2019年05月25日

『美と破壊の女優 京マチ子』北村匡平




 美と破壊性をあわせ持つ無二の映画女優、京マチ子。彼女の主演作が海外の名だたる映画祭で評価されたのはなぜか? 戦後多くの日本人に支持されたのはなぜか? 多彩な役を変幻自在に演じた女優・京マチ子の魅力を語り尽くす。

 美と破壊性をあわせ持つ無二の女優、京マチ子。映画デビュー後、瞬く間にスターの座に上り詰め、日本映画の黄金期を駆け抜けた。出演作は100本に上り、強烈な肉体美で旧弊な道徳を破壊したかと思えば、古典的で淑やかな日本女性を演じてみせた。彼女の主演作が海外の名だたる映画祭で高く評価されたのはなぜか? 戦後、多くの日本人に熱烈に支持されたのはなぜか? ヴァンプから醜女、喜劇からシリアスな役まで、多彩な役を変幻自在に演じた女優・京マチ子の魅力を語り尽くす。

 本書は、「京マチ子の誕生前夜」「肉体派ヴァンプ女優の躍進」「国際派グランプリ女優へ」など全8章にわたって京マチ子の魅力を掘り下げた評伝本。本書を読んで、京マチ子が小津安二郎、溝口健二、成瀬己喜男、黒澤明の日本映画の4巨匠の映画全て出演した経験があった貴重な女優だと改めて気づかされます。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 18:40| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(5/24)

■ 丸山穂高議員、適応障害で2カ月休養に批判…精神疾患の診断書“悪用”は倫理的に極めて問題

『北方領土問題をめぐって「戦争で奪還」を肯定するような発言をし、日本維新の会から除名処分を受けた丸山穂高衆議院議員。無所属となったが、議員辞職は固辞する姿勢を見せていることで批判を浴びた。そして、今度は「適応障害」を理由に衆議院議院運営委員会の事情聴取を欠席して話題を呼んでいる』とのことですが、正直

ズル休み

にしか見えませんが。。。

このような診断で適応障害を理由にするのはいかがなものかとも思いますし、障害を理由にするならば議員辞職すべきです。

■ 米議会調査局「対北政策、韓米両国で考え方の違いが徐々に拡大」

『米国議会調査局(CRS)は先日公表した報告書の中で「韓国と米国は対北朝鮮政策でその考え方の違いが徐々に大きくなり、予測できない状況にある」との見方を示した』とありますが、徐々に大きくなりどころか最初から異なってます。

韓国国内向けの記事ということでしょうが、マスコミも捏造が当たり前とは、言葉もありません。。。(呆)

■ 五輪の暑さ対策、かぶる傘を試作 東京都の小池知事が明らかに

『東京都の小池百合子知事は24日の記者会見で、2020年東京五輪・パラリンピックに向けた暑さ対策として、かぶるタイプの傘を試作していると明らかにした』とのことですが、こんなの被る人いるんですかね?

これなら麦わら帽子で十分ですし、予算の無駄遣いにしか見えませんが。。。
posted by babiru_22 at 04:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする