2019年03月11日

『阪神園芸 甲子園の神整備』金沢健児




 悪天候にも重機の轍にも負けない、グラウンド整備の代名詞、阪神園芸。土や芝に対するこだわり、トンボかけや散水といった具体的な作業など、甲子園球場を整備するグラウンドキーパーの仕事を紹介する。

 土砂降りの雨で水浸し、重機の轍でデコボコ……そんなグラウンドも瞬く間に回復させ、不可能と思われた試合も成立させてきた、甲子園の最強グラウンド整備集団「阪神園芸」。同社グラウンドキーパーのチーフを務める著者が、その職人技のすべてを明らかにする。甲子園野球の舞台裏、阪神タイガースのメンバーとのエピソードなども満載。春のセンバツ第90回、夏の選手権第100回、阪神園芸設立50周年という節目の年に贈る、野球ファン必読の一冊。

 本書は、阪神タイガースの本拠地でもあり、高校野球の聖地でもある阪神甲子園球場を管理する阪神園芸の甲子園施設部長の著者が、甲子園球場を整備する阪神園芸の仕事内容を紹介した一冊。猛暑の中で1日4試合行われる高校野球の数々の名勝負を支えた裏方の汗まみれの職人物語でもあり、事業内容は勿論のこと、甲子園球場の良好な状態に保つためにどのような努力をしているかなど、整備の内容がとてもよく分かります。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 18:35| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(3/10)

■ 対韓国、関税引き上げ検討=徴用工訴訟で対抗措置−政府

『関係者によると、日本政府は対抗措置として既に100前後の選択肢をリストアップ。関税引き上げに加え、一部日本製品の供給停止や、ビザ(査証)の発給制限も浮上している。世界貿易機関(WTO)協定との整合性や日本経済への影響も考慮し、措置の内容を決める』とありますが、措置の内容を決めて素早く

実行せよ!

韓国の出方を待つ必要もありませんし、100項目全て同時発動するべきです。

■ 大阪知事選 辰巳琢郎氏擁立へ 自民、他党と連携探る

『大阪都構想を巡って大阪維新の会の松井一郎大阪府知事と吉村洋文大阪市長が辞職し、入れ替わりで出馬する4月7日投開票の知事・市長のダブル選に、自民党が俳優の辰巳琢郎氏(60)を知事選候補として擁立する最終調整に入った』とのことで、出馬するのかどうかはまだ分かりませんが、出るんですかね。。。

誰が出てもいいでしょうが、知名度でタレントを担ぎ上げるのはいかがなものかとは思いますし、出馬するならばせめて実行したい政策をしっかりと出すべきですね。

■ ゆうパック、玄関前に「置き配」サービス 再配達解消へ

『日本郵便は18日から、宅配便「ゆうパック」で届け先が希望すれば荷物を玄関前に置くサービスを始めると、8日発表した。再配達にかかる人手を減らす狙いがある。(中略)それでも、荷物が盗まれたりなくなったりするリスクはあるが、日本郵便として補償する考えは基本的にないという』って、トラブルの可能性大です。

せめて本人の同意確認はすべきです。
posted by babiru_22 at 07:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする