2019年05月03日

『こちら横浜市港湾局みなと振興課です』真保裕一

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

こちら横浜市港湾局みなと振興課です [ 真保 裕一 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2019/5/3時点)




 山下公園前に浮かぶ氷川丸、象の鼻パーク、コスモワールドの観覧車、戦前にあった船員下宿、外国人居留区、横浜開港祭…。みなと振興課の名コンビが、ヨコハマに隠された謎を解き明かす! 『オール讀物』連載を書籍化。

 主人公は横浜市の港湾局みなと振興課で働く船津暁帆。ヨコハマ振興のため、舞い込んでくる大量の仕事に忙殺されている。猫の手でも借りたい状況の中で、配属された新人・城戸原泰成は、国立大学出身のエリートで、様々な難題をパーフェクトにこなす有能な男だった。カンボジアからの研修生の失踪事件や、フォトコンテストの応募写真を巡る謎、豪華客船「ダイヤモンド・テレジア号」体験ツアーでの幽霊騒ぎなど、数々のトラブルを暁帆と城戸坂の名コンビが乗り越えていく……。その過程で、二人は戦前の横浜の暗部を探り出す。「横浜港大感謝祭」の開催が近づくなか、暁帆&城戸坂が辿りついた真実とは。山下公園前に浮かぶ氷川丸や、象の鼻パーク、コスモワールドの観覧車、外国人居留地……ヨコハマの歴史的名所に、隠された謎を解き明かせ!

 物語は、横浜市職員の船津の元に、有能な新人・城戸原が配属され、二人で協力しながら、様々な問題を解決していくミステリ。アッサリとライト感覚で読める作品で、著者の作品としては物足りなく感じましたが、ドラマを見ているような感覚で読めます。

【満足度】 ★★★
posted by babiru_22 at 18:07| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(5/2)

■ 政府・与党、改元で政権浮揚狙う=野党、連休明け攻勢へ−皇位継承

『改元に伴う刷新ムードにも着目し、立憲幹部は「古い安倍政権はもう要らないという雰囲気にしていく」と強調した』とありますが、雰囲気とか言う前に

政策議論

できるよう政策出しましょうよ!

政策を出すことこそが大事なのに、印象操作ばかりというのは政党の意味がありませんし、雰囲気だけでどうにかできると思っているのがあまりにも残念すぎます。。。(呆)

■ 女性皇族めぐる報道相次ぐ=「不平等」「存続の危機」−米

『天皇陛下の即位は米国の報道でも大きく取り上げられ、複数のメディアが4月30日(日本時間5月1日)、女性・女系天皇を認めていない日本の皇室制度に絡めて報じた』とのことですが、女性皇族を巡る問題は今後の課題ではあるでしょうが、天皇陛下の即位に対して、こうしたことをマスコミは取り上げるべきではないでしょう。

こうした報道に対しては、取り上げるにしても時期を見て取り上げるべきで、即位直後に報道する姿勢はいかがなものかと思います。

■ 日本が歴史問題を政治利用と韓国大統領

『韓国の文在寅大統領は2日、大統領府で元政府高官ら有識者と会合を開き、日韓関係改善に意欲を示す一方、日本が歴史問題を国内政治に利用しているとして「とても残念だ」と述べた』って、自分達が身勝手な都合で政治利用していて、それすら日本のせいにするとか、呆れて言葉もありません。。。

よくここまで恥の概念がないものだと思いますが、そこまで嫌いなら、早く自らが日韓基本条約を破棄して下さい!
posted by babiru_22 at 05:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする