2019年04月30日

『わたしの町は戦場になった シリア内戦下を生きた少女の四年間』ミリアム・ラウィック/フィリップ・ロブジョワ




 戦闘の影に覆われていく平和な日常。学校の近くに落ちる爆弾、地下への避難。スナイパーが潜む通学路…。シリア内戦下の日々を、1人の少女が曇りなき目で綴った、21世紀版「アンネの日記」。

 2016年12月。かつてシリアの経済の中心だったアレッポは、内戦の激戦地となっていた。ジャーナリストのフィリップ・ロブジョワはその町で、ミリアムという13歳の少女とその母親に出会う。2013年にイスラム過激派の反政府組織に住み慣れた場所を奪われていたミリアム。彼女は、2011年から続く内戦下の日記を残していた。何気なく日常を過ごしていた世界があった一方で、シリアでは何が起き、子供たちの生活はどう変わったのか? 少女が内戦下の日々を曇りなき目で綴った記録。

 本書は、シリアに暮らす一少女が書いた日記から生まれたもので、原題は『ミリアムの日記』となっています。フランス人ジャーナリストのフィリップ・ロブジョワが取材のためにシリア入りし、現地の人々の生の声を拾わなければ、とうていシリアの内戦を理解し、語ることはできないという思いを抱いて、アレッポで避難民の支援活動をおこなっているカトリック系組織のマリスト・ブルーを訪ね、そこでもうすぐ13才になるというアルメニア系シリア人の少女・ミリアム・ラウィックに出会います。ミリアムは内戦下の暮らしや自分たち家族が経験したことを、日々学習ノートに書きつけていて、その日々の記録について、ロブジョワは一つ一つ質問し、ミリアムからさらに記憶を引き出していき、その作業を繰り返すことで、日記の内容は厚みを増し、本書へと繋がります。知られざる国際情勢の現実がここに書かれており、改めて平和のありがたさ、そして戦争の恐ろしさを考えます。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 16:28| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(4/29)

■ 健康保険組合の保険料 3年後には約55万円に 高齢化で

『大企業の会社員らが加入する健康保険組合の保険料は、高齢化のさらなる進展で、3年後の2022年度には、1人当たりの年間の平均で、今年度より5万円余り増えて、およそ55万円に上る見通しです』とのことですが、この

負担増

は大きすぎます。

高齢者が増加することでの現役世代の負担増でもありますが、高齢者への自己負担率を上げることや応分負担など、制度の見直しが必要とも思います。

■ 「旭日旗を拒否せぬ中国」に韓国メディアが大慌て それでも脱せない旭日旗アレルギー

『飛行機エンジンのファン・ブレードで旭日旗を連想するというのは、どう考えても無理やりな気がする』とありますが、飛行機エンジンのファン・ブレードで旭日旗を連想とか、もうアホすぎて話にすらなりません。。。(呆)

そんなに嫌なら飛行機を韓国国内で飛ばさないで下さい。。。

■ キャッシュレス決済の“落とし穴” 電子マネー残高2年で消滅も!? 「眠ったICカード」に要注意

『急速に普及するキャッシュレス決済だが、思わぬ落とし穴がある。交通系ICカードやバーコード決済などにお金をチャージしたまま一定期間利用せずに放置すると、権利が失効し、残高が「0」になるケースがあるというのだ。こうした対応の中身は、別表のように、サービスを提供する会社によって大きく異なる。あなたの電子マネーは大丈夫?』とのことですが、スマホ決済や電子マネーは使っていませんが、それぞれに規約の中身もしっかりと理解した上で利用すべきですね。

各社でサービスも規約もそれぞれに違いますから、使用するなら約款や利用規約のチェックは欠かせませんね。
posted by babiru_22 at 05:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする