2019年08月09日

『木曜日の子ども』重松 清

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

木曜日の子ども [ 重松 清 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/8/9時点)




 再婚した妻の連れ子がひどいいじめにあい転校した先は、7年前、給食への毒物混入で無差別殺人事件が起きた学校だった。やがて静かなニュータウンで次々と怪死事件が起こり…。『野性時代』連載を大幅改稿し書籍化。

 7年前、旭ヶ丘の中学校で起きた、クラスメイト9人の無差別毒殺事件。結婚を機にその地に越してきた私は、妻の連れ子である14歳の晴彦との距離をつかみかねていた。前の学校でひどいいじめに遭っていた晴彦は、毒殺事件の犯人・上田祐太郎と面影が似ているらしい。この夏、上田は社会に復帰し、ひそかに噂が流れる……世界の終わりを見せるために、ウエダサマが降臨した。やがて旭ヶ丘に相次ぐ、不審者情報、飼い犬の変死、学校への脅迫状。一方、晴彦は「友だちができたんだ」と笑う。信じたい。けれど、確かめるのが怖い。そして再び、「事件」は起きた……。

 本書は、14歳の少年・上田が給食に毒を入れてクラスメイト9人を殺害した事件の7年後の学校に、上田と顔が似ていると言われる少年・晴彦が、前の学校でいじめが原因で自殺未遂をしていづらくなり、転校してくることに始まる作品ですが、神戸連続殺傷事件をモチーフにした作品。著者の作品では異質ともいえる作品で、少年達の心の闇を描いた物語でもありますが、中盤までは非常に読み応えがあったものの、後半からラストに欠けては詳細は書けませんが、一気に失速したのが残念です。

【満足度】 ★★★
posted by babiru_22 at 18:53| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(8/8)

■ 文大統領、日本を非難=輸出許可は確認−韓国

『文氏は日本の強化措置は「結局は日本を含め、全員が被害者になる勝者のいないゲームだ」と強調。自由貿易の秩序が損なわれ、日本が「国際社会で信頼を失うことになる」と訴えた。また「日本企業も被害を受ける」と警告した』って、国際的な条約すら守らないくせに、信頼を

語るな!

自分達が国際社会で信頼を失っている現実に向き合おうとすらせず、相変わらず非難ばかり。(呆)

このような相手は無視するに限ります。。。

■ 韓国への輸出管理厳格化後 初の輸出許可 経産省

『先月、韓国への輸出管理を厳しくした半導体などの原材料について、経済産業省は一部の企業の輸出に初めて許可を出しました。許可が出た品目は、半導体の製造に欠かせない「レジスト」という材料とみられ、軍事利用のおそれがないことが確認できたとしています』とありますが、しっかりとした手続きさえ踏めば、輸入できると何度も言ってんのに聞く耳持たずに勝手な解釈で日本批判を繰り返しているのが韓国でもありますが、こうして事実を世界各国にアピールして発信することが重要です。

ま、恥の概念がない国ですから、事実を知れば赤っ恥ですが、何とも思わないのでしょうね。。。(呆)
posted by babiru_22 at 06:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする