2019年03月12日

『ブラック・ハンド アメリカ史上最凶の犯罪結社』スティーヴン・トールティ




 20世紀初頭のアメリカ。非道のかぎりを尽くすイタリア系犯罪結社ブラック・ハンドに、“イタリア系のシャーロック・ホームズ”と称えられる男が立ち向かう! 巨大な悪と名刑事の息詰まる闘いを描いたノンフィクション。

 20世紀初頭、ニューヨークは極悪非道の犯罪結社ブラック・ハンドへの恐怖に覆われていた。彼らはイタリア系移民たちに、黒い手の図柄の入った脅迫状を送りつけた。みかじめ料を巻き上げるため、そして誘拐した子供の身代金をせしめるためだ。拒んだ者は殺され、あるいは爆弾で家を吹き飛ばされた。だが、苦しむ人々を救うため、ひとりの男が立ち上がった。ニューヨーク市警初のイタリア系刑事となったジョゼフ・ペトロシーノだ。腕っぷしが強く、変装が巧みで、驚異的な記憶力を持つ彼は、「イタリア系のシャーロック・ホームズ」と称えられていた。やがてブラック・ハンドは、イタリア系移民以外の市民も餌食にし、アメリカ各地に手を広げ始める。ペトロシーノは極悪組織を壊滅すべく イタリア系捜査隊を指揮して、死力を尽くした闘いを繰り広げる!

 本書は、1890年代後半から約20年間にわたってニューヨークを中心に全米で同じイタリア移民をターゲットとした恐喝、誘拐を行う犯罪組織ブラック・ハンドに挑むイタリア系刑事J.ペトロシーノを追ったドキュメント。レオナルド・ディカプリオ主演でハリウッド映画化も決定しているようですが、映画は見てみたいとは思うものの、ノンフィクションとしては迫力が感じられずイマイチでした。

【満足度】 ★★★
posted by babiru_22 at 18:22| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(3/11)

■ 日韓関係、信頼構築が必要=安倍首相

『安倍晋三首相は11日、亀井静香元金融担当相、石原慎太郎元東京都知事と首相官邸で会談した。亀井氏は、韓国人元徴用工訴訟の問題などで悪化する日韓関係について「本格的なけんかになったら困る」と懸念を表明。亀井氏によると、首相は「日韓は信頼関係をつくっていかなければいけない」との考えを示したという』とのことですが、信頼関係は無理をしてまで築くものではありません!

そもそも韓国側が信頼を壊すことばかりやっているのだから、そんな馬鹿げた相手国とは信頼をつくる

必要なし!

■ キャッシュレスの波、日本にも 「現金信仰」崩れるか―識者に聞く

『スマートフォンなどで、買い物の支払いを即時に済ませるキャッシュレス決済が、注目されている。利用者の利便性が高まるとともに、企業にとっては業務の効率化が見込まれ、海外に続いて日本にも波及する兆しが見られる。日本で根強いとされる「現金信仰」は崩れるのか。キャッシュレスを巡る現状と課題を、識者やサービスを手掛ける業界関係者に聞いた』として、野村総合研究所のコンサルタントが答えていますが、海外程キャッシュレスは日本の場合は進まないでしょう。

なぜなら、日本の場合は手数料がとにかく高いため、それを導入できるところは限られるはずですし、昔からの現金主義がとにかく強い国でもありますから、キャッシュレス比率は日本も少しずつ上がるでしょうが、キャッシュレス化のコストがとにかく高すぎるだけに、この緩和をしないかきりは難しいでしょうね。。。

■ 午前2時46分にサイレン…原因は“誤設定” 山梨・富士河口湖町

『山梨県富士河口湖町で11日、本来は午後2時46分に鳴るはずだった東日本大震災の黙とうのサイレンが未明の午前2時46分に鳴った。町職員が午前と午後を間違えて設定したのが原因という』とのことで、ちょっとしたミスなのかもしれませんが、危機感がまるでありませんし、確認作業を怠っていた点は大いに反省を促したい。

そして震災への意識が低いと言わざるをえませんが、自治体職員こそしっかりとしてほしいですね。。。
posted by babiru_22 at 00:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする