2019年03月04日

『ドアを開けたら』大崎 梢

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ドアを開けたら [ 大崎梢 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2019/3/4時点)




 遺体の第一発見者となりながら逃げ出した54歳の佑作。その様子を目撃し、佑作を脅迫し始める男子高校生・紘人。だが、あったはずの遺体が消えて…。『小説NON』連載に加筆・修正して単行本化。

 鶴川佑作は横須賀のマンションに住む、独身の54歳。借りた雑誌を返すため、同じ階の住人・串本を訪ねた。だが、インターフォンを押しても返事がなく、鍵もかかっていない。心配になり家に上がると、来客があった痕跡を残して串本が事切れていた。翌日いっぱいまで遺体が発見されては困る事情を抱える佑作は、通報もせずに逃げ出すが、その様子を佐々木紘人と名乗る高校生に撮影され、脅迫を受けることに。翌朝、考えを改め、通報する覚悟を決めた佑作が紘人とともに部屋を訪れると、今度は遺体が消えていた……知人を訪ねただけなのに……最悪の5日間の幕が開く! 著者渾身の本格長編ミステリー!

 物語は、中年男と男子高校生が、死体が消えた謎と故人にかかった疑いを探るミステリ。ミステリではあるものの、展開が淡々としすぎていて、読みやすかったものの、ミステリとしては物足りなかったです。

【満足度】 ★★☆
posted by babiru_22 at 17:17| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(3/3)

■ 「日本が気がかり」…鄭東泳代表、米朝会談決裂の裏として安倍首相名指し

『ハノイ会談決裂の裏に日本の影が見え隠れする。世界の指導者のうちハノイ会談失敗に歓呼した人は安倍首相1人だ』って、日本の特定野党と同じく何でも安部首相のせいにして、もうアホすぎ。。。(呆)

自分達の思い通りにならなければ、何でも

日本のせい

にするとか、どれだけ難癖つけるんだか。。。(呆)

■ 正恩氏、核完全放棄提案に難色=16年以降の制裁解除要求−米紙

『正恩氏は核完全放棄に直ちに踏み切れるほど、米朝の信頼関係は十分ではないと反論』とのことですが、やはり核を放棄する気はサラサラありませんね。。。(呆)

嘘ついてアメリカにタカる気満々だったということでしょうが、自分達の立場を全く理解していませんし、韓国にもいえることですが、約束すら守れないのだから、どうぞ勝手に孤立して下さい。。。

■ 室蘭の市有地、マイナス881万円で売却 全国で2例目

『室蘭市は今回、建物の解体費用を見積もり、土地を不動産鑑定した。その結果、財産価値がマイナス881万円と分かり、最低入札価格にした』とありますが、解体費用も含めてのマイナス資産は地方自治体でも負の遺産として多いとも思います。

自治体が負担金を支払って公有地を処分するのは全国で2例目とのことですが、今後は増え続けることになるでしょうね。。。
posted by babiru_22 at 06:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月03日

昨日の出来事(3/2)

■ 韓日市民団体がソウルで会見「安倍政権は在日コリアンの弾圧中止を」

『日本による植民地支配に抵抗して1919年に起きた独立運動「三・一運動」から100年を迎えた1日、韓国の市民団体「ウリハッキョ(わが学校)と子どもたちを守る市民の会」と日本の市民団体「日朝協会」「日韓民衆連帯全国ネットワーク」「在日韓国民主統一連合」がソウルの日本大使館前で記者会見を開き、日本の安倍晋三首相に対して植民地支配を謝罪し、在日コリアンへの弾圧を中止するよう求めた』って、弾圧中止とか、どこまで

嘘つき

を続けるんだか。。。(呆)

それなら反日止めて、お手本を見せて下さい。。。(呆)

■ 文大統領「韓日がかたく手を取り合う時、平和の時代が近づく」

『文在寅大統領が1日、三一節(独立運動記念日)100周年記念のあいさつで「力を合わせ被害者の苦痛を実質的に癒すとき、韓国と日本は心の通じる真の友となる」と述べ、未来志向的な韓日関係を強調した』とありますが、散々批判しておいて、自分達の都合が悪くなれば手のひら返すとか、約束すら反故にする相手の言うことなど全く信じられませんし、それこそ誠意を示せと言いたい!

こんな信用ならない相手国は無視するべき!

■ 維新・足立氏が野党共闘巡り「破防法」言及 議場は騒然

『日本維新の会の足立康史氏が2日未明の衆院本会議で「破防法(破壊活動防止法)の監視対象と連携する政党がまっとうな政党を標榜するのはおかしいと考えているし、そう思う国民は少なくない」と発言した。共産党と立憲民主党など野党の共闘を批判する文脈の中での発言で、一時、場内が騒然となった』とのことですが、この足立議員の発言、面白い!

共産党は破防法監視対象団体でもあるのに、小池議員は「事実無根の攻撃」と言ってますが、そこで嘘付いてブレないべきなんですけどね。。。
posted by babiru_22 at 07:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月02日

『堕天使たちの夜会』福田和代

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

堕天使たちの夜会 [ 福田和代 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2019/3/2時点)




 血塗れの部屋に転がる母と息子の惨殺死体。遅々として進まない警察の捜査に業を煮やした遺族は、復讐を専門に請け負う〈堕天使たちの夜会〉に繋ぎをとり…。『小説トリッパー』掲載に書き下ろしを加えて単行本化。

 ある事件をきっかけに、捜査一課から交通警察に左遷された雲母晋。日中、閑職に甘んじる彼は、被害者遺族の復讐を専門に請け負う〈堕天使たちの夜会〉というネットワークのメンバーだった。ある夜、小学生の息子と妻を殺された遺族の依頼を受けたメンバーは、その息子が通っていたヴァイオリン教室の教師・針生に疑いの目を向け、独自に調べを進めるが……。二転三転する犯人像を追う、ノンストップ・サスペンス。

 物語は、警察官として働いている表の顔とは別に、司法で裁けない犯罪者を密かに裁きを与える秘密組織に所属している主人公を描いた作品。それぞれ別の物語と思いきや、しっかりと繋がっている作品集でもありますが、設定は非常に良かったものの、ラストは個人的には期待ハズレ。読み手によって評価が分かれる作品だと思いますが、個人的にはイマイチでした。

【満足度】 ★★★
posted by babiru_22 at 19:36| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(3/1)

■ 文大統領「日本と協力」強調 韓国、三・一独立運動百年

『韓国の文在寅大統領は、1919年に朝鮮半島で日本の植民地統治に抵抗して起きた「三・一独立運動」から100年となった1日、ソウル中心部での政府式典で演説し、「朝鮮半島の平和のために日本との協力を強化する」と強調した』とありますが、散々批判して、謝罪と賠償しか求めないのに、「日本との協力を強化する」とか、そんな協力は

断固断る!

自分達の都合でしか物事を考えず、約束すら簡単に反故するような相手国とは協力関係すら成り立ちません。

それなら日韓基本条約ぐらい守れ!(怒)

■ 金正男氏息子を救援した団体が「臨時政府」発足を発表 正恩政権の弾圧に対抗 北朝鮮

『北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄で、マレーシアで暗殺された金正男氏の息子、金ハンソル氏らを救援したとする団体が1日、住民を迫害する金正恩体制を覆すための「臨時政府」を発足させたとサイトで表明した』とありますが、新たな独立運動ですね。

果たして中国がどちらに付くかでしょうが、多分この臨時政府のバックにアメリカが付いているでしょうから、さて韓国どうする?

■ 北朝鮮外相、米大統領に反論=制裁解除要求「全面でなく一部」

『北朝鮮の李容浩外相は1日未明、ベトナム・ハノイで記者会見し、合意に至らないまま終了した2回目の米朝首脳会談について、米側に要求したのは「全面的な制裁解除ではなく、一部解除だ」と述べ、北朝鮮側から全面解除を求められたとするトランプ大統領の主張に反論した』とのことですが、即座に反応しませんでしたから、北の方が嘘付いているのでしょうね。。。

それにしても、嘘付かないと生きていけない国なんでしょうね。。。(呆)

■ 北方領土、意外な国で関心 「ロシアにだまされないで」

『シャマティエンコさんは、安倍晋三首相がロシアのプーチン大統領と関係を深めていることも知っていた。「ロシアにだまされないで。不法占拠されたのは4島なんだから」』とのことで、ウクライナで事実を知っている人がいるというのは、本当にありがたいこと。

日本の外交手腕が試されているところでもありますが、弱腰外交しかできない日本は明確な意思でロシアと対峙しろと言いたい。
posted by babiru_22 at 06:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月01日

『対岸の家事』矢野帰子

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

対岸の家事 [ 朱野 帰子 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2019/3/1時点)




 家族のために「家事をすること」を仕事に選んだ詩穂。娘とたった二人だけで繰り返される毎日に、自分の選択が正しかったのか迷う。そんな彼女のまわりには、性別や立場が違っても、同じく現実に苦しむ人たちがいて…。

 家族のために「家事をすること」を仕事に選んだ、専業主婦の詩穂。娘とたった二人だけの、途方もなく繰り返される毎日。幸せなはずなのに、自分の選択が正しかったのか迷う彼女のまわりには、性別や立場が違っても、同じく現実に苦しむ人たちがいた。二児を抱え、自分に熱があっても休めない多忙なワーキングマザー。医者の夫との間に子どもができず、姑や患者にプレッシャーをかけられる主婦。外資系企業で働く妻の代わりに、二年間の育休をとり、1歳の娘を育てるエリート公務員。誰にも頼れず、いつしか限界を迎える彼らに、詩穂は優しく寄り添い、自分にできることを考え始める……。

 本書は、女性が一人で家事や育児を抱え込むワンオペ育児をテーマに描かれた作品。専業主婦の詩穂、育休中キャリア官僚の達也、働く母の礼子の3組の若い夫婦を軸に、物語が展開しますが、それぞれの家庭事情、家事と育児の大変さは、子育て中の主婦の方は共感する人も多いと思います。

【満足度】 ★★★☆
posted by babiru_22 at 17:56| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(2/28)

■ 辻元清美氏「菅義偉氏の記者対応は長官として失格」

『立憲民主党の辻元清美国対委員長は27日、菅義偉官房長官が東京新聞記者からの質問に「あなたに答える必要はない」と回答したことを批判した。国会で記者団に「記者に圧力をかける。誠実に答えない。長官として失格だ」と述べた』とありますが、関西生コンとの関係や外国人献金問題に対して、誠実に答えない辻元議員には、批判する

資格なし!

自分のことはダンマリで、記者に圧力かけて誠実に答えない張本人が何を言っているんだか。。。(呆)

毎度のブーメラン発言には、本当にウンザリです。(怒)

■ 共産党志位氏、元号法廃止を主張 「国民主権になじまず」

『共産党の志位和夫委員長は28日の記者会見で、天皇一代に一つの元号とする「一世一元」制を定めた元号法の廃止を引き続き主張していく考えを示した。「元号は、時をも君主が支配するとの考えからきている。国民主権の原則になじまないと考えている」と述べた』とか、共産党こそ国民になじまないと考えるので廃止を希望します。

というか、日本の歴史すら共産党は否定するとか、そこまで言うなら参院選の争点にでもしろ!(怒)

■ 米朝首脳会談 非核化の進め方で合意に至らず

『アメリカのトランプ大統領と北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長は2回目の首脳会談を開いたものの非核化の進め方をめぐって合意に至りませんでした。トランプ大統領は記者会見で北朝鮮が制裁の完全な解除を求める一方で、非核化の措置は一部にとどまったことが原因だと主張しました』とのことですが、当然の結果でしょう。

どちらも譲歩するような相手ではありませんし、今日から口喧嘩の再開ですか?

■ 米朝拡大会合 両首脳が連絡事務所の設置に前向き

『拡大会合では、キム委員長が、記者からの「非核化をするのか」という質問に対して、「そのような意志がなければここに来なかっただろう」と述べ、非核化の意志を改めて示しました』って、息するように嘘を付くのは、どこぞの国と一緒ですね。。。(呆)

何を言っても一切説得力がありませんし、米朝首脳会談は見事なまでの茶番劇です。。。(呆)
posted by babiru_22 at 07:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする