2019年08月07日

『不死鳥少年 アンディ・タケシの東京大空襲』石田衣良




 <アンダイング=不死身<とあだ名をつけられた日系二世の少年・時田武14歳。父の国の大空襲から母と家族を守り、炎そのものとなった街を駆ける…。3.10東京大空襲の物語。『毎日新聞』連載を単行本化。

 14歳の少年タケシはハーフである。家族で米国に住んでいたが、日米開戦を機に日本人の母親とともに、東京・錦糸町の母の実家に身を寄せた。時は太平洋戦争末期、町工場を継いだ伯父は2度目の召集で戦地に。残されたのは伯母、いとこの姉弟、お手伝いさんと年老いた工員のみ。タケシが仲間らと束の間の憩いを満喫した1945年3月10日未明、東京の下町をB29が襲う。のちの東京大空襲である。家族らを守るために、タケシの長い夜が始まった…。

 本書は、アメリカ人の父と日本人の母を持つ少年が、東京大空襲を経験するまでの4日間を綴った物語。東京大空襲を主人公である14歳の視点で描かれた作品で、東京大空襲の描写は、その悲惨さや緊迫感が伝わってきます。SF的要素も含まれるため、読み手によって好みが分かれるとは思いますが、著者にしては異色ともいえる作品は読み応えがありました。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 19:00| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(8/6)

■ 安倍首相、日韓首脳会談に否定的=「まず約束履行を」

『安倍晋三首相は6日午前、広島市内で記者会見し、韓国の文在寅大統領との首脳会談に否定的な考えを示した。9月の国連総会など秋以降は日韓首脳がそろって出席する国際会議が続くが、首相は「韓国には日韓請求権協定をはじめ、国と国との関係の根本に関わる約束をまずはきちんと守ってほしい」と述べ、韓国側が適切な対応を取ることが対話の前提との立場を強調した』とありますが、この当たり前のことすらできないのが韓国でもありますが、これができないのでは

関係修復

などありえません!

何度繰り返し諭しても、聞く耳持たない国でもあるのだから、こんな馬鹿げた国とは関係性すら持つ必要はありません。

■ 韓国高官「報復と証明」 安倍首相発言を批判

『韓国外務省の趙世暎・第1次官は6日、安倍晋三首相が同日、現在の日韓対立の本質は1965年の日韓請求権協定問題にあるとの趣旨の発言をしたとして、日本の輸出規制強化措置が「輸出管理ではなく、過去の歴史問題に起因した経済報復だということを証明した」とのコメントを発表した』とのことですが、論点逸らしが酷すぎますね。。。(呆)

単に約束を守りましょうと言っているだけなのに、勝手に経済報復を言い出しているのだから、これでは会話すら成立しませんし、基地外には何を言っても無駄だということですね。。。(呆)

■ 日本への旅行制限も検討 韓国外交部

『韓国外交部の金仁チョル(キム・インチョル)報道官は6日の定例会見で、与党「共に民主党」が日本への旅行制限措置の必要性を示したことについて、「旅行警報関連措置も検討していく」と明らかにした』とありますが、どうぞ遠慮なく実行して下さい!

ここは韓国の素早い対応に期待します。(苦笑)
posted by babiru_22 at 01:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする