2019年04月20日

『日本の漫画本300年 「鳥羽絵」本からコミック本まで』清水勲/猪俣紀子




 漫画本は日本漫画史のうえで、どのような役割をはたしてきたのか。「鳥羽絵」本が登場した享保5年から、ストーリー漫画の多様化がみられる平成期まで、代表作を豊富な図版とともに紹介し、300年の漫画史を追う。

 漫画本が日本で最初に登場したのは1720年である。以後、江戸から現代に至る300年間、様々な種類の漫画本・コミック本が刊行され、子どもから大人までが楽しむものになった。また、漫画本は商品として量産されてきたことで大衆娯楽の一つとして発展してきたのである。本書はその長い歴史上での代表作を、豊富な図版とともに内容と作者を中心に紹介する。日本の漫画史を知るためのガイドブック。

 本書は、7章に分けて「江戸期」「明治期」「大正期」「昭和戦前期」「昭和20年代」「昭和戦後期」「平成期」と、江戸から現代の代表作を、豊富な図版とともに紹介したもの。資料的な漫画史でもあり、平成以降の作品は少ないものの、江戸時代の「鳥羽絵」から現代のコミックまでの変遷を分かりやすく解説しています。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 18:00| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『なぜ「それ」が買われるのか? 情報爆発時代に「選ばれる」商品の法則』博報堂買物研究所




 今、生活者の8割がモノの多さによって迷い、買物に疲れている。なぜ買物が「幸せ」なものではなくなってしまったのかを考え、勃興する買物新スタイル「枠内の攻略」と、安心して気軽に選べる仕組みづくりを紹介する。

 選択肢は、ありすぎると困る。「豊富な商品情報」も価値ではない。安心して気軽に選べる「仕組み」づくりが勝負を制する! 賢く情報収集しなければいけないというプレッシャー。もっと安い商品、得なショップがあったと知る後悔。しまいには、比較選択に疲れ果て、何が本当に欲しいものなのかわからなくなる…買物に疲れた現代人にモノを売るための方法を大公開!

 本書は、情報が多すぎることで起こる買い物の変化をマーケティングとして分かりやすく紹介した一冊。情報過多となることで疲れてしまう消費者心理と消費トレンドの変化についてまとめています。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 17:19| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『農村ガール!』上野 遊

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

農村ガール! (メディアワークス文庫) [ 上野 遊 ]
価格:680円(税込、送料無料) (2019/4/18時点)




 一流企業「月見食品」に就職した華。希望の部署に配属されたと思いきや、勤務先は秋田の山奥にある営業所だった! 赴任初日に熊に襲われ、イケメン上司は時代錯誤の頑固者。さらに仕事は想像もしなかったもので…!?

 敏腕キャリアウーマンを目指して一流企業「月見食品」に就職した華。念願叶って希望の部署に配属されたと思いきや、勤務先は秋田の山奥にある営業所だった! 赴任初日に熊に襲われ、指導係のイケメン上司は時代錯誤の頑固者。さらに与えられた仕事は想像もしなかったとんでもないもので…!? 豊かすぎる大自然の中で生きる意味を見つめ直す、お仕事奮闘物語!

 本書は、タイトルから、農業を主体としたお仕事モノかと思いきや、農業被害を与える野生動物の駆除を目的とした狩猟を業務の一環でやることなってしまった女性を描いたライトノベル。タイトルは絶対に『狩猟ガール!』にすべきだと思いましたし、ラノベだからでもあるでしょうが、もう少し深く掘り下げた方が良かったように思います。

【満足度】 ★★★
posted by babiru_22 at 16:35| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(4/19)

■ 家族申告でパチンコ店入店制限など依存症対策基本計画決定

『ギャンブル依存症の対策を強化するため、政府は家族からの申告によるパチンコ店への入店制限や、競馬場などで顔認証によって個人を特定する仕組みの導入など、事業者に検討を促すことを盛り込んだ基本計画を19日の閣議で決定しました』とありますが、それならば

罰則強化

すべきです!

これでは抜本的な依存症対策にはなりませんし、本気で依存症対策というならば、厳しい罰則を設けるべきだと思います。

■ 寄付と再建方法で論争 ノートルダム火災、仏社会結束ならず

『フランスでは15日夜に起きた火災を受け、各政党が欧州議会選に向けた選挙活動を停止した一方、大聖堂再建に向け集まった寄付をめぐる論争が17日までに勃発した。集まった寄付金8億5000万ユーロ(約1070億円)については、その一部が貧困層支援に使われるべきではないかとの声が上がっている』とのことですが、再建のために集まった寄付なのに、「貧困層支援に使われるべきではないか」って、どの国にもタカリ屋がいるんですね。。。(呆)

寄付した人の気持ちすら考えないとか、あまりにも身勝手な意見ですし、人間の愚かさが出てますね。。。

■ 態度急変!?韓国議長が親善特使…歩み寄りナゼ?

『態度急変なのでしょうか。産経新聞は従軍慰安婦問題について、天皇陛下による謝罪を求めた韓国国会の文喜相議長が日韓関係の修復を図るため、日本に特使を派遣する意向を示したと報じました』とありますが、こんな擦り寄りも無視です!

散々反日をしておいて、いつも困ったら日本頼み。(怒)

関わるだけ時間の無駄ですし、ずっと無視すべきです!
posted by babiru_22 at 05:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする