2019年08月23日

『殺人鬼がもう一人』若竹七海

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

殺人鬼がもう一人 [ 若竹七海 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2019/8/23時点)




 20年ほど前の連続殺人事件以来、事件らしい事件もないのどかな町・辛夷ケ丘に、次々起こる大事件。悪徳(?)警察官の砂井三琴は今日も大忙しで…。連作ミステリー。『宝石ザミステリー』等掲載に書下ろしを加えて単行本化。

 都心まで一時間半の寂れたベッドタウン・辛夷ヶ丘。20年ほど前に“ハッピーデー・キラー”と呼ばれた連続殺人事件があったきり、事件らしい事件もないのどかな町だ。それがどうしたことか2週間前に放火殺人が発生、空き巣被害の訴えも続いて、辛夷ヶ丘署はてんてこまい。そんななか町で一番の名家、箕作一族の最後の生き残り・箕作ハツエがひったくりにあうという町にとっての大事件が起き、生活安全課の捜査員・砂井三琴が捜査を命じられたのだが…。(「ゴブリンシャークの目」)アクの強い住人たちが暮らす町を舞台にした連作ミステリ。

 本書は、東京近郊の辛夷ケ丘警察の駐在所に勤務する男女2人の警察官を中心に、その近辺で起きる不可解な6つの事件からなる連作ミステリ。登場人物がクセ者揃いで、ブラック度合の強い作品ですが、悪しき慣習をうまくミステリとしています。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 16:43| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(8/22)

■ 農家と連携、引きこもり支援=来年度からモデル事業−厚労省

『厚生労働省は、農業と福祉の連携による新たな就労支援モデル事業を2020年度から始める方針を固めた。引きこもりなどが理由で長く仕事に就いていない人に、農家で短期間の農業体験をしてもらい、本格的な就労のための準備を後押しする。20年度予算概算要求に関連経費約1億円を盛り込む方針だ』って、厚労省は引きこもりの実態分かっているのか?

生活リズムの改善やコミュニケーション能力の向上が計れないから引きこもりとなっている人達が多いのに、これでは希望する人は

ほぼ無し

だろうし、自ら積極的にやろうとする人なら、そもそも引きこもりにはなりません。

役人の机上の空論に予算1億かけるのもいかがなものかと思いますが。。。

■ 青瓦台きょうGSOMIA延長決定へ

『青瓦台は22日に鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安全保障室長の主宰で国家安全保障会議(NSC)常任委員会を開き、韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の延長を決定することが分かった』って、何ですかこのダブルスタンダードは。(呆)

瀬取りを続けたいということだろうから、こういうことなんでしょうが、それなら協定違反。

勝手に条件つけて勝手に延長するとか、もはやギャグ国家でしかありません。。。(呆)
posted by babiru_22 at 00:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする