2019年08月28日

『知られざるシベリア抑留の悲劇』長勢了治




 飢餓、重労働、酷寒の三重苦…。日本兵の切実な体験記や、ソ連側の写真文集などを駆使して、ロシア極北マガダンの「地獄の収容所」の実態を明らかにする。マガダン・コルィマ収容所で死亡した捕虜154人の詳細データも収録。

 日本降伏直後の昭和20年8月17日、ソ連軍が突如、北千島の占守島に侵攻してきた。占守島の戦いの最前線にいたのは、旭川第七師団編制の村上大隊と竹下大隊を主体とした4000名。停戦後、武装解除された日本兵は、「日本帰国」とだまされて、最北のシベリアへ送られた。マガダン・コルィマ収容所で死亡した捕虜154名の詳細データも収録。飢餓、重労働、酷寒の三重苦を生き延びた日本兵の体験記、ソ連側の写真文集などを駆使して、ロシア極北マガダンの「地獄の収容所」の実態を明らかにする。

 本書は、シベリア拉致抑留された日本人が体験した「強制労働」の実態を取り上げたものですが、これこそ戦争犯罪であり、多くの日本人にこの事実を知ってほしいと思います。日本兵の切実な体験記は胸が熱くこみあげてくるもので、シベリア抑留の暴虐は絶対に繰り返されてはならないものであり、現ロシアの人達は勿論ですが、世界にこの史実をぜひとも知ってほしいものです。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 16:45| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(8/27)

■ 韓経:韓国外交部長官「GSOMIA関連韓米間異見、『アンダースタンド』の解釈誤解から始まった」

『ユン・サンヒョン国会外交統一委員長(自由韓国党議員)は26日、国会外交通商委院長室で康長官に会ってから開いた記者会見で「米国がGSOMIAの破棄決定を『理解した(understand、アンダースタンド)』という表現に関連して誤解があった」と言った康長官の発言を伝えた。ユン委員長は「アンダースタンドの意味を韓国語に直訳すれば『理解する』だが、われわれが考える『理解する』と米国の『アンダースタンド』は大きな乖離がある」として「『韓国の立場をすべて理解する」という意味で青瓦台(チョンワデ、大統領府)は話したが、『それは違う。アンダースタンドの意味が分からなかったようだ』という話も出てきた」と明らかにした』って、解釈すらできていないことが大問題でもありますが、そもそも自分達にとって都合のいいようにしか

脳内変換

できないから、問題ばかり続いているのですが。。。(呆)

相手の意図すら理解しようとしていないのだから、これでは話し合いすらできません。。。(呆)

■ 優遇対象、あす韓国を除外 世耕経産相「粛々と運用」

『世耕弘成経済産業相は27日、安全保障上の輸出管理で優遇措置を取る「ホワイト国(優遇対象国)」から28日午前0時に韓国を除外する方針に変更はないとの考えを改めて示した。閣議後の記者会見で「粛々と運用していく」と述べた』とありますが、世耕経産相の言うように、後は粛々と運用すればいいだけ。

韓国が自分達の問題でこのようになったということが分からない限りは、元に戻すべきではありませんし、基本無視する他ありません!
posted by babiru_22 at 02:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする