を受けながら、役職辞任を拒否している問題が、永田町をざわつかせている。これまで、閣僚らの進退問題を激しく追及してきた女傑だけに、「自分には大甘」の姿勢に批判が噴出しているのだ。国会審議で一連の「韓国問題」をスルーして、その特異な政党体質が注目される立憲民主党は、辻元氏への「辞めろコール」にも沈黙している』って、相変わらず都合が悪いとダンマリ。。。(呆)

記事の最後にも『辻元氏も立憲民主党も「他人に厳しく、自分には大甘」のようだ』とありますが、説明責任すら拒否して、その説明責任を与党に求めるとか、どんなダブスタだよ!(怒)

■ グッチ、「黒人差別」で謝罪=セーター販売中止

『イタリアの高級ブランド「グッチ」は7日、黒色のセーターが黒人差別に当たるとの批判を受けて謝罪し、販売を中止したと発表した。ファッション業界ではここ最近、人種差別問題が相次いでいる』って、もうアホかと。。。(呆)

これでは黒が全面禁止にもなりかねませんし、むしろ販売中止に追い込む逆差別こそ問題視すべき!
posted by babiru_22 at 06:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする