2019年07月11日

『地銀波乱』日本経済新聞社編




 連続した赤字に苦しむ地方銀行。暴走するアパートローン、不良債権という名の爆弾、人材の枯渇、モラトリアム法の遺産…。地域金融の現場の「今」と「これから」を描く。『日本経済新聞』『日経電子版』掲載を加筆し書籍化。

 不良債権問題や金融ビッグバンにより都銀・長信銀が再編されたときも抜本的な対策が取られず温存された日本の地方銀行。融資案件不足や長期にわたる低金利で収益が細り存在意義が問われるなか、金融庁から事業性融資の拡大を求められたこともあり、質の悪い融資、アパートローン、ノンバンク業務などで焦げ付きが起き、いま問題が噴出している。本書は、全国の日経記者が連携し、地方銀行の実態を深掘り取材した成果をまとめるもの。設立20年をむかえた金融庁による行政が適切だったのかについても問うことになる。スルガ銀行のシェアハウス向け個人融資は問題の一端に過ぎず、程度の差こそあれ、多くの地方銀行で同じような問題が起きつつある。地域金融の関係者の必読書となる一冊。

 本書は、日経で地銀に関する取材した内容を再編集したもの。マイナス金利政策や、人口減少などの経営を取り巻く環境変化による地域金融機関の厳しい状況などから、地銀は石炭業界と同じで、地域金融機関は構造不況業種で衰退すると表現されていますが、厳しい状況と現実がまとめられた一冊です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 16:43| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(7/10)

■ 輸出規制「問題ない」 日本、WTOで韓国に反論

『理事会の場で、第三国からの発言はなかったという。WTOは紛争処理小委員会(パネル)の設置前に、まず2国間協議で解決を模索するよう求めている。日本は提訴を前提にした韓国との協議には応じない構えだ』とありますが、理事会でも韓国はすっかり

恥さらし

をしてますね。。。(呆)

規制ではなく、あくまでも優遇措置を止めただけなのに、文句を言う韓国。

こんな基地外国家は相手にすべきではありません。。。

■ ソウル市長「日本の経済報復は盗人猛々しい行為…反倫理的リーダーシップ」

『韓国の朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長が日本の輸出規制措置を批判した』とのことですが、このソウル市長は日本製品不買運動をしている市長なのだから、むしろ日本の輸入規制措置は歓迎すべき立場では?(呆)

自分のやったことを棚に上げて、相変わらずの批判とか、そんなに日本が嫌いならもっと喜ぶできでしょうけどね。。。(呆)

■ 「総理は一人ひとりに謝罪を」 苦しんだハンセン病家族

『国に賠償を命じた熊本地裁判決について、政府は9日、控訴しないことを決めた。「総理は一人ひとりに謝罪を」。真の解決に向け、家族らは安倍晋三首相との面会を求めている』とありますが、当時の政権に謝罪を求めるならともかく、むしろしっかりと対応してくれた政府に対して要求をエスカレートするのだろうか?

この謝罪要求には違和感しか感じません。。。
posted by babiru_22 at 02:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする