2019年06月11日

『小池芳子のこうして稼ぐ農産加工』小池芳子




 農産加工品の味をよくするためには、原料農作物のどこを見るか、調味料などの副素材をどう選び、どう使うか。加工所の効率を上げるには。農産加工所の経営を好転させるには。この道40年の著者が、経験から明らかにする。

 本書は、小さい農産加工所のレベルアップの要となる「原料や副素材の素性の見極め方と使い方」「味付けに影響する調味料の選び方と使い方」なども含め、農産加工についてを著者自らの経験から分かりやすくまとめています。加工品の売れ行きが悪い、味がよくないなどの課題に応え、黒字経営をめざすために、小池農産加工所の経営の7割を占める受託加工成功のポイント、従業員教育と効率のよい人の動かし方、自己資金主義の資金運用など、加工所の運営ノウハウも紹介し、特に設備投資に影響の大きい加工機器の使い方、バージョンアップの考え方についても具体的に紹介しています。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 17:16| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(6/10)

■ 中国船?がイカ2トン強奪=ベトナム漁船から−西沙沖

『中国とベトナムが領有権を争う南シナ海の西沙(英語名パラセル)諸島沖でベトナム漁船が、漁獲したイカ2トンを中国籍らしき船舶に持ち去られたと伝えた。漁船は「ここは中国の海域だ。今後は操業を認めない」と警告を受けたという』って、中国のやってることは完全に

海賊じゃん

しかも武装までしているとか、確信犯でもあり、これは野放しにするのではなく、国際的な制裁措置こそ取るべきだ!(怒)

■ 防衛省との話し合いは振り出しに戻った

『秋田県の佐竹敬久知事は10日の県議会で、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」を巡る防衛省の一連のミスに関し「誠に遺憾だ。防衛省の基本的な姿勢には甚だ疑問があり、話は振り出しに戻った」と述べた』とありますが、説明会では防衛省職員が居眠りをし、配布された資料でも単純ミスと、杜撰な対応をしたことがあまりにも残念。

これは秋田県にこだわらず、中国と朝鮮半島全域からの脅威を想定していますから、別の地域の日本海側への設置に切り替えるべきです。

■ 札幌2歳女児衰弱死 児童相談所が再会見

『児相側は、「(同行は)1時間ほどかかるということで、やんわりお断りした。(夜間対応をしているセンターに)依頼すれば、現地に行ってもらうことは可能な状況にありました」と述べたうえで、「警察と情報共有ができていなかったと反省している」と話した』とのことですが、行政に言えることですが、できなかった言い訳は言いますが、要は「やる気がない」ということ。

今後このようなことがないような仕組み作りを早急にしなければならないというのに、それができずに責任の擦り合い。

縦割り行政の悪しき現実です!(怒)
posted by babiru_22 at 05:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする