2019年07月12日

『大量廃棄社会 アパレルとコンビニの不都合な真実』仲村和代/藤田さつき




 たくさん作って、無駄に捨てられる年間10億着の衣服や、大量の恵方巻き。「無駄」の裏には必ず「無理」が潜んでいる。大量廃棄社会の実情と解決策を、「SDGsプロジェクト」に取り組む朝日新聞記者2人がレポートする。

 「このままじゃだめだよな」「なんか変だな、おかしいな」暮らしの中で、ふと思うことはありませんか? たとえば、一回も袖を通すことなく、洋服を捨てる時。イベントだからと買った恵方巻きやケーキを食べ切れなかった時。新品の服が1年間に何億枚も廃棄されていることを知った時。たくさん作って、たくさん買って、たくさん捨てる。それが当たり前の時代だが、「無駄」のウラには必ず「無理」が隠れている。NHKの元キャスター・国谷裕子氏と「SDGsプロジェクト」に取り組む朝日新聞の2人の記者が、「大量廃棄社会」の実情と解決策を徹底リポートします。

 本書は、サブタイトルに「アパレルとコンビニの不都合な真実」とありますが、大量廃棄の実情をレポートしたもの。先進国の大量生産・大量消費・大量廃棄のシステムの問題点についてのルポでもあり、知られざる不都合な真実を取り上げている点は非常に興味深かったです。ただし、大量生産・大量消費・大量廃棄について、それぞれに奥深く追及してほしかったところでもあり、広く扱っているだけに、問題と課題が分散している点が少々残念ではありましたが、消費者に対しての問題提起にはなっているだけに、考えさせられる一冊です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 16:59| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(7/11)

■ 韓国企業がイラン、シリアへ不正輸出 大量破壊兵器関連物資 国際管理に抵触

『韓国政府は不正輸出について刑事事件の対象となったかどうかや個別の企業名を公表しない姿勢を取っている』って、これでは

テロ支援国

確定です!(怒)

これは安保理に持ち込む内容でもあり、世界各国での厳しい制裁措置を求めます!

■ 北朝鮮が韓国に兵器実験を警告

『北朝鮮の朝鮮中央通信は11日、韓国が進める最新鋭ステルス戦闘機F35Aの配備について「南朝鮮(韓国)が増強する殺人装備を焦土にする特別兵器の開発と試験をせざるを得なくなった」と警告する北朝鮮外務省関係者の談話を報じた』とのことですが、お仲間にも嫌われる韓国って。。。(呆)

それとも猿芝居ということか。。。

■ キムチテロにタイヤパンク…韓国の日本車オーナーらが続々と被害訴え=韓国ネット「恥ずかしい」

『韓国・ソウル経済によると、日本政府による半導体材料の輸出規制を受け韓国で日本製品不買運動が拡散する中、日本車を所有する市民から不安の声が上がっている。記事によると、韓国のインターネット上などでは最近、トヨタ、レクサス、日産、ホンダなど日本車オーナーの被害が相次いで報告されている』とありますが、このような酷過ぎる行為をするのは一部の人達でしょうが、ホント恥ずかしすぎますね。。。(呆)

抗議だけするならまだしも、このような犯罪行為にまでエスカレートするとか、恥を知れ!と言いたいですね。
posted by babiru_22 at 06:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする