2019年05月31日

『医師が教えるゼロポジ座り』中村格子




 整形外科医がおすすめする体に負担がかからない座り方“ゼロポジ座り”で、痛みや疲れのない体を手に入れよう。股関節の角度を90度よりもやや広い110度程度に開く座り方や、座り時間が長く続いたときのストレッチを紹介。

 体に負担をかけない新しい座り方=“ゼロポジ座り”“よい座り方”というと、股関節と膝を90度に曲げ、背筋を伸ばした座り方、いわゆる“直角座り”をイメージすると思いますが、実はこの座り方、体幹の筋肉が相当鍛えられていないと、「すぐに疲れる」「続けられない」ものなのです。整形外科の中村格子先生がおすすめする疲れない座り方は、股関節をやや広い110度程度に開くもの。この角度だと、関節や筋肉に負担がかからない、医学的な“ゼロポジション”となります。この座り方の新常識、“セロポジ座り”のコツを、本書で詳しくご紹介します。

 本書は、整形外科医である著者が、体に負担がかからない座り方、“ゼロポジ座り”についてを紹介したもの。その「ゼロポジ座り」ですが、股関節を110度に保ち、目安は膝が腰より10センチ下に位置するポジションで、坐骨を前後に揺らし安定した所が正しい姿勢とのこと。普段仕事では座ることは少ないものの、PC作業などで椅子に座っている時間も多いため、体に負担がかからない座り方については多いに参考になりました。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 17:03| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(5/30)

■ 市販「液体のり」、白血病治療の救世主に? 専門家驚嘆

『白血病の治療で重要な細胞を大量に培養することに、東京大と米スタンフォード大などのチームがマウスで成功した。これまでは高価な培養液でもほとんど増やせなかったのが、市販の液体のりの成分で培養できたという』とありますが、これは

ノーベル賞級

の発見です!

早期に医療現場に反映されることを願います。。。

■ 韓国産ヒラメなど検査強化 政府、輸入規制への対抗措置

『政府が6月1日から韓国から輸入するヒラメのモニタリング検査を強化する』とありますが、実際に寄生虫を原因とする韓国産ヒラメによる日本国内での食中毒が発生しているのですから、対抗措置というよりも適正な検査強化でもあります。

確か民主党政権時に規制緩和されたことで、検査自体も緩和されたと思いましたが、食の安全のためにも、しっかりとした検査を求めます。。。

■ 他人と接触絶ち生活=「引きこもり」指摘に居直る−川崎襲撃・岩崎容疑者

『これまでの捜査では、交友関係もほとんどうかがえず、パソコン、携帯電話も所持していた形跡がないという』とのことですが、このご時勢でネットすらしていないというのは驚きです。

ただし、どんな環境に居ようと人の命を奪う言い訳には決して成りません。
posted by babiru_22 at 06:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする