2019年06月25日

『世界基準のビジネスエリートが実践している 最強の体調管理』中根 一




 実年齢よりも老け込んで見える人がいる一方で、ハイパフォーマンスを維持するエグゼクティブがいる。その違いはどこから生まれるのか。東洋医学界を牽引する鍼灸師が、老けない身体になる「最強の体調管理」方法を紹介する。

 忙しい現代社会では、元気そうにみえても体のどこかに不調を抱えながら生活しているもの。その一方で、年齢の割にいつもはつらつとして頭の回転が早く、仕事でもプライベートでもハイパフォーマンスを維持している人も、ビジネスエリートの中に特に多くみられます。本書では、体質の変化を感じ始める40歳以降も、老け込まずにパフォーマンス力を保っているビジネスエリートたちが、日々の生活の中で行っている「中長期的な体調管理」を取り上げます。日本はもとより世界で活躍するエグゼクティブたちをこれまで多数診療し、体質別に体調管理についてアドバイスをしてきた著者が、その具体的な方法を多数紹介します。提案する体調管理法は、特殊な環境が必要だったり、心身のストレスがかかるものではないので、本を読んですぐに実践できます!

 本書は、余暇の使い方や体調管理といった自己の充実の中から、特に体調面について気をつけていることが書かれた一冊。体質の変化を感じ始める40歳以降も、老け込まずにパフォーマンス力を保っているビジネスエリートたちの、日々の生活の中で行っている「中長期的な体調管理」を取り上げていますが、具体的な方法が多く書かれており、体調管理の参考になる内容です。

【満足度】 ★★★☆
posted by babiru_22 at 16:09| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(6/24)

■ 沖縄「慰霊の日」続く政治利用 「祈りの場なのに…」

『首相があいさつを始めると、「帰れ!」「恥知らず!」「辺野古を止めてから言え!」などのやじが相次いだ』とありますが、沖縄全戦没者追悼式という場であるにも関わらず、ヤジを飛ばすとか、失礼極まりない行為であり、亡くなられた方々に対する

冒涜です!

政府批判するにしても、これは追悼式であり、何故、戦争の被害者を更に踏みにじるような事が出来るのか全く理解できません。(怒)

追悼式という場に政治的な争いを持ち込まないでほしい……ただそれだけです。

■ 消費増税を「凍結」=医療・介護、自己負担に上限−立憲参院選公約

『立憲民主党は24日、参院選公約を発表した。10月の消費税率10%への引き上げを「凍結する」と明記。老後不安解消のため、医療や介護などの自己負担額に上限を設ける「総合合算制度」導入を提唱した。最低賃金を5年以内に時給1300円に引き上げる目標を掲げるなど家計重視の姿勢を打ち出した』って、詐欺フェスト復活ですね。。。(呆)

消費税引き上げの言いだしっぺが次々と凍結を言い出している時点で、信用などできませんし、そもそも財源はどうするの?と言いたい。

■ 安倍氏、韓国に砲門「これからは韓国が国際法と約束を守る番」

『先に韓国側がしっかりと判断しなければならない。徴用問題についても、また慰安婦合意についても、日本は誠実に国際法に従い、両国の約束に基づいて対応してきた。今度は韓国が確実にそうした対応をする番だと思う』という当たり前の回答であるにも関わらず、これを砲門とか、恥の概念すらないんでしょうね。。。(呆)

当たり前のことが当たり前に出来ない国って、何なんでしょうね。。。(呆)
posted by babiru_22 at 04:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする