2019年04月10日

『10年で激変する!「公務員の未来」予想図』小紫雅史

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

10年で激変する!「公務員の未来」予想図 [ 小紫雅史 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2019/4/10時点)




 ロボットの進出、少子高齢化…。自治体で働く職員に向けて、10年後にどのような社会変化がおこり、それに対して自治体や公務員は今から何をどう準備すべきかを整理・分析する。明日から行動に移せる具体的事例が満載。

 公務員の副業解禁、従来の公務員試験廃止、基礎自治体では応募者数日本一といったニュースで話題の生駒市。自治体のトップランナーとして先端をひた走る首長が、最新の自治体政策をふまえつつ将来を生き残る公務員像を描く。

 本書は、環境省から生駒市副市長、そして生駒市長となった小紫雅史さんの著書で、今後10年間で公務員を取り巻く世界、公務員そのものはどう変わるかを、明快に描き出されています。本書の中で「市民を『お客様』にしてしまう自治体に未来はない」とも書かれますが、時代の変化に対応しながらの公務員の意識改革はこれからは全国的にも求められることにもなるでしょうし、これからの公務員はどうあるべきかも含めて具体的事例と共に紹介されています。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 19:12| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(4/9)

■ 文大統領 11日にトランプ氏と首脳会談=非核化へ具体策協議

『11日午前、迎賓館でポンペオ国務長官やボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)、ペンス副大統領とそれぞれ面会。正午ごろからホワイトハウスで約2時間、トランプ大統領との2人きりの会談や閣僚らを交えた拡大会合を行う』とありますが、この首脳会談は

無駄です

しかも日程が1泊3日とか、これでは最初から相手にされていないに等しく、殆ど相手にしてもらえないでしょうね。。。

■ 新紙幣を正式に発表 一万円札の裏は東京駅

『新札の肖像画には、一万円札が「資本主義の父」と呼ばれた実業家の渋沢栄一、五千円札は津田塾大創始者の津田梅子、千円札は「近代日本医学の父」といわれる医学博士の北里柴三郎を用いる。肖像画の変更は平成16年以来で、発行は令和6(2024)年度上期となる』とのことで、発行までまだ5年ありますが、見慣れるまでは時間がかかるかもしれませんね。

偽造阻止のためにこうしたデザインなどにもなったのかもしれませんが、海外紙幣のようで、今一つピンと来ませんが、使っていくうちに慣れるのでしょうね。。。

■ 私大への支援事業、計画途中で打ち切りへ 大学側は反発

『文部科学省は、私立大学の目玉研究に最長5年間の継続支援をする「私立大学研究ブランディング事業」を計画途中で打ち切ることを決めた。同事業をめぐる東京医科大学の贈収賄事件後に見直していた。年間50億円を超える事業で、若手研究者の人件費などとして見込んでいた大学側は、突然の打ち切りに反発。職を失う研究者も出ている』とありますが、これは致し方ないでしょうね。

私大への支援は基本必要無いと思いますが、例えば2年更新で成果を報告し、成果が一定基準に満たないと中止で良いようにも思います。
posted by babiru_22 at 00:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする