2019年05月09日

『最後まで、あるがまま行く』日野原重明

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

最後まで、あるがまま行く [ 日野原重明 ]
価格:1188円(税込、送料無料) (2019/5/9時点)




 自らの老いと死を受けとめながら、どう「前を向いて」過ごすか。105歳、亡くなる直前まで書き続けた、日野原重明の最後のエッセイ。『朝日新聞』be連載から44本を選りすぐって収録する。

 2017年7月に惜しまれつつ亡くなった著者が、91歳からはじめた連載、朝日新聞土曜別刷「be」の『あるがまま行く』。体の変化があらわれはじめた101歳から、亡くなる直前、口述筆記で作られた最終回までのなかから44本を選ぶ。車椅子を使いはじめることの葛藤と新たな気づき、先に亡くなった妻へのお詫びの気持ちなど、前向きなことも後ろ向きなことも、すべてを生きるエネルギーに変えて、最後まで生き切った著者の、最後のエッセイ。

 本書は、著者が101歳から亡くなる105歳までに書かれたエッセイ。その時の心境や体調などが綴られていますが、自らで「あるがまま」を生きられ、あくなき挑戦心と人のために役に立つ生き方をしたいという根底の思いが強く伝わってきます。日野原先生のような天寿を全うしたいと思うと共に、改めてご冥福をお祈りします。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 17:25| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(5/8)

■ ミサイルで脅されたのは韓国なのに先に日本と対応を協議する米国

『韓国は北東アジアで米日と中露のどちらの陣営にも含まれない「孤立」状態に置かれているとの声もある』とありますが、韓国はすでに国際的には

信用がない

状態であるという現実こそしっかり認識しろと言いたい。

捏造ばかり繰り返して被害者面というのは、すでに見透かされている状態でもありますから、孤立化するのも当然です!

■ 立民 夏の参院選の政党名の略称「りっけん」に

『立憲民主党は夏の参議院選挙で使う政党名の略称を、ひらがなで、「りっけん」とすることになりました』って、ひらがな表記で票が入るんですかね?

表記はどうでもいいから、政策考えて下さいな。。。

■ 「いつも笑顔を絶やさない子たちで‥何も言えない」園児2人死亡の保育園長、声詰まらせ会見

『大津市で車同士が衝突したはずみで歩道の保育園児と保育士15人が死傷した事故で、「レイモンド淡海保育園」(同市萱野浦)が8日午後6時から、同市内で記者会見した。保育園を運営する法人の前田効多郎理事長は「このような痛ましい事故に大変驚き、亡くなった園児の未来を思うと残念でならない」と声を詰まらせた』とのことですが、この会見はニュースで見ましたが、いわば被害者でもある幼稚園での記者会見をする必要があるだろうか?

しかも記者の人達は質問攻めをしていましたが、質問の内容が保育園に問題があったのか?とでも言いたい内容には、腹立たしさを覚えました。(怒)

中でも「事故現場は危険な場所という認識はありましたか?」という質問をした記者こそどう考えてもおかしな質問であり、こんな馬鹿げた質問をするマスコミこそ問題視すべき!(怒)
posted by babiru_22 at 05:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする