2019年02月16日

『鏡の背面』篠田節子

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

鏡の背面 [ 篠田 節子 ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2019/2/16時点)




 薬物依存症患者やDV被害者の女性たちが暮らすシェルターで発生した火災。聖母のように優しい「先生」は入居者を助け、死亡。皆が悲しむなか、死体は別人だと発覚し…。『小説すばる』連載を加筆・修正し単行本化。

 薬物依存症患者やDV被害者の女性たちが暮らすシェルターで発生した火災。「先生」こと小野尚子が入居者を救い、死亡。盛大な「お別れの会」が催された後、警察から衝撃の事実が告げられる。「小野尚子」として死んだ遺体は、別人のものだった。ライターの山崎知佳は、過去を調べるうちに、かつて「女」を追っていた記者にたどり着く。一方、指導者を失ったシェルター内では、じわじわと不協和音が…。傑作長編サスペンス。

 物語は、薬物依存症患者やDV被害者の女性たちが暮らすシェルターを支えてきた聖母とも思える人が、実は……というところから始まるサスペンス。500ページを超える大作でしたが、展開に引き込まれて一気読み。2人の女性の波乱に満ちた一生を、ジャーナリストが同業者の力を借りて解き明かしつつ進んでいきますが、著者らしさは存分に出ていたものの、余分な描写も多く、読み応えはあったものの、ラストも消化不良で、やや期待に欠けたのが少々残念です。

【満足度】 ★★★☆
posted by babiru_22 at 16:53| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(2/15)

■ 日本が「火力全開」で韓国を攻撃―韓国メディア

『日本から激しい非難を浴びた文氏が訪問先の米ワシントンで「そもそも謝るようなことではない」「10年以上前から天皇は慰安婦に謝罪する必要があると考え始め、今もそう思っている。これが問題解決の根本的な道」「日本がどうして今回の件をこんなに荒立てようとするのか理解できない。ましてや首相まで加わるなんて」と述べ、謝罪の意思がないことを伝えた』って、謝罪することではないという認識こそが日本には

理解不能!

相手国を侮辱し、しかも被害者面、それでいて「火力全開」とか、そんなに嫌いならなぜ日韓基本条約を破棄して断交すると言わないんだ?(怒)

しかも火力とか、自分達でマッチポンプしておいて、よく言うわ。。。(呆)

■ 新日鉄住金の資産売却手続きを宣言

『韓国元徴用工訴訟の原告側代理人は15日、東京都の新日鉄住金本社前で、既に差し押さえている韓国内の同社資産の売却、現金化の手続きを始めると宣言した。賠償協議のため同社を訪問したが、面会を断られた』とありますが、基地外相手には面会断るのは当然のこと。

問題解決済みなのに、被害者ヅラして企業にタカるとか、国としてゴロつきやっているのだから、もう話にすらなりません!(怒)

■ 「韓国製半導体を他国製品で代替」日本のPC業界が検討か=韓国ネット猛反発

『韓国メディア・ZDNet Koreaは、日本の主要なパソコンメーカーが先月、韓国製の半導体製品やディスプレーを米国、中国、台湾製などで代替できないか検討していたと報じた』とのことですが、検討ではなく即刻実施するべき。

今の韓国の対応を見れば、他国製品を使うのが当然で、それに対して批判する資格は韓国にはありません!
posted by babiru_22 at 04:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする