2019年02月27日

『魚たちの愛すべき知的生活』ジョナサン・バルコム

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

魚たちの愛すべき知的生活 [ ジョナサン・バルコム ]
価格:2700円(税込、送料無料) (2019/2/27時点)




 あまり知られていない魚たちの環世界と生態を、科学研究の成果と個人のエピソードを織り交ぜて紹介。チンパンジー顔負けの知性や親しみを誘う行動から、見すごされてきた魚たちの豊かな内面世界を描く。

 魚は表情が乏しいことや水中にすんでいることから、魚が高い知能をもっていたり、仲間と社会生活を送ったり、人間と交流を図ったりするとは、考えられていませんでした。しかし、ここ数年、その知性や意識や行動について、従来イメージをくつがえす驚くべき発見が続いています。本書は、チンパンジー顔負けの知性や親しみを誘う行動などとともに、見すごされてきた魚たちの豊かな内面世界を描きます。

 本書は、あまり知られていない魚たちの環世界と生態を、科学研究の成果と個人のエピソードを織り交ぜて紹介した一冊。魚たちは、群れで移動したり、餌に中々食いつかなかったりと、魚たちの知的生活についての知識はとても参考になりました。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 20:07| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(2/26)

■ ハノイ会談が始まる前から…日本「北朝鮮に支援しない」と米国に通知

『ベトナム・ハノイでの米朝首脳会談(27、28日)が始まる前から日本政府が「対北朝鮮支援に参加しない」という方針を米国側に通知したと、毎日新聞が26日報じた』とありますが、北朝鮮への支援をしないのは

当然です

そもそも北朝鮮は核を絶対に放棄しないだろうし、そのような国には支援など全く必要ありません。

■ 韓国外相「慰安婦は未解決」…国連理事会で演説

『韓国の康京和外相は25日、国連人権理事会ハイレベル会合で演説し、慰安婦問題を巡り、「最終的かつ不可逆的な解決」を確認した2015年の日韓合意を念頭に、「これまでの取り組みには、被害者中心の対応が大きく欠けていた」と述べ、慰安婦問題は未解決との認識を改めて示した』とのことですが、すでに解決済みで合意したはずなのに、カネだけ受け取って、未解決とか、どこまでタカリを続けるんだか。。。(呆)

約束すら反故にし、未解決というなら10億を即座に戻すべきですが、それすらしない。。。(呆)

こんな馬鹿げた国は、やはり断交しかありませんね。。。

■ 「韓国は存在認めて」 ライダイハンの悲痛な叫び

『ベトナム戦争に参戦した韓国軍兵士らが数千人のベトナム女性に性的暴行を行い、女性が産んだ「ライダイハン」と呼ばれる混血児たち。その一人であるトラン・ダイ・ナットさんが訪問先の英ロンドンでインタビューに応じ、「求めているのは謝罪でも補償でもない。人知れず戦争のごみとされた混血児の存在を韓国政府に認めてほしい」と悲痛な思いを語った』とありますが、まず韓国は日本に対して謝罪と反省を求めるなら、この「ライダイハン」問題に対して認めるべきだ!(怒)

この問題に韓国が無関心でいること自体、怒りがこみあげてきますし、「自分に甘く、他人に厳しい」ダブルスタンダードばかりで、問題の本質にこそ直視しろと言いたい。(怒)

■ 菅官房長官「あなたに答える必要ない」=東京新聞記者の質問に

『菅義偉官房長官は26日の記者会見で、事実に基づかない質問を繰り返しているとして首相官邸が対応を求めている東京新聞記者の質問に対し、「あなたに答える必要はない」と回答を拒んだ』とのことですが、この対応は致し方ない対応です。

これまで東京新聞の記者は質問ではなく、身勝手な意見が多く、政府から再三東京新聞に対して申し入れをしているのに、事実に基づかない質問と意見を繰り返すのだから、こういう対応になったという事実こそ、東京新聞には反省を促したい。
posted by babiru_22 at 07:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする