2019年04月24日

『辺境メシ ヤバそうだから食べてみた』高野秀行

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

辺境メシ ヤバそうだから食べてみた [ 高野 秀行 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2019/4/24時点)




 ヒキガエルジュース、ラクダ丼、水牛の脊髄炒め、サルの燻製脳味噌、アマゾンの口噛み酒、胎盤餃子…。辺境探検家が、今まで食べた世界各地の珍奇な食品や料理について綴る。『週刊文春』連載を単行本化。

 本書は、ミャンマーの奥地やアフリカのソマリランドなど、30年以上、辺境地を旅してきた著者が、各地の珍奇な食についてのノンフィクションエッセイとしてまとめたもの。ゴリラ肉、巨大ネズミの串焼き、ラクダ丼、ゆでヒキガエルのジュース、ムカデの姿揚げ……などなど、とても想像したくありませんが、世界には色々な食材や料理があって、とんでもない辺境メシがありますが、それがとても興味深くかつ面白い内容です。なお、気の弱い方は閲覧注意です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 19:13| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(4/23)

■ 「北方領土は日本に帰属」消える 外交青書、対北朝鮮圧力も削除

『河野太郎外相は23日の閣議で2019年版外交青書を報告した。18年版にはあった「北方四島は日本に帰属する」との表現が消えた。「北朝鮮に対する圧力を最大限まで高めていく」との文言も削除された。4島を実効支配するロシアと、拉致問題解決に応じない北朝鮮への態度を一定程度軟化させることで、それぞれとの交渉を前進させる狙いがある』とありますが、

ヘタレ外交

すぎますね。。。(呆)

こんなことだから、外交は後退するばかりで、これでは実効支配したもの勝ちのようにも受け取られかねないだけに、国際世論に訴えかける強気なアピールこそするべきです。

■ 安保法廃止案を参院提出 立憲、国民など野党5党、共闘アピール

『立憲民主、国民民主、共産、自由、社民の野党5党は22日、安倍晋三政権が平成27年に成立させた安全保障関連法は憲法違反だとして、同法を廃止する2法案を参院に共同提出した。夏の参院選を控え、政策面で野党共闘をアピールする狙い』とのことですが、安保法廃止案を参院提出とか、廃止にする代わりの国防案すら提示しないのは、単なる批判だけ。

しかも憲法違反ということであれば、憲法改正すべきなのに、その憲法改正に反対しているのだから、底が浅すぎて頭が悪いとしか言いようがありません。。。(呆)

下らないパフォーマンスにはウンザリです!(怒)

■ 元徴用工側「日韓協議再開なら…差し押さえ停止」

『韓国大法院(最高裁)が三菱重工業に元徴用工らへの賠償を命じた訴訟で、原告代理人の弁護士は22日、東京都内で記者会見し、「日韓両政府が(日韓請求権協定に基づく)協議開始を宣言すれば、資産差し押さえの強制執行を停止する」と話した』とありますが、そもそも協議に応じていないのは韓国なのに、何を言っているのやら。。。(呆)

しかも、この会見を日本でやるとか、理解不能です。。。(呆)
posted by babiru_22 at 06:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする