2019年07月31日

『桜の科学』勝木俊雄




 東京から桜が消える? 染井吉野は一斉に咲く? 温暖化で開花は早まるのか…? 生き物としての桜を20年以上研究している著者が、DNA分析や歴史資料等でわかった桜の知られざる面や由来を、50のトピックスで紹介する。

 桜は、底知れぬ魅力をもっています。けっこう知っているつもりでも、どのように育ち、咲き、実をつけ、枯れるのかをあらためて見ていくと、想像もしなかった事実や歴史に出合えるでしょう。そこで本書では、生き物としての桜を20年以上研究している著者が、その知られざる面を中心に、50のトピックスにまとめました。現地調査やDNA分析、歴史的資料とともに「科学的な謎解き」を楽しみつつ、「新しい桜の見方」に触れられる1冊です。

 本書は、知っているようで知らない桜の生態や歴史を、現地調査やDNA分析などを基に50のトピックスを通して明らかにした一冊。雑学も含めてコンパクトに桜を紹介しており、改めて桜の奥深さを感じる内容です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 17:38| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(7/30)

■ 韓日軍事情報協定 「状況により破棄検討の可能性も」=韓国外相

『韓国外交部の康京和(カン・ギョンファ)長官は30日、韓日の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の延長に関して「状況の展開によって(協定破棄を)検討する可能性もある」と明らかにした』とありますが、検討でなく

日韓断交

こそ韓国は言うべきでしょう!

しかし自ら自爆モードに突入するとか、韓国サスガです!

■ 韓国漁船の取り締まりを強化した日本、韓国は“非常警戒令”で保護強化=韓国ネットに不安広がる

『韓国国会は同日、日本の水産庁と海上保安庁が最近、日本海の好漁場「大和堆」周辺の漁業指導船と巡視船を大幅に増強したことを明らかにした』とのことですが、国際法に基づいての取り締まりなのだから、当たり前のこと。

それにしても違法操業してても被害者ヅラとか、どんな泥棒国家なんだか。。。(呆)

■ NHK受信料「国会議員払わないなら…大阪市も払わない」松井大阪市長

『日本維新の会を率いる松井一郎・大阪市長は30日、市役所で記者団を前に「NHKが現職国会議員の受信料不払いを認めるなら、大阪市もやめさせてもらう」と語った』とありますが、これはもっともな意見です。

ただし、スクランブル化には賛成です。。。
posted by babiru_22 at 05:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月30日

『絶対にギブアップしたくない人のための成功する農業』岩佐大輝




 土地なし、ノウハウなし、資金なしでも大丈夫。ゼロからはじめたイチゴの先端施設園芸を、わずか数年で軌道に乗せ、新規就農支援事業にも精力的に取り組む著者が、門外不出の成功メソッドを伝授する。

 本書は、ゼロからはじめたイチゴ農園を数年で軌道に乗せた著者が書いたメソッド本。新規就農するにあたって何から手をつけていいかわからず迷子だった著者だからこそわかる、農業を始める手順とよくある疑問・不安に答えています。また、全て実体験を書いているため、とてもリアルな内容で、これから農業の新規就農を考えている人にはオススメの一冊です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 19:21| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月29日

『死に山 世界一不気味な遭難事故《ディアトロフ峠事件》の真相』ドニー・アイカー




 学生登山家9名が凄惨な死に様で発見された、旧ソ連・ウラル山脈で起きた遭難事件「ディアトロフ峠事件」。原因は雪崩か吹雪か、あるいは衝撃波か? アメリカ人ドキュメンタリー映画作家が、未解決事件の全貌と真相に迫る。

 1959年、冷戦下のソ連・ウラル山脈で起きた遭難事故。登山チーム9名はテントから1キロ半ほども離れた場所で、この世のものとは思えない凄惨な死に様で発見された。氷点下の中で衣服をろくに着けておらず、全員が靴を履いていない。3人は頭蓋骨折などの重傷、女性メンバーの1人は舌を喪失。遺体の着衣からは異常な濃度の放射線が検出された。最終報告書は「未知の不可抗力によって死亡」と語るのみ…。地元住民に「死に山」と名づけられ、事件から50年を経てもなおインターネットを席巻、われわれを翻弄しつづけるこの事件に、アメリカ人ドキュメンタリー映画作家が挑む。彼が到達した驚くべき結末とは…!

 本書は、1959年に旧ソ連・ウラル山脈で起きた「ディアトロフ峠事件」の真相を追ったノンフィクション。ある登山チーム9名がテントから1キロ半ほども離れた場所で、凄惨な死に様で発見され、氷点下の中で衣服を着けておらず、全員が靴を履いていない。遺体の着衣からは異常な濃度の放射線が検出される……というこの事件について、丁寧に真相に向けて追っていきます。著者が最後に到達した科学的結論が真相かどうかは分かりませんが、非常に興味深いノンフィクションでした。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 07:50| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(7/28)

■ 臨時国会に「登院できない」重度障害者への制度の壁

『2人は国の障害福祉制度で、重い障害がある人の生活をサポートする「重度訪問介護」のサービスを受けています。一方で、規則では働き始めると通勤や仕事中にこのサービスを受けられません。厚生労働省との話し合いの場で、木村さんは「このままの制度では、介助を受けながら働くことができない」と訴えました』とありますが、今になってこのままの制度では介助を受けながら働くことができないというのは、

無責任

に思います。

制度の改正を求めたいということでもあるでしょうが、自費で介助を受ければいいだけだろうし、参議院選挙に出馬したからには、議員としての仕事をするのは当然のことですが、厳しい言い方ですが、国会議員としての責務を果たせないなら辞めるべきです。

■ 世論調査で「日本製品を買いたくない」韓国市民、ついに80%に達する=中国メディア

『中国メディア・東方網は26日、韓国の調査機関が実施した最新の世論調査で、80%の韓国市民が「日本製品を買いたくない」と回答したことが明らかになったと報じた』とのことですが、これならば優遇措置をハズして良かったということでしょう。

それにしても、買いたくなければ買わなければいいだけなのに、一々記事にするというのもいかがなものかと思いますね。。。
posted by babiru_22 at 04:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月28日

『キンモクセイ』今野 敏

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キンモクセイ [ 今野 敏 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2019/7/27時点)




 法務官僚の神谷が殺された。警察庁警備局の隼瀬は神谷が日米合同委員会に関わっていたこと、“キンモクセイ”という謎の言葉を残していた事実を探り当てるが…。警察インテリジェンス小説。『週刊朝日』連載を単行本化。

 法務官僚の神谷道雄が殺された。警察庁警備局の隼瀬順平は神谷が日米合同委員会に関わっていたこと、“キンモクセイ”という謎の言葉を残していた事実を探り当てる。神谷殺害事件の専任捜査を極秘に命じられる隼瀬。しかし警視庁は捜査本部を縮小、公安部も手を引くことが決定される。やがて協力者である後輩の岸本行雄の自殺体が発見されるが…。日米関係の闇に挑む本格的警察インテリジェンス小説。

 物語は、法務省の官僚殺しを追う警察官僚が、自らも大きな敵に追われながらも真実を暴くために奮闘するストーリー。設定は面白かったものの、淡々としすぎていて、主人公の存在感もハッキリとせず、面白みにも欠けました。

【満足度】 ★★☆
posted by babiru_22 at 18:17| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月27日

『大谷翔平 二刀流の軌跡』ジェイ・パリス

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

大谷翔平 二刀流の軌跡 [ ジェイ・パリス ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2019/7/26時点)




 二刀流のスーパールーキー、大谷翔平。アメリカの一流記者が徹底取材で、メジャーリーグ挑戦1年目の努力と栄光を描く。ほか、大谷がどのような環境で育ち、どんな過程を経て、類まれな選手となっていったのかも記す。

 著者は、カリフォルニア在住のスポーツジャーナリスト。メジャーリーグで二刀流選手がどのように映るのかが丁寧にまとめられたノンフィクションが本書。MLB記者、エンゼルスのソーシア監督、チームメイト、ライバルチーム監督や選手などの取材を交えて、メジャーリーガー大谷翔平の1年間の軌跡が書かれています。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 12:40| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(7/26)

■ 韓国首相「日本政府、事態を悪化させず外交的協議で解決策を見いだそう」

『韓国の李洛淵(イ・ナギョン)首相が25日、「日本政府に言う」とし「事態をこれ以上悪化させず、外交的協議を通じて解決策を見いだそう」と呼びかけた』とありますが、悪化させているのは

韓国です!

自ら悪化させる行動をしているのに、自分達を正すのではなく他人任せとか、空いた口が塞がりません。。。(呆)

■ 韓国の優遇措置除外を8月2日にも閣議決定

『政府が半導体材料の韓国向け輸出規制強化を巡り、安全保障上の輸出管理で優遇措置を取っている「ホワイト国」から韓国を除外する政令改正を、8月2日にも閣議決定する方向で調整している』とのことですが、これこそ「ただちに」実行すべき。

ホワイト国での優遇措置除外となると千品目を越える品が対象にもなりますが、こうした事態となったのも、元を正せば韓国に原因があることですから、非礼な態度を相変わらず続けているのだから、問答無用で優遇措置除外を行って下さい。

■ 韓国政府、日本の輸出厳格化を「天災レベル」に認定=「過度な恐怖心助長するな」と現地紙

『韓国政府は日本による半導体材料の輸出厳格化を「天変地異やそれに準ずる災害・事故」に該当するとみなし、対策に着手した企業に対して労働時間の延長を認める措置を打ち出した。輸出厳格化について、韓国紙は「過度な恐怖心を助長してはならない」と主張。逆に打撃の大きさをも浮き彫りにした』って、自らが招いたことなのに、天災レベルとか、さすがは韓国、斜め上すぎ。(呆)

こうなるようなことをしてきたのは、自分達なのだから、少しは考えるべきなんですが、どこぞの政党のように、自分達の責任は全て責任転嫁ばかりしてきたのだから、いわば自分達のツケですね。。。
posted by babiru_22 at 05:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月26日

『アースダイバー 増補改訂』中沢新一

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

増補改訂 アースダイバー [ 中沢 新一 ]
価格:2484円(税込、送料無料) (2019/7/25時点)




 縄文、そして「海民」へと日本のルーツを遡り、地形の無意識、文化と自然の相互作用を探るアースダイビングは、見えない東京を教えてくれる。隅田川、多摩川、大宮八幡宮を追加。全24点アースダイビング・マップ付き。

 2005年、『アースダイバー』は、東京の風景が一変する散歩の革命を起こし大ベストセラーになりました。野生の東京を描く東京創世記でした。その後、『大阪アースダイバー』(2012)『アースダイバー 東京の聖地』(2017)、『アースダイバー 神社編』(刊行準備中)と日本の歴史を書きかえる射程をもつ大きなプロジェクトになっています。縄文、そして「海民」へと日本のルーツを遡り、地形の無意識、文化と自然の相互作用を探るアースダイビングは、見えない東京を私たちに教えてくれます。今回の増補改訂で隅田川と多摩川流域といった海民文化の要素が色濃く残る地域を追加しました。そして東京の中心地であり、アースダイバーの出立点である大宮八幡へと帰還します。東京アースダイバーの決定版にして完結版!

 本書は、現代の地図に考古学的な地図を重ね合わせることで浮かび上がる「東京」についてを、地質学的、考古学的、民俗学的事実や仮説、そして知識わ組み合わせて書かれた東京創世記本ともいえる地方史。東京都の地理学が深堀りされていて、著者らしい着眼も見事です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 15:35| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(7/25)

■ 韓国首相「予期せぬ事態」警告=日本に協議呼び掛け

『韓国の李洛淵首相は25日、日本政府の輸出管理強化措置について「万一、日本が状況をさらに悪化させれば、予期せぬ事態につながる恐れもある」と警告した。その上で、日本政府に対し「事態をこれ以上悪化させず、外交的協議を通じ解決策を見いだそう」と呼び掛けた』って、出川哲郎じゃないけど、それこそ

お前はバカか?

お願いする立場であるというのに、謝罪すらなく脅迫するとか、相変わらずですが、元の原因は自分達であることすら理解しようとしていないのだから、こんな相手国には関わらないことが一番です。

優遇してもらうために脅すとか、どこまで身勝手なんだか。。。(呆)

■ 韓国「WTOの支持取り付け失敗」 ロイター通信報道

『ジュネーブで24日に開かれた世界貿易機関(WTO)一般理事会では、韓国を支持する動きがなく、ロイター通信は「韓国は支持を取り付けることに失敗した」と報じた』とありますが、当然の結果ですね。

世界から孤立していることが、これでハッキリと答えが出ましたが、優遇措置をハズしただけなのに、イチャモンつける韓国に支持できる国はないでしょうし、そもそもWTO案件ではないのだから、話にもなりません。。。

■ 韓国議員ら、訪中=日本の輸出規制に関して中韓共同対応案を議論

『韓国の与野党所属議員らが中国外務省の招待で北京を訪問し、日本の韓国への輸出規制と関連した中韓共同対応案を議論中だ』とのことですが、自分達の問題なのに、他頼みとか、行動がアホすぎて思わず笑ってしまいます。。。(呆)

アメリカがダメなら中国とか、節操があまりにも無さすぎますし、どうぞアメリカから制裁されて下さいな。。。(呆)
posted by babiru_22 at 05:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月25日

『アースダイバー 増補改訂』中沢新一

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

増補改訂 アースダイバー [ 中沢 新一 ]
価格:2484円(税込、送料無料) (2019/7/25時点)




 縄文、そして「海民」へと日本のルーツを遡り、地形の無意識、文化と自然の相互作用を探るアースダイビングは、見えない東京を教えてくれる。隅田川、多摩川、大宮八幡宮を追加。全24点アースダイビング・マップ付き。

 2005年、『アースダイバー』は、東京の風景が一変する散歩の革命を起こし大ベストセラーになりました。野生の東京を描く東京創世記でした。その後、『大阪アースダイバー』(2012)『アースダイバー 東京の聖地』(2017)、『アースダイバー 神社編』(刊行準備中)と日本の歴史を書きかえる射程をもつ大きなプロジェクトになっています。縄文、そして「海民」へと日本のルーツを遡り、地形の無意識、文化と自然の相互作用を探るアースダイビングは、見えない東京を私たちに教えてくれます。今回の増補改訂で隅田川と多摩川流域といった海民文化の要素が色濃く残る地域を追加しました。そして東京の中心地であり、アースダイバーの出立点である大宮八幡へと帰還します。東京アースダイバーの決定版にして完結版!

 本書は、現代の地図に考古学的な地図を重ね合わせることで浮かび上がる「東京」についてを、地質学的、考古学的、民俗学的事実や仮説、そして知識わ組み合わせて書かれた東京創世記本ともいえる地方史。東京都の地理学が深堀りされていて、著者らしい着眼も見事です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 19:06| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(7/24)

■ 日本の輸出優遇措置対象から除外に 韓国が意見書「根拠ない」

『こうした措置は「貿易障壁を低くし、差別的待遇の撤廃を目指すWTOの原則に全面的に違反する」と訴えました』って、優遇をハズしただけで差別的とか、いいがかりが酷すぎます!(怒)

法とルールを守ってくれと言ったら差別だと騒ぐのだから、

何様?

なんだと言いたいですし、こんな馬鹿国家は幾ら隣国であろうと、今後一切優遇などすべきではありません!(怒)

■ 韓国国会の代表団が31日に訪日へ 自民の二階氏らとの面談推進

『日本の韓国に対する経済報復により冷え切った両国関係を改善するため、文喜相(ムン・ヒサン)韓国国会議長が派遣する国会代表団が今月末に日本を訪問する。自民党の二階俊博幹事長、公明党の山口那津男代表など与党の中心人物との面談を行うための日程を調整しているという』とありますが、優遇措置をハズしただけで「経済報復」と書いている時点でアウトでしょう。

それにしても、韓国の国会代表団はどのツラ下げて日本を訪問するんだか。。。(呆)
posted by babiru_22 at 05:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月24日

『安彦良和の戦争と平和 ガンダム、マンガ、日本』杉田俊介




 「機動戦士ガンダム」の生みの親の1人であり、マンガ家として歴史や神話を題材にした傑作を世に問うてきた安彦良和。気鋭の批評家・杉田俊介が、約20時間の取材を通して、巨大なスケールを持つ安彦良和の作品世界に迫る。

 『機動戦士ガンダム』の生みの親の一人であり、『神武』『虹色のトロツキー』など重厚な作品群を世に問うてきた漫画家・安彦良和。『宮崎駿論』などで注目される気鋭な批評家が20時間のインタビューで聞き取った、作品の神髄と「ガンダム」への思いとは? 2019年は『機動戦士ガンダム』テレビ放送から40周年、安彦氏がライフワークとして書き上げた『機動戦士ガンダム THE ORIGEN』の映画シリーズがテレビ初放送という大注目の年。白熱討論を通して、「ガンダム」とマンガ作品の魅力、日本史、戦争、現代社会について語りつくす!

 本書は、著書による安彦良和氏へのインタビューなどから、画業と思想に迫った一冊。安彦良和氏のマンガ作品はほぼ全て読んでいますが、本書では大半が「機動戦士ガンダム」を中心に書かれており、作品の世界観と歴史観が、作品の根底にあることが分かっただけでもいい内容で、読み応えもありました。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 17:55| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(7/23)

■ ロシア軍用機が韓国領空侵犯 中国軍用機は防空識別圏進入

『中国とロシアの軍用機が23日午前、韓国防空識別圏(KADIZ)に進入した。この過程でロシア軍用機は韓国領空を侵犯した。韓国軍は戦闘機を出動させ、ロシア軍用機に向けて警告射撃を行った』とありますが、日米にソッポ向かれた韓国に対して、中国とロシアは仕掛けてきてますね。

いずれにしても、この領空侵犯ならびに防空識別圏進入は、韓国の

自業自得

でありますが、ところで韓国はロシアと中国に対しては、勿論レーザー照射したんでしょうね。。。

■ 韓国軍機が計360発の警告射撃

『韓国軍合同参謀本部は23日、島根県・竹島(韓国名・独島)周辺に領空侵犯したとするロシア軍機はA50空中警戒管制機で、韓国軍機が計約360発の警告射撃を実施したと明らかにした』とのことですが、さてはロシアにも瀬取りを見られたのですかね。。。(苦笑)

ただ、ロシア側の発表がないだけに、ひょっとしてこれも息するように嘘を吐いているのでは?とも思ってしまいますが。。。

■ ロシア外務省、韓国への領空侵犯を否定

『ロシア政府は23日、同国軍機が韓国領空を侵犯したとする韓国軍合同参謀本部の発表について、国際空域で予定通りの演習を実施していたと反論した。ロシア外務省は「ロシア空軍のTu95戦略爆撃機2機は日本海(Sea of Japan)の公海上空で予定されていた飛行を実施した」と述べた』とありますが、日本政府もこのぐらい堂々と言うべきですね!

しかも、あえて「日本海」と言い切る辺りがロシアらしさでもありますが、さて韓国はロシアにもケンカふっかけるのかな?
posted by babiru_22 at 05:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月23日

『アイヌ文化で読み解く「ゴールデンカムイ」』中川 裕




 漫画「ゴールデンカムイ」のアイヌ語監修者にしてアイヌ文化研究の第一人者が、言語・物語や信仰から食生活まで、漫画の名場面をふんだんに引用しながらアイヌ文化を解説する。原作者・野田サトルの描き下ろし漫画も収録。

 2018年に手塚治虫文化賞でマンガ大賞を受賞し、アニメ化も果たした累計発行部数900万部超の大ヒット冒険活劇漫画「ゴールデンカムイ」。同作をきっかけにして、初めてアイヌ文化に興味を抱いたという方も少なくないのではないか。本書はそんな大人気作品のアイヌ語監修者が、漫画の名場面をふんだんに引用しながら解説を行った、画期的入門書である。「アシ(リ)パたちの名前はどのように決まったのか」「話題の“オソマ”と“チタタプ”にまつわる裏話とは?」「“ヒンナ”の正確な意味と、本当の使い方」など、原作ファンならば漫画が100倍面白くなること必至の知識が満載となっている。もちろん、それだけではなく「アイヌの先祖はどこから来たか?」「アイヌ語から解き明かす北海道の地名」「徹底解説! アイヌ文学」など、原作を知らない方でも楽しめる内容が盛り沢山。アイヌ文化について知りたいならば、まず最初に読むべき最高の入門書だと言えるだろう。

 本書は「ゴールデンカムイ」のアイヌ語監修者にしてアイヌ文化研究の第一人者である著者が、漫画の名場面をふんだんに引用しながら解説を行った唯一の公式解説本にして、アイヌ文化への最高の入り口となる入門的新書。「ゴールデンカムイ」自体を読んではいませんが、本書を読むと「ゴールデンカムイ」の副読本ともいえる内容で、原作マンガの様々な場面を盛り込んでいて読みやすく、アイヌの歴史や文化、地理の考察など、アイヌ文化の奥深さをとても分かりやすく解説しており、アイヌ文化入門書の役割をしっかりと果たしています。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 16:48| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月22日

『いのちの人形』横関 大

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

いのちの人形 [ 横関 大 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2019/7/22時点)




 世田谷で不審死事件が発生した。鑑識が到着する前に「ドールズ」と名乗る組織が現れ、現場を押えてしまう。不審に思った警視庁捜査一課の川村は、サイバー犯罪捜査官の高倉と調査を始める。次第に明らかになったのは…。

 世田谷で発生した不審死事件。鑑識が到着する前に、厚労省の外郭団体で「ドールズ」と名乗る組織が現れ、現場を警察から横取りしてしまう。感染症の疑いかと思われたが、彼らの行動を不審に感じた警視庁捜査一課の川村直樹は、事件後に知り合ったサイバー犯罪捜査官の高倉竜生と捜査を始める。次第に明らかになったのは、政府が28年前から隠してきた一級の国家機密だった……。巨大な運命の渦に巻き込まれた人間たちの、〈いのち〉を巡る物語が動きだす!

 本書は、クローン人間をテーマにしたミステリ。物語は3人の視点で描かれますが、設定も斬新で一気読みしましたが、クローン人間の是非を問うというのは興味深かったですが、ラストも含めてスッキリしないところがあり、個人的にはイマイチという感じです。

【満足度】 ★★★
posted by babiru_22 at 17:02| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(7/21)

■ 参院選 与党 改選過半数確実 改憲勢力3分の2に届く可能性も

『21日投票が行われた参議院選挙で、自民・公明両党は改選議席の過半数にあたる63議席を上回るのは確実です』とのことで、今回の参院選は

与党圧勝

ということになりましたが、これも裏を返せば、それだけ野党がだらしなかったということ。

政策議論をすべきなのに、議論からせずに批判ありきの無責任体質に国民がノーを突きつけたということでもあるでしょう。

野党はこの現実を真摯に受け止め、現実的な政策を出して、与党に対峙してほしいですね。

■ 30代以下支持、増す自民 60代以上と逆転 出口分析

『若い有権者の自民と立憲・国民への投票行動の落差が、自民の堅調ぶりを支えているようにも見える』とありますが、朝日新聞らしくない書き方でもありますね。

それだけ若者が冷静ということなのでしょうかね?

■ 参院選、推計投票率は49%

『参院選の投票率(選挙区)は、共同通信社の21日午後9時現在の全国推計で49.42%となった。前回2016年参院選の54.70%を下回り、50%前後となる可能性がある』とのことですが、投票率低すぎますね。。。

政治に関心を持たない人がそれだけ多くなってということでもあるでしょうが、投票しなかった人は政治に対しての批判する資格もないと思いますし、生活と直結するのが政治でもあるだけに、しっかりと国民一人一人がチェックしなければならないとも思いますが、そこまでの余裕もないということかもしれませんね。。。
posted by babiru_22 at 06:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月21日

昨日の出来事(7/20)

■ 国民民主幹事長、聴衆にライター示し「皆さんの心を燃やしたい」 放火事件触れ「京都みたいになったら困る」参院選演説会で

『国民民主党の平野博文幹事長が19日、滋賀県栗東市で開かれた参院選候補者の個人演説会で、34人の死者を出した「京都アニメーション」第1スタジオ(京都市伏見区)の火災に触れ、ライターを聴衆に示し「皆さんの心を燃やしたい、という思いで買ってきたが、これを燃やしたら京都みたいになったら困るので、今日は使わない」と発言した』とのことですが、この大失言をマスコミ・メディアは殆どスルーとか、

野党に忖度

しすぎじゃないか!(怒)

与党議員が言えば大々的に書き立てるのに、悲惨な事故をこのように使うとか、これで幹事長やっているのだから、不謹慎にもほどがある!(怒)

■ トランプ大統領、文大統領から「日韓仲介」頼まれたと明かすも乗り気なし?「いくつのことに関わらないといけないのか」

『トランプ米大統領は19日、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領から、輸出管理をめぐる日本との対立に関して仲介を頼まれたことを明らかにした』とありますが、どのツラ下げてトランプ大統領に仲介を頼むんだか。。。(呆)

トランプ大統領が相手にしないのも当然のことで、韓国も頭が悪すぎです。。。
posted by babiru_22 at 05:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月20日

『エスケープ・トレイン』熊谷達也

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

エスケープ・トレイン [ 熊谷達也 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2019/7/20時点)




 サイクルロードレーサーの小林が所属するエルソレイユ仙台に、世界のトップレベルで戦ってきたレジェンド、梶山が加入した。引退も囁かれていた梶山がなぜ? 梶山の加入でチームは、小林は…。『小説宝石』連載を書籍化。

 サイクルロードレーサーの小林湊人が所属するエルソレイユ仙台に、梶山浩介が加入することになった。梶山は、16年前にヨーロッパに渡り、ツール・ド・フランスにも8回出場、世界のトップレベルで戦ってきたレジェンドだ。今季限りでの引退も囁かれていた梶山が、なぜ日本の、しかも新参チームに…。図抜けた実力を持つ梶山の加入でチームは、そして期待されながらもどこか抜けたところのある湊人は、どう変わっていくのか?

 物語は、サイクルロードレースをテーマに、スポーツの普遍の面白さや人間ドラマが描き出された作品。自転車競技についてを細かな描写で描き、淡々とした流れで進みますが、変にデフォルメせずに、ロードレースとしても人間ドラマとしても面白かったです。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 17:32| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(7/19)

■ 韓国が日本を「脅迫」、軍事情報協定の終了示唆―中国メディア

『韓国・中央日報は16日、米政府関係者が15日にワシントンで韓国外交部代表団に対し、経済的な対立によって同協定が揺らぐことがないよう求めたと報道。「同協定を結ぶにあたり、日本は韓国より積極的だった。これは米国の督促を受けたためだと認識されている。韓国政府は同協定について日米安全保障の必要性が多分に考慮されていると考えており、同協定を日本に対抗する『カード』とするつもりだ」と解説している』とありますが、これが事実であれば、日本よりもアメリカが黙っていないでしょうが、韓国はあまりにも

頭悪すぎw

というか、これぜひとも韓国にはやってもらいたい!(笑)

それにしても韓国のカードだと思っている時点で大笑いですが、脳内お花畑があまりにも酷すぎます。。。(呆)

■ 国際法違反は日本と韓国高官

『韓国大統領府の金鉉宗・国家安保室第2次長は19日、元徴用工訴訟を巡り、韓国の対応が国際法違反との日本側の主張は誤りで、韓国への輸出規制を強化した日本こそ国際法に違反していると主張した』とのことですが、一体日本のどこのどの部分が国際法違反なんだか。。。(呆)

論理的な説明すらできない時点で呆れて言葉もありませんし、どう考えても条約や協定守らないほうが国際法違反で、息するように嘘ばかり付いているのだから、相変わらずの理解不能です。。。(呆)
posted by babiru_22 at 05:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする