2019年05月30日

『夜の側に立つ』小野寺史宜

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

夜の側に立つ [ 小野寺 史宜 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/5/30時点)




 親友は死に、僕が生き残った。夜の湖で。愛する女性の前で…。10代、20代、30代、そして40歳になろうとする、いま。4つの時間軸を行き来して描く、残酷にして誠実な青春の残滓。

 物語は、高校3年生でバンドを組んだ仲間5人の10代から40代までの話を、過去と現在の4つの時間を行き来しながら描かれる切ない恋の物語。展開が淡々としすぎていて、スッキリしない物語でもあり、登場人物それぞれの心の闇の部分も描かれますが、個人的にはイマイチでした。

【満足度】 ★★☆
posted by babiru_22 at 17:13| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(5/29)

■ NHK、ネット同時配信へ 改正放送法が成立

『NHKのテレビ番組を放送と同時にインターネットで流せるようにする改正放送法が29日午前の参院本会議で、与党などの賛成多数で可決・成立した。スマートフォン(スマホ)でも番組をみられるようになる』とありますが、受信料欲しさのための

電波の押し売り

にしか思えませんし、放送法を改正するのはそこではありません!

■ 国民民主・山井氏が離党へ 異例...国対幹部が会期中に

『国民民主党の山井国対委員長代行が、離党の意向を固めたことが、FNNの取材でわかった。関係者によると、山井氏は、6月上旬にも離党届を提出する考えで、当面は、無所属で活動する方向だという。国会会期中に国対幹部が離党するのは異例で、夏の参議院選挙を控え、支持率が低迷する国民民主党には打撃となるとみられる』とのことですが、これはあまりにも無責任!(怒)

国対委員長代行という立場でありながら、国会会期中に離党というのは、国会軽視があまりにも甚だしいですし、元民主は一体どこまで無責任なんだか。。。(呆)
posted by babiru_22 at 06:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする