2019年04月23日

『芙蓉の干城』松井今朝子

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

芙蓉の干城 [ 松井 今朝子 ]
価格:1782円(税込、送料無料) (2019/4/23時点)




 日中戦争の足音迫る、昭和8年東京。歌舞伎の殿堂に現われた右翼結社の大幹部と芸妓が惨殺。江戸歌舞伎作者の末裔で、切れ者の大学講師・桜木治郎が、怪事件の謎に挑む! 『小説すばる』連載を加筆・修正し単行本化。

 昭和8年、東京。江戸歌舞伎の大作者、三代目桜木治助の孫でありながら現在は早稲田大学に奉職する桜木治郎は、その知識と確かな審美眼で歌舞伎役者や裏方から厚い信頼を集めていた。4月。築地小劇場で女優となった親戚の娘・澪子の行く末を案じる実家からの懇願により、木挽座で陸軍軍人・磯田との見合いの席が設けられる。舞台では歌舞伎界の「女帝」荻野沢之丞が見事に舞う中、澪子は真向いの席の男女に、ある違和感を抱いた。翌日、木挽座そばで男女の惨殺死体が発見される。遺体は右翼結社「征西会」大幹部・小宮山正憲と芸妓の照世美だった。2人が最後に目撃された木挽座を捜索するため、治郎は警察から協力を要請され、事件に巻き込まれていく。澪子もまた、自身が目撃した2人の奇妙な様子を治郎と磯田に打ち明け、それぞれの立場から事件の真相に迫っていくことに……。戦争へと歴史の歯車が大きく動いた昭和8年を鮮烈に描き出す、圧巻の歌舞伎ミステリー!

 物語は、昭和8年の東京を舞台に、江戸歌舞伎の大作者の孫である桜木治郎を探偵役に、梨園での不可解な殺人事件が描かれるミステリ。ミステリとしてはやや弱いとは思うものの、血盟団事件、五・一五事件が発生し、満州国の承認が認められなかったため国際連盟からも脱退と、戦前の時代背景が非常に丁寧で、その時代背景を展開に活かした作品です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 18:49| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『ナチスに挑戦した少年たち』フィリップ・フーズ




 ドイツに取り入って金儲けしようとする大人に対する怒り、破壊活動をするときのスリルと恐怖、好きな女の子への思い、逮捕後に考えたこと…。第二次世界大戦、ナチス占領下のデンマークでレジスタンス活動をした少年らの物語。

 第二次世界大戦、ナチス占領下のデンマークで、レジスタンス活動をした少年たち。彼らは、自分たちのグループをチャーチルクラブと呼んだ。ドイツと徹底的に戦うと宣言したイギリスの首相、ウィンストン・チャーチルを心から尊敬していたのだ。少年たちの活動は、自転車で走り回り、標識を壊しドイツ兵を迷子にする、敵の車を破壊する、銃を盗むといった、小さな抵抗の積み重ねだった。チャーチルクラブの妨害活動に、ドイツの占領軍は、最初は戸惑っていたが、そのうちに怒り出し、逮捕命令を出した。捜査が開始されて、この運動は、広く知られるようになり、多くのデンマーク人を勇気づけたのだ。これは、武器を何一つ持たない少年たちが、ヒトラー率いるナチス軍に抵抗した本当にあった話である。

 本書は、武器を何一つ持たない少年たちが、ヒトラー率いるナチス軍に抵抗したレジスタンス活動をまとめたノンフィクション。第二次大戦のデンマークで抵抗しない大人に業を煮やした少年たちの抵抗活動が物語として書かれていますが、少年たちの勇敢さは後世に語り継がれるべき内容であり、知られざる歴史の一部でもありますが、過激な内容ではあるものの、大人たちへの抵抗と、その行動力には感銘を受けます。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 06:51| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(4/22)

■ 韓国国防部「艦艇に哨戒機接近なら軍事的方針、日本に説明」

『韓国国防部は、日本の哨戒機が韓国艦艇に近接飛行する場合は指針に基づき強力な軍事的対応措置を断行すると日本側に伝えた、と明らかにした』とありますが、

宣戦布告

ですね。。。

瀬取りの監視を止めろ!という意思表示なのでしょうが、ここまで言われるなら国交断絶すべきです。

■ 「自民党の失速を感じる」…立憲民主・長妻氏

『立憲民主党の長妻昭選挙対策委員長は21日夜、衆院沖縄3区補欠選挙の結果を受けて「参院選に向けて、自民党の失速を感じている。(今後は)野党共闘を強力に進めていきたい」と述べた』とのことですが、一方で衆院大阪12区では野党共闘候補がぶっちぎりの最下位での落選でしたが、単独で候補者を立てられない政党の選対委員長が言うべき言葉ではありません。

他党の批判ばかり繰り返すよりも、自分の政党の心配した方がいいでしょうが!

■ 太陽光普及に「価格の崖」 売電価格が電気代を下回る

『企業による太陽光発電が岐路を迎えた。作った電気を電力会社が高価格で買い取る仕組みが普及を支えてきたが、4月から買い取り価格が通常の電気料金を下回ることになった。電気を「売る」から自社で「使う」への転換が進まないと、再生可能エネルギーの中心である太陽光の利用拡大が危うくなる「値段の崖」に立った』とありますが、これでは負の遺産になりつつありますね。

自家消費が基本ですし、売電価格が電気代を下回るのも当然のことともいえますが、再エネ賦課金の実態にもメスを入れてほしい。。。
posted by babiru_22 at 06:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする