2019年02月18日

『キネマトグラフィカ』古内一絵

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キネマトグラフィカ [ 古内一絵 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2019/2/18時点)




 老舗映画会社に新卒入社した“平成元年組”6人の男女が、2018年春、ある地方の映画館で再会する。今はそれぞれの道を歩む彼らは、思い出の映画を鑑賞しながら26年前の“全国フィルムリレー”に思いを馳せ…。

 映画がフィルムだったころ、老舗映画会社に勤めた同期6人。働く事情も夢も、6人6様。けれど自分の信じた道を必死に進んでいた。あのころ、思い描いていた自分になれているだろうか?…20年間、映画の変遷を目撃してきた著者が贈る、働く人すべての心を熱くする、渾身の傑作!

 本書は、平成元年に大手映画会社に入社した、同期の桜たちの回顧の物語。映画の知識は誰にも負けないのに、それが何も生かされない営業職に鬱々とする者。「結婚」にまつわる恋人からの無言のプレッシャーに辟易する者。映画にはそんなに思い入れはないけれど、多少の困難ならそれなりにしのげる者。それぞれに誇りがあり、それぞれに悩みがある6人の仲間たちが、とある古い日本映画の貸出スケジュール管理をしくじり、群馬から大阪、そして名古屋、さらに福岡へと、35ミリフィルムの巨大な巻き物をリレーしていきます。平成元年、フィルム映画、ポケベル、のぞみ開通…と、バブル期以降の時代の流れを物語で上手く表現していて、地味な展開ではありますが、ノスタルジーを感じる一冊です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 17:51| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(2/17)

■ 米副長官ら日韓関係懸念=「仲良くしてほしい」

『サリバン氏は「韓日関係をよろしく頼む。仲良くしてほしい」と訴えた』とありますが、傍から見ているとそう思うのでしょうが、あえて一言

無理です

それならアメリカはイランと仲良くなってね。。。

■ 北方領土問題、色丹島住民の本音は

『日本から補償金が出れば、「明日にでも島を去る」。(中略)「補償金があれば良いと思う。市民は仕方なく移住することになるが、何もないよりかはいい。多くの人がそんな期待をしているだろう」』とのことですが、結局金目ですか。。。(呆)

それにしても日本の近隣諸国は、タカリ屋ばかりですね。。。(呆)

■ 箱根町子どもに昼食宅配サービス

『夏休みや冬休みなど学校の給食がない期間も子どもの健康を支えようと、神奈川県箱根町は支援を必要とする家庭に昼食を無料で宅配するサービスを始めることになりました。これは箱根町が経済的に困窮している世帯や親が病気などで支援を必要とする家庭を対象に、学校が長期の休みで給食がない期間、昼食を自宅まで無料で届けるというものです』って、この昼食宅配サービスには大反対。

ここまでサービス過剰にするから、図に乗るバカ親が増えるのであって、なんで給食のない期間に、昼食を自宅まで無料で届けなければならないんだ?

というか、そこまで経済が困窮しているなら、その親から子どもを離して、子どもの命こそ守る対策を取れと言いたい。
posted by babiru_22 at 06:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする