2019年06月19日

『それまでの明日』原 ォ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

それまでの明日 [ 原 りょう ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2019/6/19時点)




 探偵事務所の沢崎のもとに、消費者金融で支店長を務める望月が訪れた。融資が内定している赤坂の料亭の女将の身辺調査を依頼されるが、女将はすでに亡くなっていた。さらに望月が姿を消し、沢崎は金融絡みの事件の渦中に…。

 渡辺探偵事務所の沢崎のもとに望月皓一と名乗る金融会社の支店長が現われ、赤坂の料亭の女将の身辺調査をしてくれという。沢崎が調べると女将は去年亡くなっていた。顔立ちの似た妹が跡を継いでいるというが、調査の対象は女将なのか、それとも妹か? しかし当の依頼人が忽然と姿を消し、沢崎はいつしか金融絡みの事件の渦中に。切れのいい文章と機知にとんだ会話。時代がどれだけ変わろうと、この男だけは変わらない。14年もの歳月をかけて遂に完成した、チャンドラーの『ロング・グッドバイ』に比肩する畢生の大作。

 本書は、前作『愚か者死すべし』から14年ぶりの「沢崎シリーズ」の最新刊。『そして夜は甦る』『私が殺した少女』『天使たちの探偵』『さらば長き眠り』『愚か者死すべし』に続くシリーズ6作目で、『このミステリーがすごい!2019年版」での国内編1位となった作品でもありますが、14年ぶりの新作は待った甲斐のある出来で、一気に読み終えました。独特の文体で、本格的なハードボイルド作品でもありますが、私立探偵・沢崎を主人公に、今回も魅力あるストーリー展開で事件の本筋に迫ります。何年後になるか分かりませんが続編の次作が今から楽しみです。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 19:35| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(6/18)

■ 「闘う姿勢見えない」 枝野氏の不信任見送り示唆に批判

『立憲民主党の枝野幸男代表が、今国会での内閣不信任決議案提出の見送りに言及したことが、野党内に波紋を広げている。7月に参院選を控える中、内閣不信任案提出の見送りは、野党の勢いをそぎかねないとの懸念も上がっている』とありますが、野党は

批判ありき

でしか物事を見ていないのでしょうね。。。(呆)

そんなことよりも、政策こそ出すべきです!

■ トランプ氏、習近平氏に香港デモ問題提起へ G20で…国務長官表明

『香港で起きた「逃亡犯条例」改正案に抗議するデモ隊と警官隊の衝突に関し、トランプ米大統領が今月下旬に大阪で開催される20カ国・地域(G20)首脳会議の場で中国の習近平国家主席に問題提起する』とのことですが、この問題提起をするのはトランプ大統領らしさでもあります。

今回のG20の見所にはなりますね!

■ 体罰禁止法案が19日成立へ 参院厚労委で可決、来年4月施行

『親の体罰を禁止し、児童相談所の体制を強化する児童虐待防止法と児童福祉法の改正案は18日、参院厚生労働委員会で全会一致により可決された。19日の参院本会議で成立する見通し。一部を除き、来年4月から施行される』とありますが、体罰と躾の線引きを提示すべきです!

怪我をさせるような暴力は明らかに体罰ですが、悪さしてお尻を叩くのは体罰なのか躾なのか?とも思いますし、むしろ躾がおざなりにならなければと思いますが。。。
posted by babiru_22 at 07:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする