2019年04月25日

『明治銀座異変』滝沢志郎

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

明治銀座異変 [ 滝沢 志郎 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/4/25時点)




 明治16年、銀座の煉瓦街で、鉄道馬車の馭者が何者かに狙撃され、「青い眼の子…」との言葉を遺して逝った。その言葉の意味は? 敏腕記者・片桐が幼い“相棒”と事件の深淵に迫る、歴史ミステリー。

 明治維新前夜、妻、幼子とともに馬車に乗っていた英国商人が、関内で三人の侍に斬殺される事件がおきます。三人は「攘夷なり!」と叫んで逃走し、その行方は杳として知れませんでした。それから17年後、銀座煉瓦街で鉄道馬車の馭者が、何者かに狙撃され死亡します。彼はこときれる前、「青い眼の子……」との言葉を遺しました。この意味するところは何なのか。「開化日報」の敏腕記者・片桐が幼い“相棒”直太郎と、事件の真相に迫ります……。

 本書は、銀座煉瓦街にある「開化日報社」を舞台に、散切り頭の辣腕記者・片桐や、見習探訪員・直太郎が遭遇した銃撃事件の顛末を追う歴史ミステリ。西洋文化と幕末のなごりが混ざった明治独特の時代背景を含めて、ミステリ要素も楽しめました。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 19:38| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(4/24)

■ 自衛隊標的か?韓国海軍が“異常指針” 艦艇に近付けばレーダー照射で警告 識者「軍事常識からして『正気の沙汰』ではない」

『韓国軍の「異常指針」が明らかになった。韓国海軍艦艇から「3カイリ(約5・5キロ)以内」に近付いた軍用機には、火器管制用レーダーを照射して警告する−という内容で、韓国国防省が今年1月、防衛省に通告してきたという。海上自衛隊哨戒機への危険なレーダー照射事件(昨年12月)をごまかす悪意が感じられるうえ、国際法上の根拠もないため、防衛省・自衛隊は断固撤回を求めている。北朝鮮の「瀬取り」を監視する国際社会の足並みを乱しかねない行為でもあり、安倍晋三首相の22日からの欧米歴訪でも、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権の不可解な動向は重要議題となりそうだ』とありますが、そもそも警告にレーダー照射をすること自体が間違いで、レーダー照射は完全に

戦闘行為

です!(怒)

これは韓国が全世界を敵に回すという指針でもあるだけに、単なる撤回というだけではなく、国際協力をして、海軍の紳士協定を無視するやり方に厳しい制裁措置を取るべきです!

■ 原発 テロ対処施設遅延なら運転停止へ 川内は停止の可能性

『「特定重大事故等対処施設」と呼ばれる施設は、航空機によるテロ対策などのため予備の制御室などを備えた施設で、再稼働に必要な原発の工事計画の認可から5年以内に設置することが義務づけられています。しかし、設置に時間がかかり、九州電力と関西電力、四国電力の5か所10基の原発では期限より1年から2年半遅れる見通しで、原子力規制委員会に延長を求めていました。この中にはすでに再稼働している4原発7基が含まれています』とありますが、対策のためには致し方ない措置ではありますね。

ただ、どの程度のテロを想定しているというところが肝心なところで、いずれにしても対策を取らないでの稼動には反対です。

■ 自由との合流、結論出ず=国民民主

『国民民主党は24日、自由党との合流をめぐり、地方幹部を集めた全国幹事会や両院議員総会などを党本部で開催した。自由党と合意した回答期限が今月末に迫っており、執行部は意見集約を急ぎたい考えだが、賛否両論が出され、結論には至らなかった』とのことですが、合流しても結局は烏合の衆。

合流よりも、しっかりとした政策こそ出すべきですね。。。
posted by babiru_22 at 00:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする