2019年07月05日

『地域おこし協力隊 10年の挑戦』椎川忍/小田切徳美/佐藤啓太郎/地域活性化センター/移住・交流推進機構

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

地域おこし協力隊 10年の挑戦 [ 椎川忍 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2019/7/5時点)




 都市地域から条件不利地域等に生活の拠点を移し、地域協力活動を行う「地域おこし協力隊」。特色ある17事例を関係者がリアルにレポートし、有識者がこの制度の効果や、地域のためにさらに高める方向性について解説する。

 地域おこし協力隊は2018年度で制度導入10年目を迎えた。この間、協力隊は地域住民や行政と協働して、何を成し遂げただろうか。本書の事例編では、全国の活動事例から厳選し、現役協力隊員、OB・OG、受け入れ側の自治体職員、中間支援組織職員など、当事者のレポートによって、10年間、協力隊の成長と地域内におけるさまざまな変化を明らかにする。さらに分析編では、地域おこし協力隊にかかわる主要な論者がこの制度の効果とそれをさらに高める方向性について分析する。

 本書は、2009度の「地域おこし協力隊」制度の創設以来10年の挑戦として、特色ある17事例を現役の協力隊員、OB・OG、自治体職員など関係者がリアルにレポートし、有識者がこの制度の効果を地域のために更に高める方向性について解説したもの。実践者たちのリアルな現場報告がレポートされ、地域活性化への取り組みは非常に興味深く読みました。基本的には成功譚のレポートになっていますが、途中退任したケースも多いだけに、問題点や課題こそもう少し掘り下げてた方が良かったようには思います。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 17:31| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(7/4)

■ 「断固として対応」韓国経済副首相、日本へ報復検討

『韓国の洪楠基経済副首相兼企画財政相は4日、韓国のラジオに出演し、日本政府が韓国向けの輸出管理を厳しくすると発表したことについて「強制徴用に関する司法判断を経済で報復した措置だ」と批判。「断固として対応する」と語った。洪氏は「世界貿易機関(WTO)の協定違反であり、当然、WTOに判断を求めなければならない」とも述べた』とのことですが、断固として対応するって、いつものヤルヤル詐欺ですか?

そしてWTOの協定違反と言ってますが、日本は協定違反は全くしていませんが、なんで息するように平気で

嘘を吐く

んだか。。。(呆)

■ 輸出優遇除外:「韓国はどの面下げて日本からの投資を期待してるの?」

『ある日本関連の経済団体関係者は「日本の企業関係者は表向きには投資提案を丁重に断ってくるが、裏では『韓国はどの面下げて日本に投資を期待してくるのか』と露骨に批判するのを聞いた」と話した』とありますが、恥の概念がないところですからね。。。

国際条約すら守れない国ですから、そうした相手国であるということを前提に考えないと、リスクがあまりにも高すぎます。。。
posted by babiru_22 at 07:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする